新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

特殊部隊同好会

特殊部隊同好会>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:H-2さん

    2008年04月17日 15時51分47秒

    icon

    中国の特殊部隊について(香港警察)

    今回は香港警察の特殊部隊について取り挙げます。

    以前、このサークルのメンバーである「特殊部隊パパラッチ」さんに記載していただきましたが(^_^)、今回はその補足的な内容になります。

    皆様ご存知のように、香港はイギリスの植民地でしたが、1997年に中国に返還されました。

    中国は香港返還後も、「一国二制度」の政策を採っています。
    そのため香港警察は現在でも、中国の他の警察組織とは性質が異なり、旧宗主国であったイギリスの影響が強い組織です。

    それでは、香港警察の特殊部隊について書き込みます。


    SDU

    SDUは「Special Duties Unit」の略称で、凶悪犯罪、テロ、ハイジャック事件の対処を主な任務としています。
    中国語では、「特別任務連」と呼ばれています。

    また「飛虎隊」(フェイフィータイ)という別名でも呼ばれています。
    この別名は、香港映画の劇中で、香港警察の特殊部隊が「飛虎隊」と呼ばれていたため、これがきっかけとなり、定着したそうです。

    SDUは1974年に、10名で発足しました。
    1978年に、イギリス陸軍の特殊部隊「SAS」が香港に立ち寄り、この際にSDUはSASから、初めて技術指導を受けました。
    以後、イギリス海軍の特殊部隊「SBS」からも指導を受け、体制や装備を強化し、現在に至っています。

    現在、部隊の総員は約100名で、全隊は3組に分かれており、隊員の平均年齡は27歳です。

    以下に、SDUの階級構成を記載します(2003年の、中国掲示板からの情報に基づいています)。

    なお、左側は香港警察の階級で、括弧の中は日本警察の階級に(かなり強引に)置き換えています(^_^;)。

    高級警司(警視正に相当。隊長)…1名

    総督察(日本警察には存在しない階級です。上級警部?)…6名

    督察(警部) …5名

    警署警長(上級巡査部長?もしくは警部補に相当)…4名

    警長(巡査部長)…20名

    警員(巡査)…60名

    また、装備は以下のとおりです(ウィキペディアを参考にしています)。

    拳銃
    グロック17

    サブマシンガン
    H&K社製 MP5シリーズ

    自動小銃
    コルト社製 AR15, M16, M4
    H&K社製 G36

    狙撃用ライフル
    H&K社製 PSG-1
    ナイツ社製 SR-25
    アキュラシーインターナショナル社製 L96A1

    散弾銃
    レミントン社製 M870

    この他にも、装甲車やヘリコプター、潜水用機材などを装備しています。

    SDUは香港を管轄することから、香港映画によって頻繁に取り挙げられます。
    これは、ハリウッド映画に、ロス市警の「SWAT」役がよく登場するのと同じです。

    また、SDU自体も広報活動を積極的に行っており、SDUを除隊した隊員が、映画の製作に協力することもあります。
    これもハリウッドと、SWAT(OB隊員)の関係によく似ています。

    SDUとSWATは、言うなれば「映画の街の特殊部隊」ですので、広報活動を積極的に行って、映画に取り挙げられることにより、知名度が向上し、市民からの支持を得られるという利点があるようです。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 1

    icon拍手者リスト

    7仔

  • from:H-2さん

    2008年04月14日 17時13分42秒

    icon

    中国の特殊部隊について(公安部)

    「中国公安部」は、日本の警察に相当する組織です。
    今回は、公安部に所属する特殊部隊について記載します。


    特殊警察総隊

    特殊警察総隊は凶悪犯罪対策、暴動鎮圧、テロ対策を主な任務とする組織で、通称「特警」と呼ばれています。
    中国全土156のエリアに編制、配置されており、部隊の総人数は20万人と言われています。

    組織の規模が大きいため、特殊警察総隊ごとに、所属するエリア(地区)を頭につけて呼称し、区別しているようです。
    例えば、北京市に所在する特殊警察総隊は「北京特殊警察総隊」と呼ばれています。

    特殊警察総隊は、北京オリンピックの開催が決まった2001年から、編成準備が行われ、2006年あたりから、中国各地で相次いで編成されています。
    また北京市、上海市、天津市、瀋陽市に所在する特殊警察総隊は、報道機関に訓練を公開しています。

    特殊警察総隊は2003年から、数百名の隊員を数回に分けて英国、ドイツ、オーストラリア、カナダなどに訓練のため派遣しています。
    また、フランス軍警察の特殊部隊「GIGN」や、ドイツ連邦警察局の特殊部隊「GSG9」から、テロ対策の技術指導を受けています。
    特にGIGNは、2007年に北京を訪れ、北京特殊警察総隊に指導を行っています。

