新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

配偶者からの暴力(DV)問題

配偶者からの暴力(DV)問題>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:21世紀さん

    2010年01月29日 18時45分33秒

    icon

    DV防止講演会:来月8日、松本で /長野

    県は、家庭内暴力(DV)や児童虐待問題への理解を深めてもらうための「DV防止講演会」を、2月8日、松本市中央の県松本勤労者福祉センター1階大会議室で開く。

     家庭裁判所調査官の経験が長い日本福祉大の山田麻紗子・心理臨床研究センター長が、「私の出会ったDVケース事例からの報告」と題して講演する。午後1時半〜3時半の2時間で、託児、手話通訳、要約筆記付き。参加無料。託児は事前に申し込みが必要。

     参加希望者は2月1日までに県こども・家庭福祉課へ電話(026・235・7099)かファクス(同7390)で申し込む。

    【関連記事】
    DV:「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望
    性暴力:Tシャツで抗議 被害者ら、思いつづり 来月、国内初の展示
    再生のとき:/5 DV元夫に長男殺された母娘 生きた証し残す
    DV:「防止法拡充を」 被害者、担当閣僚に要望
    こげなことしとります:福岡グループインフォ 福岡犯罪被害者支援センター /福岡
    毎日新聞 2010年1月29日 地方版

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年01月29日 18時44分01秒

    icon

    家庭問題 一括相談 府「支援総合センター」東山に4月開館

    児童虐待や家庭内暴力(DV)などの幅広い家庭問題に対応する京都府の「家庭支援総合センター」(京都市東山区)が、府立洛東病院の跡地に4月からオープンする。児童相談所や婦人相談所など複数の施設が入居し、課題を抱える子どもや女性らを連携してサポートする。

     ■児童虐待やDV、障害者更生…

     センターは3階建て延べ床面積約5600平方メートル。建物には児童虐待に対応する京都児童相談所(上京区)やDV被害の相談に応じる婦人相談所(同)、障害者の医学判定を行う知的障害者更生相談所(同)と身体障害者更生相談所(城陽市)、生活難の母子を支援する吉田母子寮(左京区)などが移転。共通の総合相談窓口を設け、課題に応じて各施設で対応する。

     センターだけで解決が難しい課題には、弁護士や医師、臨床心理士ら専門家でつくる「家庭支援サポートチーム」を編成して対応する。虐待や非行で保護した子どもがスムーズに家庭復帰できるよう保護者をカウンセリングする「家庭復帰・自立支援チーム」も設置する。府は来年度予算案に業務に必要な関連事業費4600万円を計上した。

     家庭問題は虐待やDVなどが複雑に絡むことが少なくなく、縦割りの施設で対処する限界が指摘されていた。府は「ワンストップで対応する体制を整えることで問題の早期解決につなげたい」(家庭支援課)としている。
    01/28
    京都新聞

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年01月27日 21時50分12秒

    icon

    大津の犯罪被害者支援センター10周年 広がる活動の幅

    2010年1月24日

    犯罪被害者の支援に尽力する事務局長の橋本壽子さん(左)=大津市のおうみ犯罪被害者支援センターで


     大津市のNPO法人・おうみ犯罪被害者支援センターが今年で10周年を迎える。電話相談から始まったセンターは現在、活動の幅を広げ、警察などの関係機関と連帯して犯罪被害者の直接的な支援に力を入れている。

     同センターは2000年6月、臨床心理士や弁護士、相談機関に勤務していた相談員が集まり、守山市に拠点を置いて始まった。

     当初は電話相談が中心だった。だが、設立からかかわる専門相談員の松村裕美さんは「ただ電話で話を聞いているだけでは解決できないことが多かった」と話す。

     直接的支援に力を入れ始めたのは04年ごろ。05年、彦根市の名神高速道路で日系ブラジル人7人が亡くなった衝突事故では、遺族にポルトガル語を話せるカウンセラーを紹介して付き添った。事件の被害者の代わりに裁判を傍聴したり、夫から家庭内暴力を受けた女性の離婚調停に付き添うことも。

     08年、県庁や県警本部に近い大津市に移転。昨年7月、県公安委員会から犯罪被害者等早期援助団体の指定を受け、警察からの情報提供や支援要請も増えた。裁判が始まるまで、小まめに被害者と連絡を取るのも役目だ。2000年は相談件数が33件だったが、支援の幅が広がったことで昨年は432件に上った。

