新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

特殊部隊同好会

特殊部隊同好会>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:H-2さん

    2009年09月30日 21時00分43秒

    icon

    「Re:Re:ブラックホーク」
    こんばんは。
    最近忙しくて、なかなか返事ができませんでした。
    申し訳ありません(^_^;)。

    >異軍種間の連携の杜撰さが招いた代表的なケース

    確かにそうですね。
    特殊部隊の隊員は鍛え抜かれた精鋭ですから、作戦が失敗するとすれば、見通しの甘い作戦計画と、連携の不手際が原因として挙げられると思います。
    また反対に、作戦が成功した時は、関係機関の連携や事前の情報収集が上手くいっていることが多いです。

    ところでアメリカ軍は、アフガニスタンへ追加派遣を行うようですね。
    やはり特殊部隊による強襲や、空軍の爆撃だけでは、タリバンの弱体化は難しいのだと思います。

    また、アフガニスタンではドイツ軍の特殊部隊「KSK」も活動しているようですね。
    ドイツ政府はコメントを拒否しているみたいですが…(^_^;)。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:Knob Turnerさん

    2009年09月24日 17時35分56秒

    icon

    「Re:ブラックホーク」
    > ところで、アフガニスタン戦争でも、似たような事態があったみたいですね。

    シャヒコト渓谷の制圧を目的に実施されたOperation ANACONDAでの出来事ですね。
    ヘリから落下したNeil C. Roberts一等兵曹はDEVGRU隊員で、後に救援部隊が到着した時には既に亡くなっていました(死因は落下ではなく、タリバン兵による処刑)。

    そもそもこの作戦は当初、米軍特殊部隊とアフガン軍の合同部隊が渓谷の洞窟地帯に陣取る敵を狩り出し、歩兵部隊が敵の退路を断って殲滅する…という手順でした。
    しかし、作戦準備を察知した敵が秘密裏に山岳地帯へ移動していたため、いざ作戦を開始してみると、部隊は投入地点のはるか上方から激しい攻撃を受けて撤退を余儀なくされます。

    これによって米軍は戦術を軌道修正し、まずは渓谷全体を見渡せるポイントであるタクルガル山頂を確保するため、DEVGRU隊員6名とCCT(空軍戦闘航空管制官)隊員1名から成るチーム2個の投入を決定。チームはチヌーク2機に分乗して出動しますが、1機目が兵員を降ろし終えるや否や計ったように敵の銃撃が浴びせられ、慌てて撤収。この時に不運にもNeil Roberts一等兵曹がヘリから滑落してしまいます。
    また、ヘリ自体もダメージが大きく、撤収途中でついに不時着してしまい、乗っていた隊員達は僚機に救助されて一度は基地へ帰還しました。
    基地へ戻った彼等はRoberts一等兵曹救出のために装備を整えてヘリに乗り込み再びタクルガル山頂を目指しますが、またもや敵の猛攻に阻まれて撤収を余儀なくされています(なお、この時にCCTのJohn A. Chapman二等軍曹が戦死)。

    その後、最初の事故の一報を受けて現場へ直行していたQRF(即応部隊。レンジャー隊員19名と空軍の特殊戦術隊員3名および戦術航空管制官1名)が同じくヘリ2機に分乗して現場に到着するも、やはり激しい攻撃を受けてレンジャー隊員3名と第160特殊作戦航空連隊の銃手1名が戦死。残った兵員は釘付けにされてしまいます。
    しかし、レンジャー隊員の粘りと空軍要員の的確なCAS(近接航空支援)誘導で、彼等は半日以上敵の猛攻を凌ぎ切り、敵の攻撃が弱まった隙を見て撤収したということです。
    また、この時に付近で隠密偵察活動中だったオーストラリアSASのチームが自分達の任務を放棄して支援に回っており、彼等には後に米軍のブロンズ・スター勲章が授与されています。


    この出来事は、異軍種間(この場合は主に陸軍と空軍)の連携の杜撰さが招いた代表的なケースとして、近年語られることが多いですね。
    作戦を指揮した米陸軍少将が後に米軍の機関紙上で、空軍を批判したりと物議を醸したこともありましたし…(-_-;

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2009年09月21日 01時17分59秒

    icon

    「ブラックホーク」
    こんばんは、Knob Turnerさん。

    >モガディシュ・マイル・ラン
    そんなイベントがあるんですね…知りませんでした(^_^;)。
    まあ、過去の失敗を忘れないという意味合いがあるのかも知れないですね。

    「ブラックホークダウン」は以前、DVDで見ました。
    戦争映画にありがちなメッセージが少なく、説教臭くなかった点が良いです。
    また、レンジャーやデルタフォースがリアルに描かれた数少ない作品だと思います。

