新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

今更ですが、ガラスの仮面 感想

今更ですが、ガラスの仮面 感想>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:三日月さん

    2020年09月28日 19時39分56秒

    icon

    43巻 ふたりの阿古夜(2)

    キッドスタジオで稽古に励むマヤ。紅天女を掴めずに悩む。(前回 海にドボンしたのに風邪も引かず元気だな)
    其処へ桜小路の彼女 舞が殴り込み。マヤのイルカ🐬のネックレスを見て、お芝居にかこつけて桜小路君取り戻す気?と激怒。
    桜小路は舞を茶店に呼びケーキセットを手切れ金の様に、別れを告げる。
    そのままマヤに好きだと告白(何回目やねん?)
    マヤは速水を忘れようと必死になってる。それでも紅天女の試演が終わる迄返事を保留。
    ハッキリ言ってキープされている。マヤもハッキリ断われよ。
    ぐだぐだの速水も紫織とデートを重ねる。
    マヤは亜弓の紅天女をテレビで見て技術の差に落ち込む。
    然し黒沼先生はマヤにしか出来ない、本物の紅天女があると確信している。マヤはひとり梅の谷で感じた紅天女の破片を思い返す。公園でひとり土や水を模索中 速水が現れる。速水に紅天女が本当にいるなんて誰も信じていない。それでも現実の世界に紅天女のリアリティを信じさせてくれ。とマヤに告げ雨の中別れる。其処へ桜小路が傘を持って現る。マヤへ傘を差すが雨に打たれながら水を悟る。桜小路 邪魔。命を頂いて、私達は生かされている。哲学のような悟りをひらく。稽古に戻ったマヤ。自分の阿古夜を演じる。が、黒沼先生 更に注文。お前の一真への恋する目が出来てない。速水を過るマヤ。
    花キューピットの聖さんに紫のばらのひとに会いたい。歩道橋の上で待っている。とメッセージを託ける。
    ボイスレコーダーを、聞いた速水。ぐらぐら。当然行く気はない。然し、気になり仕事のふりして歩道橋を通る。マヤは新聞記者にバラを車道に落とされ、必死に拾いに行く。車道には1輪だけ紫のバラが。泣きながら1輪でも無事で良かったと花に口づける。それを見ていた。速水 黒沼 桜小路。
    マヤは紫のバラのひとに恋している!と確信する。
    稽古に励む日々。
    山を降りた。月影千草が稽古場に視察に来る。

    黒沼先生が恋心に敏い(笑)
    他の2人は鈍感過ぎる。

    舞はわりとアッサリ手を引いた。
    44巻へ続く

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:三日月さん

    2020年09月23日 19時27分08秒

    icon

    4巻 春の嵐

    樋口一葉のたけくらべを演じる。
    劇団オンデーヌと劇団月影
    同じ演目でもろかぶり。
    正当派 亜弓の美登利
    オリジナル溢れるマヤの美登利

    結果は同点 決着は全国大会へ。

    速水さん、やってる事が二律背反。
    マヤはまだ桜小路の事わりと気にしている。
    何処でこんなに差がついた?(笑)
    マヤはジーナと5つの青イツボのジーナを務める。

