新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

今更ですが、ガラスの仮面 感想

今更ですが、ガラスの仮面 感想>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:三日月さん

    2020年10月08日 20時32分08秒

    icon

    49巻 めぐりあう魂(3)

    試演会場は昔駅だった場所の廃墟。この場所を選んだのは月影千草だった。
    マヤは想像力を膨らませワクワクする。
    亜弓は廃墟が見えない分 五感が働き梅の谷の風景を重ねる。
    亜弓はマヤに失明を悟られないように握手も回避して、冷たくあしらう。
    気の触れた紫織は紫のばらをむしる毎日。
    マヤの記事を見つけ火を付け葬る。駆けつけた速水は、紫織のマヤへの殺意に怖れ、結婚して責任をとる決意をする。
    噂を聞きつけたマヤはショックを受け大都芸能へ。
    速水を捕まえ船の上の事は?と 問うと退屈凌ぎになったよチビちゃんと去る。
    マヤは嘘やん!約束したのにー!と泣き崩れる。
    それを見た水城。マヤちゃんいつの間に真澄さまに告った?と驚く。泣きはらすマヤを稽古場へ送る。
    泣き顔のマヤを見て怒る桜小路。速水の許へ。
    マヤちゃんを誑かすのはやめてくれ!マヤちゃんに気まぐれで手をださないでください!と抗議する。気まぐれと思ってる桜小路。君は鈍すぎる。
    速水は白目のままマヤは君のものだ。と去る。
    いやいや、マヤにも選ぶ権利あります。 

    マヤは聖さんに紫のバラの人に会わせてと懇願。どんな人でも愛せるとなく。
    聖 マヤさん…ハートをわし掴み💓

    速水にその旨伝える。
    速水はもう紫のバラは終わりだ。合わない。絶縁状も届いてんだからそのままフェイドアウトで構わない。
    聖はあっそ。ならマヤさんは僕が頂きます。と言う。
    速水は何???

    いや、いや、馬鹿な。だいたいマヤがお前を愛する訳ない…。
    と、
    簡単ですよ。真澄さま。僕が紫のバラの人と名のればイチコロです。ふふっ。どうせ一生打ち明ける気ないんでしょ、と去る
    。真澄 待てィ!とペーパーナイフを投げつける。
    聖は首を掠め切る。←めちゃくちゃ危ないよ!
    真澄は頼む、それだけはやめてくれ!じゃないと俺はお前を殺す。と本音を告白。やれやれ、真澄さま、、、責任感と同情で結婚しても誰も幸せにはならないよと諭す。
    真澄さま
    幸せになって下さい。
    マヤと合う準備をすすめる。
    マヤは演技も手がつかず月影先生の許へ。魂の片割れの心がわからないと泣きつく。
    月影先生は感慨深く マヤが中学生で飛び込んで来てから、恋に悩む年になったのね。月影先生は恩師であり母親のように優しく諭す。
    魂の片割れなら同じくらい、今苦しんでいます。相手を信じなさいと。マヤは勇気づけられる。
    真澄は速水家を出る決意をする。
    そして伊豆の別荘で紫のバラの人がマヤと合うと聖から伝言が。

    50巻へ続く

    2012年10月 了

    あれから8年  
    いつになったら50巻出るのでしょう?
    美内先生!一刻も早く完結を希望します!

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:三日月さん

    2020年10月08日 19時50分15秒

    icon

    48巻 めぐりあう魂(2)

    失明の危機を押して母と猛稽古をした亜弓。
    小野寺と赤目を呼び倉庫で暗闇の中見事演じる。
    眼が見えない事を二人に打ち明ける。それでも紅天女の試演を演りきると断言した亜弓。
    驚愕しながらも亜弓の演技に磨きがかかっている事に圧倒され、秘密厳守で試演に挑む。
    亜弓の失明がバレないように関係者以外 観覧をさせないようにする。そんな中ハミルは亜弓の異変に気付いた。 亜弓にあなたの写真です見てください。とカマをかけたら亜弓はボロを出す。亜弓は誰にも言わないで!とお願いする。亜弓の情熱に圧倒されたハミルはますます亜弓に惚れる。
    バイクで怪我をした桜小路は、黒沼の助言で、オリジナルの一真をつくりあげる。それを横サポートに徹するマヤ。
    二人の間にぎこちない感じを嗅ぎつけた黒沼。
    ワンナイトクルーズで一緒だったのは速水だと確信する。
    しかしその事を隠すマヤになんでやねんと疑問を持つ。当然桜小路の事故もこの事が絡んでる。推理は当たってますよ。
    一方 速水は紫織に会い、指輪の紛失の件を、紫織から自白させる。そして僕が紫のバラの人で北島マヤのファンなんですと告白。紫織は、頭の中 真っ白になり、ファンではなくあの子を深く愛しているでしょう?と詰め寄る。
    速水は、あなたは同じ夜空を見ても、僕は空の星を探し 紫織は都会の夜景に感動する。
    結婚しても理解しあえない事がきっとたくさんある。だから結婚は出来ない。と断わる。
    紫織はくら〜と白目。化粧直しで席を、外す。あまりの遅さに速水が化粧室へ。紫織は手首を切っていた。
    自殺未遂をした紫織は壊れる。
    とんだメンヘラ嬢。
    速水 は呆然とする。