     相談員も増えた。毎年ボランティアを募集し、講習などを通して育成している。設立当初は10人ほどだったが、現在は58人。今年、相談員になった元警察官の女性(40)は「前職で相談を受けることが多かったが、これでいいのかと不安があった。講習を受けて自信がついた」と意気込む。

     まだ課題はある。事件の被害者がマスコミに囲まれ、洗濯物を取り込んだり、買い物にも行けなかったりする。松村さんは「生活の支援までは手が回っていない」と話し、別の団体と協力する道を模索している。

     資金繰りも問題だ。相談などはすべて無料。寄付や賛助を中心に運営しているため、不況下では不安定になりやすい。事務局長の橋本壽子さんは「充実した支援を維持するためには安定的な資金がなければ」と訴える。

     橋本さんは「被害者の支援は知られるようになってきたが、まだまだ元の生活に戻るのは難しい。被害者の気持ちに寄り添えるような支援ができたら」と話す。

     電話相談は平日午前10時〜午後4時に同センター=電077(525)8103=へ。

     (猪飼なつみ)
    01/24
    中日新聞


    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年01月26日 20時43分49秒

    icon

    「Re:【暮らしに役立つ 法律豆知識】」
    住宅手放さず、借金整理できる?
    2010.1.19 07:46
     Q 住宅ローンのほかにも多くの借金を抱えており返済が困難です。なんとか住宅を手放さずに借金を整理することはできないでしょうか。

     A 一つには、銀行などの債権者と個別に交渉し、借金の一部の免除や返済方法の変更を求める「任意整理」という方法があります。しかし、一般的に、各債権者との任意の交渉で大幅な借金の減額を認めてもらうことは難しく、既に支払い能力の限界に近づいているような場合は、必ずしも効果的ではありません。

     そのような場合、裁判所に民事再生手続開始の申し立てを行い、「住宅資金特別条項(住宅ローン特則)」を利用することが考えられます。この特則は、住宅ローン以外の借金については減額を求め、住宅ローンについては残額をすべて支払うことを条件に返済方法の変更などを認めてもらう方法です。この方法により、住宅を手放さずに借金の整理を図ることが可能です。

     通常、住宅ローン特則が適用されるのは、住宅ローンの担保として住宅に抵当権が設定されている場合です。対象は、個人が自分で住むためにローンで買った住宅です。その住宅に住宅ローン以外の借金を担保するための抵当権などが設定されている場合は、利用できません。

     なお、この特則を利用しても、住宅ローンの残額そのものを減らすことはできません。このため、返済の見込みがあるかどうか、慎重に見極めることが大切です。また、事前に住宅ローンの借入先(金融機関)との間でも、今後の返済方法をよく話し合い、了解を得ておく必要があります。(法律情報提供 法テラス)

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年01月26日 20時42分26秒

    icon

    「Re:【暮らしに役立つ 法律豆知識】」
    元夫名義の住宅、財産分与は可能?
    2010.1.12 08:13

    このニュースのトピックス:住宅・不動産
     Q 元夫の不倫が原因で協議離婚し慰謝料を受け取っています。これとは別に、結婚後に購入した元夫名義の住宅を財産分与してもらうことはできますか。

     A 離婚に伴う慰謝料は、不倫などの有責行為によって離婚せざるを得なくなったという精神的苦痛に対する損害賠償です。一方、財産分与は、婚姻中に夫婦が協力して取得した財産(夫婦財産)の清算や、離婚後の生活保障のため、夫婦の一方が他方に対して財産を分与する制度です。

     離婚に際し、便宜上、慰謝料と財産分与とを明確に区別しないで支払うケースもあるようです。しかし、慰謝料の額があまりに少なく財産分与の趣旨が含まれるとは到底言えない場合などには、改めて財産分与を請求できると考えられます。元夫が任意に財産分与に同意する場合を除き、法的に財産分与を請求する場合は、離婚したときから2年以内に、家庭裁判所に対する審判または調停の申し立てなどをする必要があります。

     また、夫婦財産を清算するための財産分与では、夫婦財産の時価から夫婦が負担する債務を差し引いた額が分与対象の基準となります。結婚後に購入した住宅も通常は夫婦財産の一部として財産分与の対象になります。ただ、住宅ローンが残っている場合は時価とローン残高との差額がプラスかマイナスかによって、清算の仕方が異なります。分与にあたり住宅を売却しない場合には、所有者やローンの返済方法などを決めることになりますが、所有者やローンの名義を変更する際は、一般的に借入先(金融機関)の了解を得る必要があります。(法律情報提供 法テラス)