    5巻へ続く

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:三日月さん

    2020年09月19日 23時09分22秒

    icon

    3巻 風の中を行く

    ハプニングもアドリブで乗り切るマヤ。失敗を取り繕いホッとする速水。なんで俺がホッとしとんのじゃと、後ろで亜弓の何処まで持つかしらね。の解説に心揺さぶり。マヤはベスを演じる。客席はマヤて子目立たないわねと言う中
    亜弓さん冷静です。ベスは内気な少女よ。とズバリ言う。演じている中マヤが美しく見える。当たり前の笑顔が当たり前の恥ずかしい顔が光ってくる。
    亜弓さん小野寺先生より役者を見極める審美眼は流石。
    速水も舞台に魅入られる。
    舞台はマヤのベスの熱演で終了。一応 どんな演技をしても酷評を書けと根回しした速水だが、マヤの舞台に賭ける情熱に感動して紫のバラを贈る。10いくつも年下の少女に花を…フッと自嘲しつつ。早く元気なベスになって下さいと書き置き去る。
    マヤは初めてのファンに感激する?
    劇団月影は良からぬ噂を週間誌に書かれ窮地にたつ。
    劇団員も次々と辞めて行った。
    月影先生心臓発作で倒れる。
    借金もありマヤは心を痛める。演劇コンクールで劇団の存続を賭ける。演目はたけくらべ 主演マヤ。

    劇団オンデーヌも亜弓が主演で同じたけくらべを演る。

    雑誌の酷評は速水の差し金で書かれたと月影先生と立ち話をマヤに聞かれる。マヤは速水がなんて酷い人と憤る。速水は内心
    この子に聞かれたくなかった。と青ざめる。
    マヤは亜弓の完璧な美登利を見てあたしには出来ないと弱音を吐く。月影先生は激怒してそんなに嫌なら稽古にでなくていい。地区予選が、終わる迄小屋に軟禁さる。マヤは台本をやぶき泣きはらす。横浜に帰りたい。母さん。まだ14歳だもんなー。先生が厳しいのは私が嫌いなのかな?とご飯を持って来たさやかに弱音。さやかはそうじゃないよそれだけマヤに見込みがあるからだよと諭す。マヤは素直な子です。だんだん退屈してきた。やる事ないから一人遊びをする。いろんな美登利を自由に演じて見る。稽古の時と違う事を悟る。自分の美登利を役を創りをする事に気付く。流石天才。
    小屋の中で一人演じると外から月影先生が相手の台詞が!新しい美登利を創りだす為2人は特訓する。吹雪の中2人は毎晩徹夜で演りあった。マヤは月影先生が、いろんな人の役を声で使い分け演じているのに凄いと尊敬する。

    ついに新しい美登利は完成した。

    4巻へ続く

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:三日月さん

    2020年09月19日 22時30分34秒

    icon

    2巻 炎の階段

    劇団月影に入団したマヤ。
    初心者Cクラスから基礎を学ぶ。発声練習でマヤあなたの声が1番小さい!と月影先生から腹にパンチを喰らう。家出を容認した母は月影先生への非礼を侘びマヤを宜しくと小包を送る。
    月影先生 マヤに渡さず燃やす。あの子に過去は必要ない!帰る場所はない死にもの狂いで頂上を登り始めたのよと、おいおい!
    マヤちゃん知ったらショックよ。
    でもバレないから完全犯罪。
    日舞もバレエも不器用なマヤ。4つの台詞だけで答える芝居の課題がでる。同じ言葉でもアクセントで違う意味になる事にいち早く気付く。
    奨学生ねマヤは学校でかかるお金を稼ぐ為公園の売店でバイトをする。(中学生は新聞配達以外バイト出来ないんですけどね笑)
    桜小路と再会。亜弓さんの稽古を見に行く。速水とぶつかる。速水もちょっと気になり亜弓の稽古を見る。亜弓はマヤに気付く。マヤは元気に挨拶。月影先生のもとに居ます!え?
    じゃあ あなたも紅天女を演じる可能性があるのね?と言われ
    周りの記者が質問攻め。速水はさり気なく助ける。亜弓は劇団月影へ殴り込み(笑)
    4つの台詞の芝居に先生の代わりに舞台に立ちたいとお願いする。月影先生はマヤを相手役にたたす。マヤと亜弓 1時間以上も芝居をする。最後はパントマイムでレコードを選ぶ仕草でマヤはやり通す。 周りはマヤのズバ抜けた才能に気付きはじめる。桜小路君に亜弓さんの舞台を一緒に見に行く。マヤは桜小路 そっちのけで舞台に釘付け。桜小路はソフトクリームを買いに行く。速水とぶつかる。
    (よくぶつかるな(笑)ちゃんと前向いて歩こうぜ)
    すっかり仲良くなったんだね。と微笑ましく言う。
    この時 速水 じいを連れてたけど、このジイ途中で消えるよね。死んだ?(笑)
    マヤは若草物語のベス役に抜擢。ベス役は自分だと思ってたさやは少し割り切れない思いに駆られる。
    ベスの気持ちを掴み切れないマヤ。役を降ろされそうになる。
    月影先生はベスとして1週間生活しなさい。と言う。学校にも行かずベスの生活をするうちベスになる。
    ベスが生死を彷徨う場面を上手く演じれないマヤは、出来損ないと言われ劇団を飛びだす。
    桜小路の家に行くと優は居ませんと居留守を使われ更に落ち込む。貧乏だし味噌っカスだしと雨の中 転んだ事のない人間に痛みは分からないと麗の言葉を思い出し、雨に打たれ風邪を引く。翌日40度の熱でベスを演じる。
    桜小路は舞台裏でそれを知り、同じく観劇に来てた亜弓の耳にも桜小路づてで知る。
    速水も観劇に来ていた。その後ろで聞こえよがしに、恐ろしいわ。あの子。 あの子がどうか?
    40度の熱を出しながら平気で舞台に立っている。と亜弓が言う。
    速水 なんてこった!と驚愕。一方舞台ではミルク壷を落とすハプニングが…!

