新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

配偶者からの暴力(DV)問題

配偶者からの暴力(DV)問題>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:21世紀さん

    2010年08月31日 12時30分33秒

    icon

    救え幼い命:児童虐待の現場から/1 兵庫・冷蔵庫に4歳男児遺棄、2年後に自首

    ◇「勇気あれば」母自問 夫のDV、支援制度知らず孤立
     台所の家庭用冷蔵庫。幅、奥行き約30センチの野菜室が小さな遺体のひつぎだった。胎児のように足を抱え、冷たい箱の中に2年近くも眠っていた。07年7月、兵庫県小野市。4歳の男児は、義父(35)に「お仕置き」と称して体より小さな衣装ケースに閉じ込められ、熱中症で死亡した。口に靴下を詰められ、悲鳴を上げることすらできなかった。

     「冷蔵庫に入れよう」と提案したのは、母親(35)だった。遺体を隠そうというより、「(男児と)離れたくない」という思いが強かった。

     それから1年9カ月後、母親が警察に自首するまで、家族以外の誰も、男児が「消えた」ことに気付かなかった。保育所は死亡の前日、男児の体に青あざを見つけた。翌日から保育所に来なくなった。2週間後、母親から「引っ越すことになった」と連絡があり、それ以上追及しなかった。近所の住民も、笑顔で保育所に通う男児の姿は覚えているが、いなくなったのを不審には思わなかった。「いつごろか覚えていないけど、弟は遠いところに行った」。幼い姉(8)は警察にそう話したという。

       ■  ■


    男児が亡くなった県営住宅では事件後、児童虐待防止を訴えるポスターが張られていた=兵庫県小野市で28日、幾島健太郎撮影 母親は親の勧めで結婚した前夫(37)とうまくいかず、07年3月、出会い系サイトで知り合った相手の県営住宅に、子ども2人と転がり込んだ。「子どもに優しくしてくれる」と思い選んだ新しい夫は、「これが教育」と子どもたちを殴り始め、やがて暴力が家庭を支配する。後に公判で、自らも虐待された成育歴があったことなどが判明する。

     母親は、部屋では鎖でつながれ、体中にキリでピアスの穴を開けられた。すさまじい暴力に耐えていた理由は「子どもと追い出されたら生きていけない」と思い込んでいたからだ。「嫌なら出て行け」と言われると、何も言い返せなかった。

     仕事は実家の青果店を手伝ったことがあるだけ。前夫と離婚して実家にも戻れない。貯金もなく、相談できる友人もない。母親の弁護人が最もショックを受けたのは、母子家庭への公的扶助やDV(ドメスティックバイオレンス)被害者の支援制度を全く知らなかったことだった。現状を耐え忍ぶだけで、誰にも相談していなかった。

       ■  ■

     今年1月、1審・神戸地裁姫路支部で懲役6年の判決を受け、大阪高裁に控訴。控訴審で弁護人は母親にカウンセラーを派遣した。カウンセラーは、DV被害者を保護する民間シェルターのパンフレットを差し入れた。拘置所での面会の時、母親はアクリル板越しに「私も入ることができたんですか」と驚いたという。今年7月16日の大阪高裁の控訴審判決は「控訴棄却」。減刑は認められなかったが、世の中に助けを求める場所があることを知り「それだけでも控訴してよかった」と弁護人の前で泣いた。上告しないことは自分で決めた。

     母親は刑務所への移送を待つ大阪拘置所で、亡くなった男児の夢を見る。

     天国で寂しい思いをしているようで、目を覚ましては涙を流す。「私が一歩踏み出す勇気があれば、こんなことにはなっていなかったのに……」。自問自答を繰り返しているという。

       ×  ×

     「消えた」子どもたちがいる。親が社会から孤立しているために、子どもは家庭という密室に閉じ込められ、救いの手さえ届かない。幼い命の悲鳴に気づくには、どうすればいいのか。読者とともに考えていきたい。【児童虐待取材班】=つづく

    ==============

     児童虐待問題について情報やご意見をお寄せください。メールo.shakaibu@mainichi.co.jp、ファクス06・6346・8187か、〒530-8251(住所不要)毎日新聞大阪社会部「児童虐待取材班」まで。

    ==============

     ■ことば

     ◇兵庫県小野市・虐待死事件
     小野市の夫婦が長男(当時4歳)を衣装ケースに閉じ込めて死亡させ、遺体を2年近く自宅の冷蔵庫に隠していた。昨年4月、妻(35)が警察に自首して発覚した。夫婦は逮捕監禁致死と死体遺棄の罪に問われ、夫(35)は同年12月、1審・神戸地裁姫路支部での裁判員裁判で懲役9年6月の実刑判決を受け、確定。妻も同支部で懲役6年の判決を受け、今年7月の控訴審判決で1審判決が確定した。