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年01月26日 20時30分17秒

    icon

    元教諭に1億円求め提訴 性的暴行被害の元教え子ら 広島地裁

    2010.1.26 19:55
     広島県内の公立小学校内で性的暴行をされ精神的苦痛を受けたとして、元教え子3人とその保護者が26日、元教諭の森田直樹被告(44)=懲戒免職、強姦(ごうかん)罪などで公判中=と県、三原市に計1億1550万円の慰謝料の支払いを求める訴えを広島地裁に起こした。

     森田被告は平成13〜18年、当時9〜12歳の女児10人に乱暴したり体を触ったりするなど、未遂も含む計95件のわいせつ行為をしたとして、広島地裁で有期刑の上限の懲役30年を言い渡され、控訴している。

     提訴後に記者会見した原告代理人の弁護士は「県や市、被告から何の謝罪もなく、被害者は泣きながらただ苦しむだけ。このまま終わらせるのでなく、(民事裁判で)3者にしっかり受け止めてほしい」との保護者の手紙を読み上げた。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年01月26日 20時07分14秒

    icon

    公立小中学校の土曜授業を容認 東京都教委、月2回を上限に

    2010.1.26 16:57
     東京都教育委員会は26日までに、都内の公立小、中学校が希望する場合、月2回を上限として土曜日に授業を行うことを認める通知を区市町村教委に出した。

     授業時間や学習内容を増やす新学習指導要領が小学校で平成23年度、中学校で24年度までに全面実施されるのを控え、学校現場や保護者から土曜授業を求める声が上がっており、都教委は条件整備を進める必要があると判断した。

     通知で都教委は、土曜授業の実施には保護者や地域住民の理解を十分得るよう指示。

     土曜日に通常の課目授業を行う場合は地域住民や保護者に公開する。また犯罪に巻き込まれないよう警察官による「セーフティー教室」やゲスト講師を招き、地域の伝統文化を学ぶ授業なども土曜授業の対象にする。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年01月24日 08時27分54秒

    icon

    性暴力:Tシャツで抗議 被害者ら、思いつづり 来月、国内初の展示

    性暴力やドメスティックバイオレンス(DV)の被害者たちが、心に閉じ込めてきた思いをTシャツに書いて社会に訴える運動が世界各地で広がっている。日本でも市民団体が2月に初の展示イベントを計画し、Tシャツの募集を始めた。【丹野恒一】

     活動名は「クローズライン・プロジェクト」。偏見にさらされ孤立しがちな被害者への理解を深め、暴力への警鐘を鳴らす目的で、90年に米国で始まった。埼玉県の中山美奈さん(35)が米国在住の知人に紹介され、一昨年秋に「日本クローズライン・プロジェクト」を設立した。

     活動にあたり、中山さんは被害を実名で公表した。最初は小学5年の夏。河原で見知らぬ男に「服の中に毒を持つ虫が入ったよ。取ってあげるからシャツを上げて」と声を掛けられ、裸の写真を撮られた。同級生の男子たちに力ずくで下着を脱がされそうになったこともあった。思い切って女子の友達に打ち明けると「もてて良かったね」。精神疾患になり、中学校の途中で登校できなくなった。

     結婚後も近親者からの性暴力や夫のDVに遭った。病状が改善に向かったのは6年前。幼いころの被害を思い出し、心を病んだ原因に気づいたのがきっかけになった。実名での活動を家族がどう思うか心配したが、中学1年の長男は「被害者のために立ち上がる母さんを誇りに思う」と言ってくれたという。

        □

     募集するTシャツは色で立場を区別し、遺族=白▽性暴力被害者=赤▽近親者から被害を受けた人=青▽性暴力以外の暴力・虐待被害=黄▽賛同者や支援者=緑。袖をロープに通して洗濯物を干すように展示する。

     Tシャツは既に届き始め、上司にわいせつ行為をされた女性からのものには「加害者への最大の仕返しは私が立ち直って一人前の仕事をすること」とあった。性暴力を受けた娘を自殺で亡くした母親は「多くの無知と偏見が、消えることのない悲しみをさらに深くする」と書き込んだ。中山さんは「Tシャツに思いをぶつける勇気が、別の被害者たちの勇気や多くの人々の共感につながっていけばうれしい」と話す。

        □

     参加は年齢も性別も問わない。「助けてくれる人がいることを知るだけで力になる」と、被害者以外も歓迎する。展示は2月27、28日、さいたま市の埼玉県男女共同参画推進センター「With You さいたま」で。28日は午後2時から中山さんの講演も(要予約)。送付先は〒330-8529 さいたま市浦和区針ケ谷4の2の65 埼玉県ボランティア・市民活動センター7号「日本クローズライン・プロジェクト」へ。問い合わせはホームページ(http://clp‐japan.org)から。