    速水さんかなり悪役で登場しています。
    桜小路君 ママはない。(笑)

    3巻へ続く

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:三日月さん

    2020年09月13日 22時14分44秒

    icon

    44巻 ふたりの阿古夜(3)

    月影先生が稽古場を視察に来た。マヤは自分の紅天女を演じる。女神の様な紅天女を。阿古夜になると親近感のある阿古夜を。その後 月影先生に疲れたでしょう水でも飲みなさい。
    阿古夜。と声をかけられ水を有り難く頂く。月影はリアリティの紅天女を目指している事に高評価。同じ様に亜弓の稽古も視察。亜弓にも阿古夜お疲れ様と声かけ水を差し出す。亜弓は恐縮しながら頂く。何も言われない月影先生に何故 何も仰らないのかと源造さんに問う。マヤさんの演技後も同じ事をしましたよ。と、マヤはどうやって水を飲んだかと知るとまた驚愕する。マヤは役の心を本能で掴んでいると確信する。マヤの演技を気になりながらも必死に努力を重ねる亜弓。周りは亜弓が優位と言うが、、、
    亜弓は勿論負けたくはない。でもマヤの紅天女を見てみたいとばあやにポロリともらす。
    マヤも亜弓さんの芸術的な演技力の紅天女を見たいと思うのであった。
    亜弓は練習に励む。稽古中アホなスタッフが照明に躓き女性の方へ倒れそうに!亜弓はとっさに庇い照明の下へ。頭を打つ。大丈夫と言うが、おい!
    主役の女優さん庇う男はいないのかよ!
    小野寺先生が本当に役立たず!
    亜弓 目に異常をきたす。

    一方速水は紫のバラのひとへのマヤの恋心に気付き心がぐらんぐらん。
    桜小路とばったり合い茶をしばきにいくと桜小路がマヤへの思いを熱弁する。
    そしてマヤちゃんは紫のバラのひとを特別に思っているけど、会った事のない奴より僕の一真として接してる時間が長い。勝算は僕にあると。
    だから君は何度もマヤに降られる。
    魂の片割れに出会ったらマヤは
    きっと今迄の自分がどんなに孤独だったか気付くと、速水と同じ事を言っていた。と、告げる。

    こんなに引っかかるなら少しは気付けよ桜小路君。好きな娘が誰を好きか。
    もう速水はなんだと?!