    紅天女の試演場が決まる。
    小野寺グレープと黒沼グレープが記者会見に挑む。

    紫織さんプライドも高く、甘えてばかり。思い通りにならないとすぐ心を病む、他者に依存して幸せになれますか?

    亜弓さんプライドも高く努力家のお嬢様。素晴らしいですね。

    49巻へ続く

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:三日月さん

    2020年10月05日 20時06分11秒

    icon

    7巻 舞台あらし(1)

    亜弓は王子と乞食 2役を見事に演じ分ける。マヤはバイトの栄進座で端役を演じ、存在感を見せつける。
    その異様な存在感にいち早く気付いた原田先生はマヤを見切る。その後 月影先生を見舞いあの子 怖い娘ね。と、 月影先生も菊子さんあの子は同じ演劇をやるものには脅威よ。 若いうちは才能ゆえに妬まれ弾かれる。だけど大衆があの子を望むようになる。と断言。原田はマヤを紅天女候補と悟る。
    マヤはいろんな所で嫌味を言われバイトを弾かれても演劇が好き。嵐が丘のキャサリンの娘時代役のオーディションに受かる。芝居の役づくりに夢中のマヤに桜小路はマヤちゃんの目に自分が映ってない事に傷付く。
    いやマヤちゃん生活かかってるからお前みたく恋愛してるヒマないねん。
    一方 横浜では母親 春が結核を患いはじめる。
    親不孝な馬鹿な娘と。春さん
    娘を否定してばかりであなたもあまりいい母ではない。
    マヤはキャサリンの役を掴み燃える様に演じる。

    8巻へ続く。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:三日月さん

    2020年10月05日 19時50分13秒

    icon

    5巻 あした草

    舞台道具が破壊された劇団月影。
    マヤを残し衣装の調達へ向かう。
    しかしそれは小野寺の陰謀で、エンジントラブルをおこし足止めを食らう。何も知らず待ち続けるマヤ。とうとう開演時間に。棄権しようとする月影先生にマヤは戦う前に諦めたくない。一欠片の希望にかけてみたい。と1人舞台へ立つ。月影先生は絶望知らずのマヤに慄く。舞台を観ながらいつもの如くマヤが今とんでもない立場で演じている事を知る亜弓と桜小路。
    マヤの一人舞台に魅了される観客。速水はじいにファンになる事はいけない事かい?とつぶやく。(じい この巻以後 登場なし。死んだか?)
    マヤは見事演じ切る。しかし残念ながら最終審査で除外さるる。
    しかしマヤは、一般投票で1位を獲得した。亜弓は強い敗北感を抱く。
    劇団が潰れた。しかし麗やさやか達5人が残りボロアパートで先生と住み演劇の稽古は続く。
    月影先生もマヤの期待以上の芝居魂に感銘する。
    亜弓さんが、さぞ劇団も潰れ落ち込んでるかしらと車で通りかかったら笑顔で買い物カゴを振り回すマヤを見つけ、なんて立ち直りの早い子!と怖れる。
    マヤは昨日の事は忘れ、明日を夢みる。あたしは女優になる!と決意をあらたにする。
    2週間以上お芝居をしていないマヤはふらりとリア王の劇場へ。観たいな。と看板にへばりつく。それを見た速水は紫のバラを使いチケットを渡す。
    単純なマヤは迷いなく喜び観劇。
    帰りに速水にまたぶつかる(わざとだろ(笑))マヤへ送ろうか?と言うが、あかんべーされ断られる。それを見た水城さん、
    ものの見事に振られたわね。
    水城はこの巻から速水直属の秘書として登場。
    速水は桜小路を使い、劇団オンデーヌへ引き抜こうとマヤを誘う。しかしマヤは月影先生や皆んなを裏切る事は出来ない。ときっぱり断る。桜小路ごときの言葉で心が動く訳あるまい。
    マヤは学費に困窮し映画のオーディションを受ける。
    友人役は落ちたが端役を演じる事に。

    6巻へ続く

    この巻はマヤちゃんの前向きな心がとても良い。
    上手くいかなく落ち込んでいる時読むと勇気のでる話しです。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト