新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

特殊部隊同好会>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

from:H-2さん

2010年08月15日 03時36分35秒

icon

インドネシア陸軍の特殊部隊について

暑い日がまだ、続いていますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。私はやや、バテ気味です(^_^;)。さて先月、アメリカは、インドネシア陸軍の特殊部隊に対

暑い日がまだ、続いていますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
私はやや、バテ気味です(^_^;)。

さて先月、アメリカは、インドネシア陸軍の特殊部隊に対して、訓練支援の再開を決定しました。
これは、東ティモールでの人権侵害を理由に、アメリカ軍が1990年代以降、停止していたものです。
この報道で取り挙げられた「インドネシア陸軍の特殊部隊」は、コパスス(KOPASSUS)と呼ばれています。
今回は、この部隊について記載します。

KOPASSUSは1952年に創設され、部隊名が数回変更された後、現在の部隊名になりました。
主要な任務はテロ対策、暴動鎮圧、諜報活動、破壊活動などです。
過去に、アメリカ陸軍特殊部隊(グリーンベレー)から訓練を受けています。

1975年以降、KOPASSUSは東ティモールにおいて、独立支持派に対する破壊活動や暗殺を繰り返し行っており、人権侵害が問題になっています。
そのため、国際的にも「悪名が高い」部隊とされています。
なお、2002年に東ティモールが独立するまでの間、インドネシア軍にとって東ティモールは、実戦を経験できる数少ない場所だったそうです。

隊員の待遇は、給与の面などで一般兵士よりも優遇されており、KOPASSUS出身者は、軍で主導的な役割を担当しています。
また装備も、先進国の新型兵器が優先的に配備されています。制服は、赤色のベレー帽を被るのが特徴です。

部隊の詳細な人数は不明ですが、KOPASSUSは5つのグループに分かれており、担当任務が異なります。以下にグループと担当任務を記載します。

グループ1、2 不正規戦闘、暴動鎮圧、特別偵察 
グループ3 諜報活動
グループ4 訓練担当
グループ5 テロ対策部隊

KOPASSUSが関わった主要な作戦としては、先述した東ティモール軍事作戦があります。
また1981年に発生した「ガルーダ航空機ハイジャック事件」にも出動しており、突入により人質を救出し、4名のテロリストを射殺、1名を逮捕しています。
なお、この事件では、アメリカからデルタフォースの隊員4名が派遣されており、KOPASSUSと合同で突入を行ったようです。

KOPASSUSの隊員は、良く訓練された精鋭部隊ですが、時の権力者の要請で「侵略の尖兵」として活動してきました。
軍事系特殊部隊は、高い戦闘能力を有するがゆえに、その活用は慎重でなければなりません。
東ティモールにおけるKOPASSUSの活動は、それを示唆していると思います。

  • コメントする

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 4
  • 拍手する

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 0

icon拍手者リスト

from:予備役士長 - 2さん

2010年08月18日 00時22分53秒

icon

「Re:インドネシア陸軍の特殊部隊について」

>H-2さん


> 過去に、アメリカ陸軍特殊部隊(グリーンベレー)から訓練を受けています。
> 1975年以降、KOPASSUSは東ティモールにおいて、独立支持派に対する破壊活動や暗殺を繰り返し行っており、人権侵害が問題になっています。
> そのため、国際的にも「悪名が高い」部隊とされています。
> なお、2002年に東ティモールが独立するまでの間、インドネシア軍にとって東ティモールは、実戦を経験できる数少ない場所だったそうです。

この事から、東ティモールでの非人道行為が発覚した際、「アメリカが指導した内容だったのではないか?」として、アメリカ国内でも追及の声が上がったそうです。もっとも、KOPASSUSの前身部隊であった頃、オーストラリアSASRとも事を構えた事もあったそうですが、その際も結構残虐な行為があったそうです。

>
> 隊員の待遇は、給与の面などで一般兵士よりも優遇されており、KOPASSUS出身者は、軍で主導的な役割を担当しています。

東ティモールの内紛当時は親部隊のKOSTRADには当時の大統領の長男が指揮官であったことから、そうとう優遇されていたようです。ただ、この事が「大統領が虐殺支持を直接指示していたのでは?」と追及されたそうです。


> KOPASSUSが関わった主要な作戦としては、先述した東ティモール軍事作戦があります。
> また1981年に発生した「ガルーダ航空機ハイジャック事件」にも出動しており、突入により人質を救出し、4名のテロリストを射殺、1名を逮捕しています。
> なお、この事件では、アメリカからデルタフォースの隊員4名が派遣されており、KOPASSUSと合同で突入を行ったようです。

この時はまだ対テロ部隊そのものが設立されておらず、選抜メンバーに米軍が協力して事に当たったそうです。この時に対テロ部隊の必要性が痛感され、現在の第5グループの元であるSAT-81が編成されました。このSAT-81(第81分遣隊)はこの81年のハイジャック事件の制圧を記念して部隊名に81の数字が入ったそうです。

今回の記事をみて、自分のブログでKOPASSUSのインシグニアの特集してみました。お時間ある時にでもご覧いただければと思います。

http://black.ap.teacup.com/infantryman/

  • コメントする

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 拍手する

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 0

icon拍手者リスト