    英訳

    【関連記事】
    救え幼い命:児童虐待の現場から/2 「助けたい」でも無力感
    毎日新聞 2010年8月30日 東京朝刊

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 3
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年08月30日 23時41分28秒

    icon

    「Re:DV相談」
    安全相談5年連続減 「振り込め」半減、DVは増加 今年上半期、県警まとめ
    (8月30日 05:00)
     県警が今年上半期(1〜6月)に受理した「警察安全相談」は前年同期比772件減の7979件で、5年連続減少したことが29日までの県警県民広報相談課のまとめで分かった。「振り込め詐欺」に関する相談がほぼ半減したことが要因。一方で「ドメスティックバイオレンス(DV)」や「ストーカー」の相談は増加した。

     同課によると、相談で最多だったのは不審者情報などの「犯罪等被害防止」の1154件。次いで「家庭・職場・近隣問題」の1061件、「契約・取引」の869件だった。

     「振り込め詐欺」は575件で、前年同期比で553件も減少。内訳では「架空請求」が激減し同比569件減の381件だった。「融資保証金詐欺」と「還付金詐欺」も減少したものの、「おれおれ詐欺」は同比88件増の181件に上った。
    08/30 05:00
    下野新聞

     一方、今年上半期の県警の摘発件数が過去最多ペースだった「DV」の相談は同比44件増の215件。「ストーカー」も130件と同比で13件増えた。

     相談を受けて被害を防いだケースもあるという。茂木署は女性(37)から「玄関のチャイムを鳴らされるが、出ると誰もいないので不安」との相談に対し、張り込みを実施、高校生の少年(16)を補導した。女性に対する恋心から行為に及んだという。

     県警は短縮ダイヤル「♯9110」などで24時間体勢で相談に応じている。同課は「悪質商法や振り込め詐欺などの手口が多様化する中、個人で悩まずに警察に相談してほしい」と呼び掛けている。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年08月30日 23時38分53秒

    icon

    話題:依存症理解深めて 北海道文教大で11月、日本アディクション看護学会

    アルコールや薬物依存症、摂食障害などのアディクション(依存症)を患う人たちが生きやすい社会を考える「日本アディクション看護学会」(理事長、松下年子・埼玉医大教授)の学術大会(北海道アルコール看護研究会共催、毎日新聞北海道支社など後援)が11月6、7日、北海道文教大学恵庭キャンパス(恵庭市)で開かれる。

     アディクションは「嗜癖(しへき)」や「耽溺、たん、でき」とも訳される英語で、本人の性格や意志にかかわらず、害があるのにやめられない悪癖やコントロール障害を一般に指す。医学・看護の専門用語としてはアルコールや薬物依存だけでなく、摂食障害を「食べ物への依存」、ひきこもりやドメスティックバイオレンスなどの家庭内暴力、虐待などを「人への依存」と幅広くとらえる。本人の健康や社会生活に支障をきたすほか、家族ら周囲の人を巻き込んで問題化する傾向が強く、見た目に病気と分かりにくいため、周囲の理解も得にくい現状がある。

     同学会は大学の看護学の研究者や看護師らで02年に発足。学術大会は年1回の研究大会で道内での開催は初めて。

     今年は「当事者のための退院促進支援とは」をテーマに、摂食障害者やアルコール依存症などについての講演や、アディクション患者への支援のあり方などを考えるシンポジウムがある。大会後には精神障害などを抱えた人らの活動拠点となっている福祉施設「べてるの家」(浦河町)の見学を希望者を対象に実施する。

     大会長を務める北海道文教大人間科学部看護学科の大沢栄教授(精神看護学)は「日本ではまだアディクションへの理解が足りず、偏見もある。関係者が出会う場として、当事者の家族にもぜひ来て欲しい」と呼びかけている。

     大会への参加申し込みは9月15日までで、学生1000円、一般6000円。問い合わせは同学科(0123・29・8026)へ。【円谷美晶】

    毎日新聞 2010年8月29日 22時38分

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年08月28日 19時32分37秒

    icon

    「Re:DV相談」
    日光市:DV相談センター、市役所内に設置 直接、保護命令を申し立て /栃木
     日光市は「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律」=ドメスティックバイオレンス(DV)防止法=に基づく市配偶者暴力相談支援センターを市役所内に設置した。県や警察を経由せず裁判所に直接、保護命令を申し立てることが可能になった。相談内容が複数課にまたがるため、共通相談シートを作成するなど、相談者の負担軽減を図っている。

     同法により設置義務がある県については、すでに宇都宮市に開設されている。市町村については努力義務だが、市は昨年度「市配偶者からの暴力対策基本計画」を策定、センターの設置に踏み切った。市によると、県内では宇都宮市に次ぐ開設となった。

     センターには、3人の母子自立支援員兼婦人相談員が相談業務や就業促進や住宅の確保などの自立支援に応対している。共通相談シートの導入のほか、「市女性相談ほっとライン」(電話0288・30・4140)も新設して、相談場所などが特定できないように配慮した。

     市内のDV相談者数は約30人で推移しており、減少傾向は見られないと言う。【浅見茂晴】

    【関連記事】
    新日光市の姿眺めたい=浅見茂晴 /栃木
    主要キャストを11年、阿久津誠さん /栃木
    矢板の警察官ひき逃げ死:容疑者を起訴 /栃木
    高齢者不明:来月100歳になる那須の男性、27年前から行方不明 /栃木
    ’10夏とちぎ紀行:日光山輪王寺恒例の薪能 伝統の幽玄の美楽しむ /栃木
    毎日新聞 2010年8月24日 地方版

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年08月28日 19時27分18秒

    icon

    朝食作らない」妻を殴り、重傷 東金署、容疑で70歳逮捕

    2010年08月25日14時44分

     東金署は24日までに「朝食を作らない」と家庭内暴力(DV)で妻にけがを負わせたとして、傷害の疑いで大網白里町大網、無職、中村由信容疑者(70)を逮捕し、同日、地検八日市場支部に送検した。中村容疑者は容疑を認め、暴行の理由について「朝食を作らなかったから」と供述している。

     逮捕容疑は8〜20日の間、自宅で妻(63)に対し、長さ70センチの角材で頭を殴り、さらに顔面や全身に殴るけるの暴行を加え、全身打撲と肺損傷、あばら骨3本を折る重傷を負わせた疑い。
    千葉日報

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年08月26日 19時48分02秒

    icon

    児童虐待防止へ一丸…宮崎

    県警や県など情報交換
     全国で児童虐待が相次いでいることから、宮崎県警や児童相談所、県の担当者らが18日、県警本部で情報交換の会議を開いた。

     約20人が出席し、大野俊朗・県警少年課長が「迅速に行動するために情報交換し、対処していかなければならない」とあいさつ。会合では、「虐待の相談が寄せられて訪問しても、家に入れず、家族関係や実態を把握できない」「虐待や育児放棄の背景には、家庭内暴力が潜んでいるケースがある」「親を対象に子育てに関する講座やアドバイスをする必要がある」などの意見が出された。


     虐待事案に対応する担当者の経験不足も指摘され、処理や対応の能力を向上させることなどが話し合われた。


     同課によると、今年は児童虐待の摘発が18日までに県内で5件あり、統計を取り始めて最多だった昨年1年間の7件と同じペースという。同課の大木啓良理事官は「今後も情報交換を続け、早期発見と対応に努めたい」と話している。

    (2010年8月19日 読売新聞)

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年08月26日 19時45分42秒

    icon

    DVと虐待を考える

    来月4日、宮崎で講演会
     ドメスティック・バイオレンス(DV)被害者と、その子どもの支援などに取り組むNPO法人ハートスペースM(宮崎市)は、DVと児童虐待に関する講演会を9月4日、宮崎市民プラザで開く。

     児童虐待の背景にDVがあることを知ってもらい、DVが子どもに与える影響や、DVをなくすための対策を考えてもらおうと企画した。福岡県久留米市男女平等推進センターの職員で、社会福祉士の石本宗子さんを講師に招き、「DVと児童虐待〜DVに巻き込まれた子ども達の実態〜」のテーマで、子どもへのケアなどについて講演する。

     午後1時半からで無料。定員80人で、氏名、電話番号を記入してハートスペースMにファクス(0985・29・2551)かメール(re-born.heart29@wish.ocn.ne.jp)で申し込む。31日締め切り。問い合わせは講演会担当者(090・2096・4911)へ。

    (2010年8月19日 読売新聞)

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年08月26日 19時43分35秒

    icon

    「Re:DV相談」
    「DV相談センター」新設を仲川市長に提言 奈良
    2010.8.19 02:13
     恋人や配偶者などから暴力を受けるDV(ドメスティック・バイオレンス)について、奈良市の「DV防止・被害者支援基本計画策定委員会」(委員長・高田昌代神戸市看護大教授)は18日、DV関連の相談窓口を集約するために奈良市独自の「配偶者暴力相談支援センター」を市庁舎内に設置するよう、仲川げん市長に提言した。