    特にデルタフォースをちゃんと取り挙げた作品は少ないですから、貴重ですね。
    まあ、過去には「デルタフォース」という題名の映画がありましたが…バイクから小型ミサイルを発射していたような記憶があります…(^_^;)。
    確か、チャック・ノリスが主演でしたね。

    綿密な情報収集を怠り、詰めの甘い作戦を実行すると、あの映画に出てくる「ブラック・シーの戦い」のような事態に陥るのだと思います。

    ところで、アフガニスタン戦争でも、似たような事態があったみたいですね。

    たしか、SEALS隊員がアフガニスタンの山岳地帯に偵察拠点を築こうとしてヘリで向かったところ、潜伏していたタリバン兵からロケットランチャー(RPG)の攻撃を受け、ホバリング中のヘリから隊員1名が転落、レンジャー部隊がヘリで救助に向いましたが、またもRPGによる攻撃でヘリが撃墜され、その後の戦闘で多数の戦死者を出したそうです。

    この作戦では、SEALSが最初に山岳地帯に向かった際、支援航空機が事前に熱源探知を実施しており「山岳地帯に生命反応は無い」と判断していました。

    しかし、実際にはタリバンが山の内部を掘って要塞化しており、武装した400名の兵士が潜んでいました。
    地下に潜ってしまうと熱源が探知できず、それゆえSEALSに対しては「問題ない、その山に人はいない」という報告がいってしまったようです。

    これは、「ハイテク機器を過信するな」という教訓でしょうかね(-_-)。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:Knob Turnerさん

    2009年09月19日 23時25分58秒

    icon

    「Re:Re:Re:Re:First In」
    こんばんは。

    EUは確かに安全保障面ではアメリカと共同歩調を採ることが多いですが、経済面となればどうでしょう…。アメリカが危惧するのはむしろその辺だと思います。
    また、フランスは同じ旧西側諸国でありながら、ことあるごとにアメリカと対立しています。1990年代後半、米英主導で行った東欧での戦犯狩りも、フランスが足を引っ張ったと言われてます。そのフランスがEU中心国の一つであり続ける以上、アメリカの頭痛の種は消えないでしょうね(苦笑)

    >中国軍将校の話
    かの国の人間が言うとリアリティがあり過ぎてぞっとしませんね…
    しかも、我が国は事が起きれば否応無しにその真っ只中に巻き込まれてしまうので、安閑とはしてられませんね。


    さて、最近は本来の話題とはズレつつあったので、ここらで軌道修正を。

    来月10月2日に第75レンジャー連隊が、モガディシュ・マイル・ランというイベントを開催するそうです。これは、映画「ブラックホークダウン」で有名となったソマリアでの作戦の撤収時、Task Force Rangerのメンバーが国連軍部隊の本拠地であるモガディシュ郊外のパキスタン・スタジアムまで走破した出来事を記念するイベントだそうで、去年から始まって今年で2回目だとか。
    参加者達は第75レンジャー連隊の本拠地であるジョージア州フォートベニング基地周辺およそ3マイルを走り、上位3名には賞が与えられるんだそうです。
    また、Task Force Rangerの車輌部隊指揮官だったDanny McKnight退役大佐(当時は第75レンジャー連隊第3大隊長=中佐)と、チョーク4班長だったMatt Eversmann退役一等軍曹がゲストとして参加するそうです。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2009年09月15日 19時49分42秒

    icon

    「Re:Re:Re:First In」
    「カーブボール」は、非常に良くできたノンフィクション作品です。
    近年のCIAの実態が良く分かりますよ。
    ぜひ御一読を(^_^)。
    少しでも興味がある方でしたら、一気に読めると思います。

    イラク戦争の思惑については…色々な説がありますね。
    軍需産業への配慮とか、父であるジョージ・H・W・ブッシュ大統領が果たせなかったサダム・フセイン打倒のためとか…。
    あと、ラムズフェルド国防長官の場合は、自分が経営している会社にビジネスチャンスを作るためだったとか…(^_^;)。
    まあ、色々な人の思惑があったのでしょう。

    イラク戦争には、EUへの牽制という意味合いも当然、ありました。
    中東地域の石油利権を、EUに独占されないためです。

    ただし「今後、アメリカの敵はEUか?」と言われると…少し違うと思います。
    EUはイラク戦争にこそ反対しましたが、アフガニスタンには軍を派遣し、アメリカ軍に協力しています。
    つまり、利害が一致すれば、緊密に協力できる間柄なのです。

