新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

特殊部隊同好会

特殊部隊同好会>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:H-2さん

    2016年08月31日 22時49分05秒

    icon

    和歌山県で発生した、立てこもり事件について。

    こんにちは。
    最近は暑さも少し収まり、過ごしやすくなりましたね。
    皆様、いかがお過ごしでしょうか(^_^)。
    今回は、和歌山県で発生した拳銃使用の殺傷、立てこもり事件について、個人的な感想を記載します。
    文章にまとまりが無い点もあるかと思いますが、御容赦下さい(^_^;)。

    まず事件の概要を記載します。
    29日に和歌山市内の建設会社で従業員4人が拳銃で撃たれ、1名が死亡し、犯人は逃走しました。
    30日の午後3時ころ、犯人が県内のホテルに潜伏しているとの情報があり、和歌山県警のSITと大阪府警のMAATが合同で突入しましたが、犯人は不在でした。
    その後30日午後10時ころ、犯人の目撃情報を受けて検索中であった和歌山県警の警察官が犯人を発見しますが、犯人はパトカーに向けて4発を発砲、パトカーのガラスが割れるなどの被害が出るなかで、一時犯人を見失います。
    その後、警察は殺傷事件の犯行現場である建設会社の付近で再び犯人を発見し、周辺を包囲して、犯人に対して説得を行いました。
    事件は膠着状態となり、翌31日の午前6時ころ、犯人が地面に向けて拳銃1発を発砲し、さらに午前7時にも1発発砲しました。
    その後、午後6時ころになって犯人が拳銃で自分の腹を撃ったことから、警察は銃刀法違反の現行犯として犯人を逮捕しました。

    今回の事件では、比較的早い段階で大阪府警察のMAATが出動したと思います。
    警視庁のSITと大阪府警のMAATの捜査員の一部は、警察庁刑事局と兼任し、タスクフォースとして地元警察の支援のために全国に展開することが可能です。
    今回は、和歌山県警のSITと良く連携が取れているようでしたので、日頃から合同訓練を定期的に行っているのではないかと思います。
    装備に関しては、大阪府警のMAATが使用していた車輪付きの防弾盾が気になりました。
    この防弾盾は折り畳み式の防弾版が屋根のように開閉し、上方向からの銃撃にも対応が可能です。
    昨年パリで発生したテロ事件を受けて、日本政府は特別予算で警察の防弾装備を強化していますから、この防弾盾はその時の予算で導入されたものではないかと推測されます。
    防弾盾は厚みがあり、車輪で移動させるほどの重量ですから、自動小銃の銃弾にも対応している強度だと思います。
    またMAATが使用していた防弾着は、2007年に愛知県の長久手町の人質立てこもり事件で使用していたものから更新されています。

    次に事件での警察の対応について、個人的な感想を記載します。
    まず、最初に犯人を発見した時点で、犯人を逮捕できれば良かったと思います。
    警察官は犯人に4発も拳銃を撃たれているのですから、この時に拳銃を使用するべきだったと思います。
    結果論ですが、犯人の足に当てていれば、逃走を阻止することができたかも知れません。
    一時的とは言え、拳銃を発砲した犯人を見失い、付近住民を危険にさらしてしまった点は検証されるべきでしょう。

    また、立てこもりが発生してからの警察の対応は、特に問題は無かったと思います。
    和歌山県警は付近の住民の避難や、逃げ遅れて人質となっていた住民の救出には成功しています。
    その後は、犯人の体力と集中力が尽きるまで、投降を促しながら、包囲、持久戦を行っており、最良の方法だと思います。
    人質がいない状況であれば、警察官が犯人を撃つ理由がありません。
    今回の立てこもりで、警察官が犯人を撃つ状況があるとすれば、警察の包囲を突破するために、執拗に警察官に向かって銃を撃った場合でしょう。
    今回の立てこもりでは、包囲中に犯人が地面に向けて拳銃を2発撃ったようですが、警察官が犯人に向けて撃つほどの状況ではありません。

    また、銃の引き金を引く犯人の動きを瞬時に止めて、自殺を防止するような便利な道具は、残念ながら開発されていません。
    非致死性兵器というものは開発されていますが、いずれも長所と短所があり、刃物所持の犯人には有効であっても、銃器使用の犯人には適さない場合が多いです。
    さらに犯人は、付近の住民に銃を乱射しているという訳でもありませんから、警察が犯人の投降を促し、逮捕を目指したのは適切だと言えます。
    また犯人を射殺してしまえば、殺傷事件の取り調べが不可能となり、事件の真相が解明できません。
    犯人が腹を撃ったことにより、搬送先の病院で死亡したことは残念ですが、警察があのような対応になるのはやむを得なかった思います。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 4
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2016年08月31日 22時47分27秒

    icon

    MAATと言います。
    「マーシャルアーツ、アタック、チーム」の略称です。
    和歌山の事件に関しては別に項目を作ったので、参照として下さい。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:警察系特殊部隊オタクさん

    2016年08月31日 21時44分35秒

    icon

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 1
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2016年08月30日 20時19分33秒

    icon

    警察系特殊部隊オタクさんへの回答について(複数回答)。

    こんにちは。

    > http://archive.is/http://www7b.biglobe.ne.jp/~seals/D-JPN-SST.htmにSSTのことが詳細に解説されています。これに記載されている内容は概ね事実でしょうか?