    紫織と高層ビルでデートしても星を見てたら星より、紫織は宝石箱の様な足元の銀河が好き。
    紫織 アウト。
    速水は星オタク。マヤは星を一緒に見てくれた。
    アカン 俺は 俺は 月影先生
    魂の片割れてなんすか?

    紫織は速水の心が掴めず麗達を見かけ、マヤの支えである紫のバラのひとの存在を知る。
    瞬時に舞台アルバムを思い出し
    速水が紫のバラのひとと確信。
    許せない。絶対に心から追い出したる!

    マヤも黒沼先生に想像力を使って阿古夜の恋を演じろと指導される。
    マヤ 速水さんの事しか思い浮かばず 月影先生のもとへ魂の片割れてなんですか?

    教えをこいに月影先生を尋ねる。

    魂のかたわれは、亜弓さんです。ふたりの思いがシンクロしている。

    この巻でも速水さん水城さんに笑われてます。

    45巻へ続く

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:三日月さん

    2020年09月13日 21時12分12秒

    icon

    42巻 ふたりの阿古夜(1)

    東京に戻ると速水は紫織と婚約パーティを開いていた。其処へ居合わせたマヤはショックを受け、憎まれ口を叩き逃げだす。
    魂の片割れは速水さんじゃない。この恋を諦めようとする。
    紅天女の演技に入る。

    桜小路とのラブシーンが魂籠もってないと黒沼先生の指摘。悩むマヤに桜小路は練習すっぽかし2人で遊びにでる。
    桜小路の叔母さんのロッジへマヤと一泊。山の展望台でペアのイルカ🐬のダサイネックレスをマヤへプレゼントする。

    朝帰りしたマヤに麗達は驚く。
    いや 何もないけどね、その後も2人は役創りの為デートを重ねる。マヤも役創りの為桜小路のあざとい誘いに応じる。
    観劇後食事をしていると速水も紫織とその店に来ていた。

    何かしらんが紫のバラを贈る。
    マヤは紫のバラのひとがこの辺にいる!と心がザワつき波止場でボーと立っていたら小型船が出港。
    そのロープに脚を捕られ海へザッバーン!!!
    なんでこんなハプニングおきるねん(笑)

    溺れてるマヤに気付く速水と桜小路。桜小路が海に飛び込み救出。それを見ていた速水。
    桜小路の濡れたワイシャツの空きからイルカのネックレスがチラリ。
    それが、お前の本音か!と白目になる速水。

    43巻へ続く

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:三日月さん

    2020年09月13日 20時50分09秒

    icon

    41巻 紅天女(8)

    最後の紅天女を演じた月影千草。
    亜弓とマヤに新しい紅天女を託す。
    亜弓は梅の里を経つぎりぎり迄紅天女を掴み切れているのか自問自答しつつ練習に励む。
    一方マヤも眠れず、抜け出すと亜弓さんの練習姿を見る。
    マヤに気付く亜弓。
    亜弓は今迄どれだけマヤに敗北感を抱いてきたか、感情を爆発させる。
    亜弓さんは天才と言ったマヤに天才はあなたよ!とブチ切れ お前の自信のない態度が大嫌い!と橋でもあんたの死を願う自分の卑怯な心に気付かされプライドもボロボロなんじゃー!と殴る。
    やられたマヤも殴り返す。
    紅天女候補の凄まじい殴り合い。
    2人はお互い言いたい事を言ってスッキリする。
    亜弓さんの猫かぶりと罵るマヤもなかなか。
    まるで男同士のタイマンで殴り合いの果の爽やかな友情が生まれる。
    亜弓さんは一足先に東京へ戻る。
    改めて、マヤは誰よりも私の近くに居てあのこが理解出来るのも私だけと思う。
    一方速水はマヤと梅の里で不思議なリンクをしてからマヤが気になって仕方ない。
    月影先生の元へ処用で訪れても
    もしかしてばったりマヤに会えるんじゃなかろうかと気もそぞろ。
    しかし会えずに帰る。
    入れ違いにマヤ帰宅。速水が来ていた事に気付き会えなくて、こちらも思いを募らす。
    月影先生はマヤが今 恋している事に気付く。恋せよ乙女。
    その思いは紅天女へと役立つとオホホ。

