コミュニティをご覧いただいているみなさまへ大切なお知らせです。

コロナウイルスやステイホームといった生活の変化の中でも、できる限りお客様に寄り添うことができたらという想いから、期間限定でお届けしておりました「WACCATRIP」は、2021年4月30日(金)13時をもちましてサービスの提供を終了することとなりました。
サービス終了に先立ちまして、2021年3月31日(水)13時にて、全トークルームの参加・投稿を終了させていただきます。
運営終了に伴う、会員情報などのお取り扱いにつきましては、以下をご確認ください。

【重要】「WACCATRIP」運営終了のお知らせ

登録がお済みの方はこちら

ログイン

金言>掲示板

このサークルは、現在メンバーの参加を受け付けていません。

サークル内の発言を検索する

  • from:WACCATRIP案内人 ミズキさん

    2020年12月23日 11時03分27秒

    icon

    【食の旅】コウさんからの返信も!「食の旅」に寄せられた金言Vol2をご紹介


    こんにちは!WACCATRIPの ミズキです。

    みなさんからタカギにお寄せいただくコメント、いつも嬉しい気持ちで拝見しています。
    ここでは、その数々のコメントの中から、WACCATRIP編集部が「心に響いた!」「参考にしたい!」と思ったコメントを、感謝の気持ちと共に「金言」としてご紹介させていただきます。

    こちらでは、「WACCATRIP」食の旅や、コウケンテツさんのエッセイに寄せられた金言をご紹介させていただきます。ぜひ、お読みくださいね!

    ◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇
    【食の旅】やコウケンテツさんのエッセイに寄せられた金言
    ................................................
    1時間以上かけて料理を作っても、ものの10分程で食べ終わってしまう事
    やはり毎日の献立作りが、一番の悩みです。 でも一番やりきれないのは、1時間以上かけて料理を作っても、ものの10分程で食べ終わってしまう事です。後には後片付けも残っています。料理は大嫌いではないのですけどね。(from:わんにゃんこさん)

    ~~ コウさんよりメッセージ ~~
    うーん、この方のコメント「献立作りのつらさ」にすべての問題がつまっていますね。イラン式料理というのを聞いたことがある方はいますか?イランの料理ってとても時間がかかるそうなんです。番組の取材でイランに行ったとき、お父さんに「お母さんはどのぐらい時間かけて料理しているか知っていますか?」と聞いたら「20分ぐらい?」という回答だったんですが、お母さんに聞いたら「3時間」と言ってました。煮込んだり、下ごしらえしたりが大変なんですって。まさに一日中台所にいるそうです。さて日本ではどうでしょう。僕が常々思うことは本に書きましたので、参考にしていただければ幸いです。
    ................................................
    コロナで海外旅行が出来ない中、旅行の写真や思い出を見ていつかここに行きたい、あれを食べたい、と思えるのはとても楽しい
    コロナで海外旅行が出来ない中、旅行の写真や思い出を見ていつかここに行きたい、あれを食べたい、と思えるのはとても楽しいです。 また、読者投稿もできると良いなと。 私は台湾でガイドブックにも載っていなかったドーナツ屋さんに行ったのですが、今まで食べた中で一番美味しいものだったので、この美味しさを持った人に広められたらいいなと思っています。(from:ぽんぬさん)

    ~~ コウさんよりメッセージ ~~
    旅に自由に行けるっていうのは、本当はすごいことだったのだな、とこのようなお便り読んでつくづく思います、皆さんも旅に行きたいですよね! 台湾のドーナツ、どんなお味だったのでしょうか。コロナでなかなか現地に行けないですが、そういうときこそネットやSNSを使って、感動や思いを分かち合う、それが現代の旅の一つかもしれませんね。
    ................................................
    カリカリに焼かれたベーコンと半熟の目玉焼きの朝食が、とても美味しかったのです。 妻の笑顔が、すごく嬉しくかった
    新婚旅行でイギリス、スコットランドを車で一周したとき。 宿泊したスコットランドのB&Bで、宿のご主人(男性)が作ってくれた朝食が、今でも心に残っています。 イギリスでは、食事があまり美味しくなくて、妻の機嫌が悪くて...。 ところが、カリカリに焼かれたベーコンと半熟の目玉焼きの朝食が、とても美味しかったのです。 妻の笑顔が、すごく嬉しくかったことを、コウさんの記事を読んで、思い出しました。(from:kazuさん)