    掲載して頂いたアドレスは「TAKE DOWN」という特殊部隊サイトのデーターベースです。
    十数年前に作成されたデーターベースを保存したものです。
    掲載された内容は、新聞記事の引用に関しては事実ですが、出所が不明な情報もあります。
    SSTの部隊編成に関する箇所も、出所が不明の情報です。
    仮にこの情報が事実であったとしても、ネット上に既に公開されており、十数年前の情報であることから、現在のSSTの編成は大きく変わっている可能性があります。

    >その中で第3特殊警備隊⇒制圧(狙撃、遠距離支援)と書かれていました。が、遠距離支援って何ですか?

    狙撃とスコープを使用した偵察の事だと思いますが、この情報自体の確認がとれません。

    >また、次のようにも書かれています。10ヶ月間、武器の取り扱い、ヘリからの降下訓練、格闘技等を徹底的に叩き込まれると書かれていました。武器の取り扱いとは何を指すんでしょうか?また、格闘技はどんなことをやっているんでしょうか?柔剣道や逮捕術かなんかですか?
    10ヶ月も徹底指導を受けるようですので、かなりしごかれるんでしょう。

    確認が取れていない情報なので、データーベースの記載内容が仮に事実だったとして、個人的な推測を記載します。
    武器に関しては、一般的には拳銃、機関拳銃、自動小銃、狙撃銃などを指すのではないかと思います。
    格闘技は任務に合わせて、独自に開発したものではないかと推測されます。
    また、新隊員の指導といっても、射撃や格闘の訓練だけをやる訳ではありません。
    私が大まかに想像した訓練を挙げると、基礎体力訓練、ロープ降下訓練、潜水訓練、突入のための破壊訓練、偵察機器の設置や取り扱い、法律に照らし合わせた銃の使用判断訓練などです。
    このように多種多様な技術を習得し、身体能力も鍛え上げるのですから、10ヶ月位はかかるのではないか思います。

    なお余談ですが、海上自衛隊の特殊部隊「SBU」の隊員になるために必要な「特別警備課程」という教育の期間は2年間だそうです。

    >この動画のPSIのシーンで、突入時にSST隊員が何らかの英語を叫びながらダイナミックエントリーしていましたが、SST隊員って英語を話すことができるんですね。

    テロリストが日本語を話せるという保証はありません。
    以前にも記載しましたが、海上保安官は船長に指示を出して船を移動させることもあるため、任務で必要な会話や、指示はできるのではないかと思います。
    また任務の性質上、中国語や韓国語、朝鮮語、ロシア語の会話能力も必要だと思います。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 4
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:警察系特殊部隊オタクさん

    2016年08月29日 22時21分47秒

    icon

    この動画のPSIのシーンで、突入時にSST隊員が何らかの英語を叫びながらダイナミックエントリーしていましたが、SST隊員って英語を話すことができるんですね。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:警察系特殊部隊オタクさん

    2016年08月29日 20時36分01秒

    icon

    また、次のようにも書かれています。10ヶ月間、武器の取り扱い、ヘリからの降下訓練、格闘技等を徹底的に叩き込まれると書かれていました。武器の取り扱いとは何を指すんでしょうか?また、格闘技はどんなことをやっているんでしょうか?柔剣道や逮捕術かなんかですか?

    10ヶ月も徹底指導を受けるようですので、かなりしごかれるんでしょう。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:警察系特殊部隊オタクさん

    2016年08月29日 20時04分13秒

    icon

    http://archive.is/http://www7b.biglobe.ne.jp/~seals/D-JPN-SST.htmにSSTのことが詳細に解説されています。これに記載されている内容は概ね事実でしょうか?

    その中で第3特殊警備隊⇒制圧(狙撃、遠距離支援)と書かれていました。が、遠距離支援って何ですか?

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 1
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2016年08月29日 06時23分08秒

    icon

    隊員の動きはよく訓練されており、練度は高いと思います。
    確か、この訓練映像は、海上保安庁が公開したものだったと思います。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:警察系特殊部隊オタクさん

    2016年08月28日 22時23分40秒

    icon

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 2
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2016年08月28日 21時33分25秒

    icon

    犯人役の海上保安官の手首あたりに、結束紐の端が出ているように見えます。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

もっと見る icon