新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

特殊部隊同好会

特殊部隊同好会>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:Knob Turnerさん

    2019年04月23日 02時41分44秒

    icon

    テロ容疑者から確度の高い情報を引き出すには

    こんばんは。
    ご無沙汰しております。

    ネットサーフィンをしていると興味深い話題を見つけたのでご紹介を。

    「拷問はもう、必要ない。テロリストの口を割る、科学的な方法とは ~口が堅い人から情報を得る方法~」
    https://www.buzzfeed.com/jp/bfjapannews/torcher-jp

    記事の中で取り上げられているゼロダークサーティでは、劇中で様々な「強化尋問」(拷問)が描かれていましたが、一方で「拷問で真実は引き出せない」という旨のセリフも登場します。

    批判は覚悟の上であくまでごく個人的な所見を申し上げると、法外から無差別に攻撃を仕掛けてくるテロリストに人権なんぞは無く、その脅威を排除したり情報を得る為には如何なる手段でも用いるべきだと信じていますが、科学的根拠に基づいたより正確な尋問方法が確立されるのであれば、それに越したことはないと思います。

    昨年、CIA長官代行だった女性(CIA勤務歴30年以上のベテラン)の過去の尋問関与に関するスキャンダルが取り沙汰され、テロ容疑者に対する尋問の在り方について注目が再び集まっています。
    某近隣諸国からのテロや工作員の脅威に晒されている我が国も例外ではなく、そういった容疑者を捕らえた際に政府や治安機関がどうやって核心的な情報を引き出すのか、またその手法に対する国民的理解をどう得るのか、真剣に考えるべきではと感じます。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 1
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト