新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

愛と勇気と正義のライオンハート💓>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

from:じゅんさん

2020年11月13日 05時23分25秒

icon

【 2020年10月25~26日、紅葉のくじゅう大船山登山、法華院温泉山荘泊、etc】

男は背中で物語る、山ガール達から向けられるウットリした濡れた眼差しを横目に、Manamongmenは山を往くこれは、愛と勇気と正義に生きる一人の男の、

男は背中で物語る、山ガール達から向けられるウットリした濡れた眼差しを横目に、Man among menは山を往く
これは、愛と勇気と正義に生きる一人の男の、一大抒情詩なのである




今回の山行計画は、吉部登山口~坊がつる~法華院温泉山荘(泊)~北大船山~大船山~坊がつる~吉部登山口
登山届を満杯の登山届入れに押し込んで、立て看に目を通し出発
トレランでもせん限り、くじゅうに、軽く2〜3時間で往復出来る山なんちゃないからね
俺は午後14時過ぎに出発やけど、法華院温泉山荘に泊まるので無問題

大勢とは逆を行くトレッキングになるな、登山道での譲り合い、挨拶は基本です
それから、大切なんわ、幼児のような歩幅を心掛けて、ゆっくりじっくり歩を進めるということ



植物採取禁止の立て看と、坊がつるまで徒歩90分の標識
吉部ルートは、坊がつるまでの最短コースになるんよね
今回は、令和2年7月豪雨災害の酷い雨ケ池越えコースを避けるのと同時に、大船山登山に集中したかったけんね
登山情報は、長者原ビジターセンターなどで、しっかりとチェックして登山に臨みましょう
とりま、暮雨の滝までは休憩無しです



外来生物種子除去マットで、外来生物をラムサール条約の登録湿地である坊がつると、阿蘇くじゅう国立公園の貴重な自然に持ち込まぬようにしましょう
大ハンゴンソウやセイタカアワダチソウなどの蔓延るくじゅうなんちゃ見たくねぇもんな
無知は罪っちいうけど、実際は知った後にどうするかの方が大事で、ライオンハートでは、そういう俺が得た知識経験に基づいた、有意義な情報発信をしていきたいと思います


大河の一滴、どんなに大きな河も、最初は一滴の水から始まる
だから俺は、大きな川を渡らなければならなくて、 それが難しいと思う時、自分の源泉・源流に立ち返り考えるようにしとる
そして、どんなに大きな山でもはじめの一歩から

海を眺めながら釣りする時、山に登る時、俺はいつもそんなことばり考えていて、結論、ああ、大自然の中で暮らしてぇな〜、と

  • コメントする

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 44
  • 拍手する

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 2

icon拍手者リスト

from:じゅんさん

2020年11月20日 12時43分44秒

icon


段原から眺めるくじゅう連山と法華院温泉山荘、左奥にちょい阿蘇
まあ、
山荘から、どう登って来たのかが一目で解かる写メだすな、いつどこから見ても、くじゅうは美しい


段原から観る大船山、紅葉もそこそこやし、凛々しくて萌えっちゃう
でん、何かやっぱ、おっぱいにしか見えんよな? 盛っとるのは、こん時の俺や無くて今の俺^^;


さっさととっとと北大船山を目指そうかい、段原からは10分程度のピーク
ただね、登山道はこの通りの藪漕ぎ、シーズン問わず長袖は絶対やね
但し、セクシーレディーには、最低ピタ長Tを課すこととする
いつ何時でも、メンズに目の保養をさせる事を心掛けて欲しい


はい、チャッチャと北大船山のピーク頂きました~♬
標高1706m、くじゅう17サミッツの一番低い山ね
達成感はそこまででも無いな、この後にメインディッシュが待ち受けているのだから

  • コメントする

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 拍手する

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 1

icon拍手者リスト

はる

from:じゅんさん

2020年11月21日 05時07分32秒

icon


米窪の向こう側に、大好きな大好きな、故郷の山が二つ見えた
左のトンガリ頭が由布岳で、右のなだらかな稜線が鶴見岳含む鶴見連山だ
俺は、鶴見岳に抱かれ、またそれを毎日見上げながら育った、俺が山好きになった原点
隣町の由布岳は、昔の俺の目に凄くカッコいい山に映った
別府から湯布院、そこから道は、くじゅうへと繋がっている
人々はその道を「やまなみハイウェイ」と呼び、ドライブ・ツーリングの聖地だともてはやすが、
俺にとっては、生活道路であり、別府ロープウェイの峠を攻めたり、思い出の沢山詰まったカントリーロード
俺的道TOP10を挙げさせてもらうとするならば、

1-やまなみハイウェイ
2-別大国道
3-210号線
になるんだよ


別府からくじゅうまで道は続いていたので、九州の中でも、俺のホームを決めなならんな
とりま、大分県全域と熊本阿蘇小国地区を俺のホームとする
福岡、壱岐対馬、天草、高千穂、霧島、桜島、指宿、etc・・・
第2のホームが多くてかなわんな^^;


くじゅう連山と大船山、遠望で阿蘇と祖母山系を望む
天草、鹿児島まで視野に入れようかという所謂南西方向のパノラマ


くじゅう連山から平治岳、加えて由布鶴見の遠望
遠く日本アルプス、富士山を窺う、即ち北東方向のパノラマ

  • コメントする

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 拍手する

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 1

icon拍手者リスト

はる