    EUは非常に成熟した民主国家であり、利害関係で一時的にアメリカと対立することはあっても、「アメリカの敵」となるほどではありません。

    以前、この掲示板に記載したこともあるのですが、今後「アメリカの覇権」に挑む可能性がある国は…中国だと思います。

    御存知かと思いますが、現在中国は急速に海軍力の増強を進めています。
    いずれは、太平洋の覇権をかけて、アメリカと衝突するでしょう。

    近年、中国軍の将校が、アメリカ軍の将校に対して「太平洋を、中国とアメリカで二分割しないか」と提案したことがありました。
    アメリカ側は、冗談として受け流したそうですが、中国はおそらく本気でしょう。

    ただし、中国を過剰に脅威と見なす必要はないと思います。
    というのも、現在、中国は様々な国内問題を抱えており、アメリカと衝突する前に、共産党の独裁体制が崩壊する可能性があるからです。

    「三国志」の時代ではありませんが、中国の歴史では巨大王朝が崩壊すると、大抵いくつかの国に分裂しています。
    ですから、共産党の独裁体制が崩壊した場合、中国はいくつかの国に分裂する可能性があります。

    特に、チベットや新疆ウイグル自治区は、独立を宣言する可能性が高いと思います。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:Knob Turnerさん

    2009年09月14日 20時26分34秒

    icon

    「Re:Re:First In」
    現場は総じて優秀だけど、上へ行くほどダメになるってのはCIAに限らず大組織の常というか、もはや宿命なんですかねぇ…
    ホントはそれじゃダメなんですが(苦笑)


    「カーブボール」、知りませんでした!
    興味深いので今度時間ある時にでも探してみますね(^-^)

    イラク戦争開戦当時のCIA長官は確かジョージ・テネットでしたっけ?
    彼は大量破壊兵器の存在についてブッシュ大統領へ「スラムダンクだ(=確実にある)」と言ったそうですが、そもそもその情報自体がウソで、更にそれがウソであるという報告すら彼は受けていなかったわけですね。問題の根は深いなぁ…


    以下、余談。
    アメリカのイラク戦争の思惑については中東情勢介入における発言力強化や石油利権確保がよく言われますが、個人的にはそれらも然ることながら、もっと大局的に見た場合、今後確実にアメリカの障害となるであろうEUへの牽制と防衛線構築という意味合いもあったのかなと考えています。
    ロシアは旧大国としての意地なのか、いまだにアメリカと唯一張り合える存在を気取ろうとしてますが、個人的には既に没落済みだと思ってて、それに代わって台頭する存在としてはEUが最も有力なんじゃないかと。
    アメリカとしては中東地域に安定した政策基盤を確保することで、EUのノド元へナイフを突き付けておきたいんでしょうね(まさに冷戦期のキューバ危機でソ連がやろうとしたように)。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2009年09月14日 18時37分11秒

    icon

    「Re:First In」
    70歳を超えて現役とは…本当に凄いですね。
    「ランボー」を超えています(^_^;)。

    経歴を見ると、まさに、第二次大戦後の特殊部隊の草創期に関わっていた方だと思います。

    こういう方は、きっと、特殊部隊員として国のために働くことが天職なのでしょうね。

    CIAもアフガニスタン戦争の時は、迅速に動いたようですね。
    ただ、CIAの組織の体質には、問題も多いようです。

    Knob Turnerさんは、「カーブボール(ボブ・ドローギン著)」という本を、御存知ですか?

    産経新聞で一時期、紹介された本なので、読まれているかもしれませんね(^_^;)。

    この本は、イラク戦争開戦の口実となった、「移動式生物兵器工場」の情報と、その情報提供者に関わった各国情報機関について取り挙げたものです。

    CIAについても、詳しく書かれています。
    特に、作戦部門と分析部門の確執や、悪い意味での官僚体質が、詳細に書かれています。

    この本を読むと、当時のアメリカ政府は「始めに開戦ありき」で、あとは、きっかけとなる口実が欲しかったのだということが、よく分かります。

    出だしから、この調子だったので、詐欺の前科を持つ情報提供者(^_^;)に、CIAは簡単に騙されてしまいました。
    さらに悪いことに、CIAは、途中から情報提供者が嘘つきだと気がつくのですが、「今さら、長官(CIA長官)に、恥をかかせる訳にはいかない。」と判断して、上に報告する事をやめてしまいます。

    その後、どうなったかは…分かりますよね(^_^;)。

    CIAは優秀なスタッフを数多く抱えているのですから、指揮を取る側の器量が問われる組織なのだと思います。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:Knob Turnerさん

    2009年09月13日 22時30分02秒

    icon

    First In

    こんばんは。

    折角なので、9.11関連での小ネタを。

    同時多発テロの後、一番最初にアフガン入りを果たしたのはどこの部隊か?