     現在、県所管の同センターが2カ所あるものの、被害者の一次保護などの費用については、国からの補助金が市町村単位では支給されず、県内各自治体では個別のセンターが設置されていない。

     しかし、同市によると、21年度に市の女性問題相談室と子育て課などに寄せられたDV関連相談は122件。同市の場合、被害者の健康診断や生活保護、住宅斡旋(あっせん)、子供の通学手続きなど、相談窓口が13にまたがっていたといい、窓口の集約化が急務となっていた。

     高田委員長は「奈良市が先駆けて設置すれば、先進的な取り組みになる」と期待を込めて話している。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年08月21日 20時36分36秒

    icon

    「Re:DV相談」
    隠れたDV表面化 県警対応24%増加
    2010年8月18日


     配偶者らに暴力を振るうドメスティックバイオレンス(DV)の対応に、県警が乗り出すケースが増え続けている。今年上半期(1〜6月)の対応件数は351件に上り、過去最多だった前年同期(282件)から24%増加。県警地域安全推進室は「DVの認識が広まり、隠れていた暴力が表面化してきたのではないか」とみている。 

     同室によると、2001年のDV防止法施行以降、対応件数は毎年のように増加。08年の法改正で、身体的暴力に加えて「殺すぞ」「殴るぞ」といった脅迫も取り扱い対象になり、通報や相談をしやすくなった背景もある。

     相談者の9割以上が女性。110番通報や各署のほか、県保健福祉事務所や自治体の相談員らに「夫に殴られた」などの声が届く。電話口から悲鳴だけが聞こえ、署員が現場に急行するケースも珍しくないという。

     県警は加害者に指導や警告を行うほか、裁判所が被害者への接近禁止や電話制限などを命じる「保護命令」があることも説明。別居中の夫婦や離婚後でも、加害者が近づかないように自宅を警戒したり、一時的な避難を助けたりもする。

     被害者と加害者の関係は夫婦が8割で、離婚後や内縁関係が2割。

     年代別では30代が最多の約37%を占め、年齢が上がるにつれて通報や相談は減少するという。

     同室の担当者は、対応件数の増加について「DVが増えたわけではなく、『警察は夫婦げんかなど相手にしない』と思っていた人が、相談してくれるようになった」と受け止める。その上で「暴力のエスカレートを防ぐためにも、相談件数の増加自体は望ましいこと」と話し、相談を促している。

    (妹尾聡太)

    08/18
    中日新聞

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:21世紀さん

    2010年08月21日 20時34分27秒

    icon

    「Re:DV相談」
    DV件数、過去最悪ペース  県内上半期、県警まとめ 暴行、傷害など315件
    (8月18日 05:00)
     県警が今年上半期(1〜6月)に認知したドメスティックバイオレンス(DV)は315件、摘発は39件と過去最多のペースであることが、17日までの県警生活安全企画課のまとめで分かった。DVの実態の周知が進み、被害が顕在化するようになったことに加え、警察庁が男女間のトラブルについて積極的な対応を新たに打ち出したことなどが背景にあるとみられる。またストーカーやDV被害者を対象に昨年7月から始めた緊急通報装置の貸し出しは延べ32件で一定の効果を上げており、県警は台数増も検討している。

     同課によると、上半期に認知したDVは前年同期比で28件増。過去最多だった2008年の317件とほぼ同じペースで、摘発は同年の37件を上回った。県警を経由した裁判所への保護命令の申し立ては48件と前年同期から10件増え、決定は7件増の36件だった。

     摘発容疑は暴行・傷害が29件と大半。一方で足利市では3月、妻を包丁で刺したとして夫が殺人容疑で逮捕され、栃木市では傷害致死容疑で逮捕された夫もいた。

     男女間のトラブルをめぐる殺人事件が全国で続いたことを受け、警察庁は4月、被害届が出されていなくても、緊急性が高い場合は逮捕を検討することなどを盛り込んだ新マニュアルを通達した。従来、傷害容疑などは被害届を受けてから立件することが多かった。

     同課は「DVは被害者が恐怖感などさまざまな事情で被害届を出すのをためらうことがある。被害の未然防止のため、また重大事件とならぬよう積極的に対応する」としている。

     一方、上半期に県警が認知したストーカーは193件と前年同期から9件増。摘発は22件と1件減り、昨年とほぼ同じペースで推移している。

     非常ボタンで警察署につながる緊急通報装置は携帯式と固定式を12台ずつ用意したが、携帯式は延べ32台が貸し出されるなど積極的に利用された。3月下旬には真岡署管内で、被害女性が男から車で追いかけ回された際に緊急通報装置を使って連絡、男がDV防止法違反で逮捕された事例もあった。

    08/18 05:00
    下野新聞

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

もっと見る icon