    北京特殊警察総隊は、2006年に編成され、編成時、隊員数は約800人でしたが、現在はさらに増員されていると思われます。
    また報道によると、隊員の平均年齢は26歳だそうです。

    なお特殊警察総隊は、いくつかの部隊に分かれており、「総隊」とは、その総称であるようです。

    以下、現在判明している部隊を挙げます(以下に挙げるのは、北京の特殊警察総隊です)。


    交通機動部隊
    日本警察の「交通機動隊」を意識したのか、水色の制服と白色のヘルメットを着用しています。
    おそらく、バイクに乗車して、北京オリンピック(マラソンなど)の際、交通整理を担当すると思われます。

    暴動鎮圧機動部隊
    暴動鎮圧を担当。盾とヘルメットを装備した、いわゆる「機動隊」です。

    介入機動部隊
    SWATチームです。GIGNや、GSG9から指導を受けているのは主に、この部隊と思われます。

    水中機動部隊
    ダイバー部隊です。水中における爆発物の捜索や、水中からの突入を担当すると思われます。

    空中機動部隊
    この部隊も、詳細は不明です(^_^;)。
    おそらく、ヘリコプターからの狙撃や、リペリング降下による展開、突入を主要任務とする部隊だと思われます。

    女子特殊警察部隊
    女性だけで編成された部隊。
    北京オリンピックの際は、女性要人(政府関係者、スポーツ選手等)の警護を担当すると思われます。
    また中国の報道によれば、この部隊に入隊すると、「パトカーの運転、射撃、高所の登攀、発破、障害物などの解体、爆弾の解体」などの訓練を受けるそうです。


    なお、余談になりますが、以前掲示板に書き込んだ「人民武装警察」にも、女性だけで編成された特殊部隊が存在します。

    これは「女子偵察隊」と呼ばれており、「情報偵察、テロ事件での突入、重要な警備業務など」を任務としているそうです。
    隊員は、過去に武術、射撃などの技能を習得した人が大半を占めるといわれています。

    また、訓練も報道機関に公開されており、赤いベレー帽を被った隊員(当然女性)が、手刀でレンガを叩き割っていました…(^_^;)。
    中国だけでなく、韓国の特殊部隊も、この手のパフォーマンスが好きなようで、時々演武(?)を公開しています。

    話を戻します(^_^;)。

    特殊警察総隊は、様々な武器を装備しているようですが、訓練映像で確認できたものは、以下のとおりです。


    56式自動歩槍
    兵器メーカー「中国北方工業公司(ノリンコ)」製で、ロシアの自動小銃「AK47」をコピーした物です。銃床(ストック)は、折りたたみ式になっています。

    79式軽サブマシンガン
    同じく、ノリンコ製です。
    銃床は折りたたみ式で、ダットサイト(照準器)が装着されています。
    この銃は7.62ミリ、トカレフ弾を使用するサブマシンガンです。

    拳銃
    形状から、グロック社製と思われる拳銃を、上海特殊警察総隊の隊員が装備していました。

    また装甲車(12.7ミリ機関銃装着)や、隊員輸送用のバスなどを装備しています。


    特殊警察総隊は、日本の警察で言えば機動隊、SAT、交通機動隊に相当する部隊です。
    ただし、規模は日本と桁違いです。
    正確な比較はできませんが、日本の上記部隊と比較しても、十数倍の規模になると推定されます。
    まあ、中国は人口13億人ですから、部隊の規模が大きくなるのは、やむを得ないのかも知れません。

    特殊警察総隊は、創設の経緯からも分かるように、「北京オリンピックのために創設された」という側面を持っています。
    ですから、北京オリンピックの開催期間中は、中国の至る所で、特警隊員の姿を見ることになると思います。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2008年04月10日 18時00分53秒

    icon

    「Re:Re:ようこそ(^_^) 」
    私も、中国のバブル経済は、そう長くは持たないと思います。
    現在の中国では、土地や漢方薬など、あらゆる物が投資の対象となっていますが、そのうちバブルが崩壊し、価格が急落するでしょう。
    一部報道によると、バブル崩壊の兆しは、もう現れているようです。
    まあ、日本ですら、バブル崩壊後は、社会が相当混乱しましたから、中国での混乱は、かなりのものになるでしょうね(^_^;)。