    ~~ コウさんよりメッセージ ~~
    いい投稿をありがとうございます。これは、ベーコンと目玉焼きを用意してくれた宿の男性が凄腕のコックだった、というよりは、宿の雰囲気や朝ごはんのとき交わした会話など、すべての総合力で感動し「おいしく」感じたのではないでしょうか? 
    ということは、普段の生活でも、どんな心持ちでどんな雰囲気でごはんを食べるかというのが、大事なのではないか?とお便りを読んで思った次第。ぜひ奥様に、新婚旅行の思い出の味、カリカリベーコンと目玉焼きを作ってあげて、「あの時はこうだったね」なんて、話してみては?(奥様の笑顔が見えます!)
    ................................................
    ご飯作りと部屋の清潔さ、自分自身の精神衛生の状態が反映される
    ご飯作りと部屋の清潔さ、この2つは自分自身の精神衛生の状態が反映されるなぁ、とつくづく思います。自分の気持ちが安定していると、美味しいご飯が作れるし、部屋の中もキレイで過ごしやすいです! (from:いかさん)

    <WACCATRIP編集部よりメッセージ>
    日本中に頷かれている方がきっと多くいらっしゃるのではないでしょうか!?確かに気持ちにゆとりがあれば、「もう1品作ろうかしら」と意欲が増したり、盛り付けや彩りも気にかけることができたりしますね。暮らしを整えるとカラダも整う、カラダが整うと生活が整う。その反復で日常はできているのだと思います。WACCARU Vol.2では整理収納コンサルタントの本多さおりさんによる冷蔵庫整理術を特集しています。最近、私もこの情報を頼りに、冷蔵庫と気持ちを整えました。いかさんも、是非ご参考になさってくださいね。
    ................................................
    スマホアプリの10食品群チェッカーを使って
    スマホアプリの10食品群チェッカーを使って1日で量は関係なく少なくても10食品群摂取できるようにごはん作りしてます。(from:kureaさん)

    <WACCATRIP編集部よりメッセージ>
    kureaさんから教わったアプリ、私も気になりましてダウンロードしてみましたよ!イラストも大きく見やすいですし、分類も10種とそこまで細かくはないので、継続して取り組むにはちょうどいいのかな?と思えました。昔は「1日30品目」と言われていたり、野菜は〇gを目標になんて耳にもしましたが、健康な身体づくりのために、まず自分ができそうなことから取り組む方がいいですよね。Kureaさんのおすすめが、他の方のご参考になればと思い、紹介させていただきます。
    ................................................
    子ども達がいる頃は大変だったけれど、それはそれで、料理を作るのも楽しかった
    今年の春二人目の子どもが自立し、遂に夫婦二人きりの生活が始まりました。これまで手作りのご飯を頑張って作って、料理の腕も20数年前より格段に上達したと思っています。しかし、最近は若い頃より食欲も落ちてしまった二人分の食事を作るモチベーションが上がりません。それに二人分といっても、つい習慣で作り過ぎて、主人からは量が多過ぎすると苦情があり、困ったもんです。子ども達がいる頃は大変だったけれど、それはそれで、料理を作るのも楽しかったと思います。 二人の食事を作るも慣れてくれば、そのうち楽しくなるのでしょうかね。お料理が余ったり、食べずに捨ててしまうと、ホントに悲しい気持ちになります。これから年もとって行くので、長時間の料理はきつくなるだろと思います。なんとか、簡単、楽に、栄養バランスをとりながら、楽しく料理できるようになりたいです。(from:しんさん)

    <WACCATRIP編集部よりメッセージ>
    「子どもたちがいる頃は大変だったけれど、それはそれで・・・」とのご意見をいただきありがとうございます。ハッとさせられました。どうしても渦中にいる時は、辛さや大変さばかりに目がいってしまい、日常にある幸せに気づきにくいものですね。後になって大事さに気づけたり、振り返ったら思い出がいっぱい出来上がっていたり、きっと人生ってその繰り返しなんでしょうね。長い(短い!?)間、子育てお疲れ様でございました!これからはご夫婦二人の食卓を楽しまれてくださいね。そしてぜひ今の子育て世代に向けて、子どもたちが喜ぶメニューアイディア等を共有いただけたら嬉しいです。ご投稿お待ちしております!
    ◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇:*:☆:*:◇

    みなさんのコメントを読んでいると、あらためて、食は生活の根底、笑顔の源で大きな力になることがわかりますね。コロナ時代で、食の大事さはもちろんですが、旅先での思い出も貴重な機会なのだと感じることも増えました。年末に向けて、忙しかったり、ストレスの多いこともありますが、作ってくれた人、美味しく食べてくれた人、それぞれに感謝できる、気持ちの余裕を持ちたいですね。

    心に残る金言はありましたか?ぜひ、みなさんからのご感想もお待ちしております。
    ▼食の旅「金言」vol3はこちらから
    https://cs.beach.jp/scu/7haf

    (WACCATRIP編集部)

    ■「食の旅」はこちらからどうぞ
    https://www.beach.jp/circleboard/af07857/

    icon拍手者リスト

コメント: 全0件