    実はCIAの秘密工作チームだったりします。表向きはNALT(北部アフガニスタン連絡チーム)と呼ばれたこのチームは7名(一部情報では8名とも)編成で、“ジョーブレーカー”というコールサインを与えられて、2001年9月26日にヘリでアフガン入りしています。
    ベテランのCIA現場工作員および元米軍特殊部隊員から成るこのチームの目的は、タリバンと対立関係にある北部同盟へ接触し、彼等を懐柔し、後続の米英軍特殊部隊の受け入れ準備をすることでした。
    なお、元米軍特殊部隊員の一人にはあの有名なBilly Waugh(※)も加わっていたというから驚きです。

    なお、当時のラムズフェルド国防長官は軍の特殊部隊がCIAに先を越されたことに大激怒したそうです。CIAを信用せず、軍主導の特殊作戦・秘密工作に傾倒していた彼にとっては相当の屈辱だったみたいですね(-_-;
    軍特殊部隊として最初にアフガン入りしたのはグリンベレー(第5特殊部隊グループ)のODA-555で、彼等はCIAチームから遅れること数週間後の10月19日にアフガン入りを果たしています。


    ※Billy Waugh…退役陸軍上級曹長で、グリンベレーの伝説的人物。ヴェトナム戦争中はMACV-SOGに参加して幾多の秘密作戦に従事し、当時考案されたばかりのHALO降下技術の研究開発にも携わる。1972年に退役後はCIAの契約工作員として世界各地で活動。確か、つい最近まで現役だったはずです。アフガン潜入時には既に70歳を超えていたはずで、その歳でもまだ現役工作員として活動していたとはホントに驚きです(汗)

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 13
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:Knob Turnerさん

    2009年09月13日 13時07分02秒

    icon

    「Re:9.11テロについて」
    自分も朝の臨時ニュースでまさに航空機がビルへ突入する映像を観てました。あまりのことに正直、最初は全く現実味が湧かず1日経ってメディアで引っ切り無しに騒がれるようになり、やっとあれが本当だったんだと思えましたが…

    テロ根絶には軍事・外交面双方での努力が必要、とのご意見には大いに賛成するところです。どちらか一方が欠けても達成できませんよね。
    こういった活動は現場レベルでは既に始められており、いわゆる“ドア・キッカーズ”(デルタやSEALなど)と呼ばれる連中がテロリストの直接排除を行う一方、民事・心理作戦部隊が参加する地方インフラ再構築チームが現地住民への民生支援を実施しています。
    ホント、一刻も早くこういった活動が実を結ぶことを願ってやみません。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2009年09月12日 20時52分25秒

    icon

    「9.11テロについて」
    9.11テロから、もう8年が過ぎましたか…。

    8年前のあの日、私は仕事帰りの車の中で、何気なくラジオをつけました。
    確かNHKだったと思いますが、臨時ニュースを放送しており、

    世界貿易センタービルと国防総省に、ハイジャックされた航空機が墜落したこと
    他にもハイジャックされた航空機があり、アメリカ上空を飛行していると思われること
    ブッシュ大統領の所在が不明であること

    などを報じていました。
    最初に聞いたときは、あまりにも現実感が無かったため、何かの冗談かと思いました。
    また、このテロの後、世界情勢が一変するだろうと…当時は、そんな事を考えていました。

    今だに、アフガニスタンの国境地帯では、タリバンの残党と、おそらくアルカイダも活動を続けています。

    もちろん、今後も軍事力による掃討作戦は必要ですが、アルカイダなどのテロ組織が活動を継続できるのは、資金や人材を提供する支持者がいるからです。
    テロ組織を弱体化させるには、テロ組織が世間から「支持されない環境」を作り、組織を孤立化させなくてはなりません。

    具体的には、国際テロ組織の拠点となっているのは、経済的に貧しい国が多いですから、そういった国を経済的に発展(自立)させることです。

    また一方で、テロの対象となる大国は、自国の国益を追及しすぎて、恨みを買っていることが多いですから、外交面での努力(協調政策)も必要です。
    そうしなければ、たとえビンラディンを捕らえ、アルカイダを壊滅したとしても、新しいリーダーとテロ組織が発生するだけだと思います。

    9.11テロでは、日本人の方々も亡くなられています。
    同様のテロを二度と発生させないようにすることが、各国政府機関の責務であると思います。

    ちょっと、硬い話になってしまいました。申し訳ありません(^_^;)。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

もっと見る icon