    もうさ、運命の人 魂の片割れは速水さんではなく亜弓さんだと思います。

    42巻へ続く

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:三日月さん

    2020年09月05日 21時22分15秒

    icon

    47巻 めぐりあう魂 (1)

    クルーズ船で速水と合ったマヤ。
    そのまま出航。2人は食事をしながらマヤが紫織に用と気付く。マヤは紫織から渡された小切手を速水へ渡す。それで、お互いの指輪盗難事件の誤解を解く。
    2人はイチャイチャの時を過ごす。星を眺めた後、速水が案内した部屋でえ!同じ部屋?と一瞬ビビるマヤ。
    其処は紳士な速水 安心しろ君はここで眠って、俺は外のソファーで寝ると鍵を渡す。
    しかしダブルベットを目の当たりにしたマヤは、紫織さんの為に用意したこの部屋でなんか眠れない!と部屋を出て私がソファーに寝ますと鍵を返す。
    速水は言い訳一杯して、部屋の鍵を海に投げる。おいおい。鍵紛失は弁償もんだぞ。
    金持ちは細かい事考えない。
    2人はソファーで眠り、マヤは朝日の美しさに感動して、速水を起こす。速水は俺を憎んでるのに分けわからへんと思いながら暴漢に襲われた後、看病した人が、落としたハンカチをマヤへ忘れものだよと渡す。
    マヤは受けとる。
    マヤが受けとったことで、もしかして?と期待MAX。
    夢現で聞いた阿古夜の一真への恋の語りを演じてくれと言う。
    マヤももしかして気付かれた?と思いつつ、受けてたつ。
    そこで阿古夜の台詞で紫のバラの人への恋心重ね堂々と演じる。
    もう真澄 決壊。
    完敗だ!!!もう 自分を騙せない。マヤを抱きしめ、分かったからもういい、もう演らなくていい。
    チビちゃんと呼ぶのもやめる。マヤと呼ぶ。どさくさに紛れ自分の隠れ家の別荘へいつか来ないかと誘う。
    別荘に2人きり、、、ザザンッ←波の音
    2人は幸せなひと時を船で過ごす。
    港には2人の修羅(笑)
    紫織が待っていた。
    そしてアホな桜小路がバイクでマヤを迎えに来てた。
    マヤと一緒に降りてきた速水を見て、何故 マヤさんが?の問いに小切手を渡す。自分の悪事がバレた紫織は倒れる。
    都合が悪くなるとすぐ倒れる。
    放って置けないので、マヤをタクシーで帰そうとする所で桜小路くん発見!
    速水は桜小路にマヤを頼む!運転にはくれぐれも気を付けて!
    と託すがマヤはううん、ごめんひとりで帰って!と速水を追いかける。
    速水へまだ大事な事伝えてない、速水へ抱きつく。早く大人になるから待っていてと。

    それを見た桜小路。
    がーン。急いで逃げる。
    どうなってんだ?憎んでた速水さんとマヤちゃんが、、、夢だと言ってくれーーー!
    バイク事故に遭います。
    くれぐれも気を付けてて、言ったやろ…(笑)

    一方 イルカ🐬のダサいペンダントを返そうとスタジオへ、
    事故に遭った事を知りショックを受けるマヤ。
    全治2か月の左脚骨折。
    代役を立てないと黒沼先生。
    この辺柔軟性のある黒沼先生。一真はもと野盗。刀傷のひとつやふたつあってもおかしくない。手負いの一真としてピンチをチャンスに変えろ!とアドバイス。
    今演れる新しい一真を演じる決意を桜小路は立ち上がる。