    毎日新聞 2010年1月24日 東京朝刊

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年01月24日 08時24分02秒

    icon

    DV被害者に緊急貸し付け 四日市、広がる民間支援の輪

    2010年1月22日 夕刊

    ドメスティックバイオレンス(DV)の被害に遭い、着の身着のまま逃げ出した女性に当面の生活費や医療費を緊急貸し出しする民間の取り組みが、支援の輪を広げている。三重県四日市市のNPO法人による「せっぱつまった貸付バンク」で、これまでに30人の女性に貸し出されている。

     「夫から通帳、免許証、印鑑などすべて取り上げられ、手持ち金は1000円少々です」-。貸付申請書には被害女性の切迫した事情が並ぶ。健康保険証もなく、インフルエンザで高熱を出した子ども2人を病院に連れて行けない人や、5人の子どもの食費、おむつ代を求める人もいた。

     三重県内の自治体が設けるDV相談窓口で、緊急貸し付けが必要だと判断された女性に、この貸し付けバンクが紹介される仕組みになっている。申請があれば翌日までに2万円を上限に現金が届けられる。

     無条件、無利子の信用貸しで、貸した後は督促もしない。ただ、返済案内には「私たち100人が陰ながらあなたの未来を応援しています」「次の方のために必ずお返しください」と記す。30件の貸し付けで半数近くがこれまでに返金された。

     この取り組みは、DV被害に理解を示す中高年の女性30人ほどが集まり、知り合いに協力を求めるなどして集めた寄付金40万円を原資に、3年前から始めた。100人を目標に協力者を募り、現在の原資は140万円近くになった。

     被害女性の居所を突き止めようとするDV加害者の追及を避けるため、NPOの所在地などは非公表。代表女性(69)によると、夫から逃げ出した女性が生活保護を申請しても、審査に時間がかかるケースが多いといい、「そのころが一番切羽詰まっており、手助けしたい。ここを乗り切らないと、被害女性が自立の道を歩み出すのは難しい」と話す。

     被害女性の避難先となる「シェルター」を各地で運営する民間団体などでつくる全国女性シェルターネットでは生活費の融資を行うが、緊急貸し付けは珍しい。愛知県の国際ソロプチミスト名古屋も緊急貸し付けを実施して支援の輪は徐々に広がりつつある。四日市の代表女性は「行政がきちんと枠組みをつくるか、シェルターが各地に増えて弾力的な支援をできるようになることが必要だ」と訴える。
    01/22
    中日新聞

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年01月22日 13時17分12秒

    icon

    DV:「防止法拡充を」被害者が福島担当相に要望

    DV(ドメスティックバイオレンス=配偶者間暴力)の被害者が22日、東京の衆院議員会館で、国会議員らに01年10月施行のDV防止法を改正するよう訴えた。福島瑞穂男女共同参画担当相や千葉景子法相も国会の合間に出席予定。この問題で担当閣僚が被害者から直接意見を聴くのは異例という。DV防止法には裁判所が加害者に出す接近禁止などの保護命令規定が盛り込まれたが、命令期間終了後に加害者が家に何度も押しかけるケースが相次いでおり、被害者は保護命令の拡充などを求めた。

     DV被害で離婚後、長男諒(りょう)君(当時15歳)を元夫(45)に刺殺された川本弥生さん(47)がこの日午前、支援者らとともに超党派の国会議員の会合に出席。DV防止法に明記されていた3年ごとの法律見直しの規定が2度目の改正(08年1月施行)でなくなり、「現行法では被害者を守る手だてはまだ不十分」などと訴えた。

     DV防止法には交際中の相手からの「デートDV」が法の規制対象外となっているなどの問題点もあり、来年初めの法改正を目指し、内閣府や法務省などに働きかけていくという。【酒井雅浩】

    【関連記事】
    再生のとき:/5 DV元夫に長男殺された母娘 生きた証し残す
    こげなことしとります:福岡グループインフォ 福岡犯罪被害者支援センター /福岡
    阿波ひと物語:ニュースレター創刊 編集した河野南代子さん /徳島
    県警:今年初の署長会議 最重点に暴力団対策 /福岡
    連続講座:DV被害者の支援者養成 心的ストレスの対処法など解説--福井 /福井
    毎日新聞 2010年1月22日 11時47分

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

もっと見る icon