    紫織の悪事が水城さんや聖さんの報告でバレてしまった。
    速水は鷹宮グループを敵に回す事を覚悟で婚約破棄へ向かう。

    そして失明寸前の亜弓と歌子の秘密の特訓。
    小野寺先生と赤目を迎えいれ、亜弓の稽古成果を披露する。

    それにしても、桜小路君は何回マヤにふられてんねん。

    48巻へ続く

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:三日月さん

    2020年09月05日 20時28分35秒

    icon

    40巻 紅天女(7)

    月影先生の生い立ち。
    盗みをして暮らしてた、千草は劇場に盗みに入り捕まる。
    其処で尾崎一蓮に助けられ、引き取られる。
    千草は使用人として働き、初めて労働の元 安心してご飯を食べられ、眠る場所を得られる幸せを知る。劇団の人にも可愛がられ、子役としてデビューすると演技に頭角を表す。一蓮の元役者として学ぶ。
    何やかんやあって戦争の焼け野原後 一蓮の故郷梅の谷で紅天女を書き上げた尾崎がいた。尾崎を追って来た千草は紅天女を見事に演じる。大ヒット。その演技に魅入られた速水英介。
    ビジネスパートナーとして尾崎に近ずくが、尾崎の考えとの軋轢が。追い詰められた、尾崎は自殺する。ここから因縁です。

    とか思いだしつつ、紅天女を見事に演じた。血反吐はきながら。
    女優魂です。
    周囲はブラボーと紅天女に魅入られる。

    41巻へ続く

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:三日月さん

    2020年09月05日 20時14分06秒

    icon

    39巻 紅天女 (6)

    紅天女の稽古でマヤとの差に敗北感に囚われ東京へ帰ろうとした亜弓。最後に梅の谷を見ようと吊り橋を渡ろうとしたら、吊り橋は腐っているので、危険だと村人に言われた。其処へマヤが何も知らず渡ろうとしていた。 
    亜弓は一瞬 黙ってさえいれば、マヤは居なくなる。と考える。しかし落下しそうなマヤをほって置けず助ける。マヤの邪推のない笑顔に亜弓は更に落ち込む。と、同時に負け犬にはなりたくないと、ベストを尽くそう。と自分を信じる。

    一方マヤも紅天女を掴みきれてない中、ふらふら歩いてたら何と速水が!しかし、速水の隣には婚約者の紫織がいて引け目を感じる。
    速水が紫のバラの人と確信してから恋心を募らせる。その恋心を紅天女の恋と重ね考察する。
    山寺に速水は父を助けてくれたお礼に訪れる。
    其処へマヤとばったり。演技の練習でボロボロのマヤへいつもの如く相当お転婆で個性的な精霊と見える。と言ったら、紫織が鼻で笑った。
    マヤは恥ずかしさで泣いてしまう。すかさず桜小路がフォロー(笑)速水は言い返せないマヤにあたふた。
    小学生のいじめっ子か?速水真澄(笑)
    白目になり桜小路とマヤを見る。
    夜は本堂で紅天女として、足に鈴を付けて歩く。亜弓はリズミカルに歩く。
    マヤはギシギシ床を鳴らすだけ。
    そう、役の本質は掴んでも表現する技術がマヤには無い事に気付く。
    芸術的なテクニックは自分の方が優れている事に気付いた亜弓は自信を取り戻す。
    マヤは更に亜弓さんの前でブザマな姿を見せ落ち込む。引きずらないけどね。
    そしてついに、月影先生が最後の紅天女を演じる。

    亜弓さんが演技に悩みパパに会いたいと思う場面が良かった。
    はっきり言ってぐだぐだ
    速水とマヤの恋愛より、ストイックな演技バカな亜弓さんが好き。

    40巻へ続く

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

もっと見る icon