    中国共産党の独裁体制も、いつかは終わるでしょう。
    私は共産党政権が崩壊したら、中国は、いくつかの国に分裂すると思います。
    かつてのソ連が分裂したように…。
    あるいは、人民解放軍の各軍団が勝手に軍閥を形成して、地方を支配するかもしれません。
    清王朝の末期に、中国は、そのような状態になりました。

    「マスターキートン」と、「パイナップルアーミー」は私も読みました。あの作品は面白いですよね(^_^)。
    そう言えば、「マスターキートン」の主人公は、元SAS隊員(教官)、という設定ではなかったですか?
    今にして思えば、あの主人公、実はイギリス国籍だったのかな…。
    日本国籍でSASに入るのは無理でしょうからね(^_^;)。

    SDUに関しては、創設からの歴史も長く、体制の整った、練度の高い部隊だと思っています。

    あと、中国関連で余談になりますが、本日の産経新聞によると、聖火リレーを警護しているジャージを着た中国人の一団は、武装警察から選抜された「エリート部隊」だそうです。
    選手に併走して、聖火の持ち方まで、指示(命令?)しているようです(-_-;)。
    聖火リレーは日本にも、今月の25日に来ます。

    SITとSATの一本化に関しては、私は、少し意見が異なります。

    以前、この掲示板にも記載したのですが、私は、SATを「警察庁警備局」の直轄組織にして、対テロ部隊としての機能を強化するべきだと思っています。

    現在のSATは、日本に「国家警察」が無いため、形式上、都道府県警察に所属していますが、実質的には国家機関である警察庁警備局の指揮下にあります。
    ですが、実際にSATを出動させる際には、指揮系統が複雑になるので、これを簡略化して、警察庁警備局の直轄とした方が良い、と考えています。
    また警察庁の直轄とすることで、全国の警察官から幅広く人材を集めることができる、という利点もあります。

    ただし、これを実現するためには、現在の警察法を、議会の承認を得て、改正しなければなりません。

    またSITは、「都道府県警察のSWATチーム」として、凶悪犯罪への対処を主要任務とし、装備を充実させるべきだと思います。

    ただ、小さな県警に充実したSWATチームを創設するのは無理がありますから、「管区警察局」に常設のチームを創設してはどうか、と以前掲示板に記載しました。
    また、2018年あたりに「道州制」が実施される「予定」ですから、そうなれば、いくつかの県警が合併し、大規模な「州警察」が誕生します。
    県警察の規模が大きくなれば、現在の警視庁SITに近い体制で、部隊を創設することも可能でしょう。

    私の意見をまとめると、以下のような形です。

    警察庁…SAT(主要任務、テロ対策)
    自治体警察…SIT、MAAT等(主要任務、凶悪犯罪対処)

    これに、あえてアメリカの体制を比較すると、

    連邦捜査局(FBI)…HRT(主要任務、テロ対策)
    自治体警察(ロス市警、ニューヨーク市警等)…SWAT、ESU(主要任務、凶悪犯罪対処等)

    となります。

    まあ、警察庁と連邦捜査局は、全然違う組織ですが(^_^;)、要するに、「国家治安機関系の対テロ部隊」と、「自治体警察の凶悪犯罪対処班」を創設し、双方を充実させるべきであると思います。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:特殊部隊パパラッチさん

    2008年04月08日 12時44分40秒

    icon

    「Re:ようこそ(^_^)」
    そうなんですよね。。。

    中国は経済、軍事共に今後はアメリカを脅かす存在になるでしょうね。
    日本にしても経済面で言うなら、あらゆる分野で中国依存が始まっていますよね。
    最近話題の冷凍餃子問題でもお判りのように、近所のスーパー等で食品を購入して裏側の生産国を見ると、大抵は中国ですし、衣服等も同様ですよね。
    アメリカの本心は、軍事的脅威になる国は潰しておきたいでしょうが、中国と戦争したら、アメリカも経済的に大打撃を喰らいますからね。

    唯、自分は中国の経済成長は北京オリンピック前後がピークだと思っています。
    やはり共産主義下での経済発展には、限界があるでしょうしね。
    寧ろインドやブラジルの方が今後の経済成長が大いに見込めるのではないでしょうか?


    「ムーンライトマイル」は未読です。
    すみません(汗‘
    浦澤直樹の「マスターキートン」や「パイナップルアーミー」は読みましたが、結構面白かったです。


    SDUですが、日本のSATやドイツのGSG9とは違い、政治的なテロ事件は勿論、通常の犯罪にも出動するので、かなりの出動経験を持っていますよね。
    自分自身の考えとしては、日本の警察もSATに一本化するべきではないだろうか、と思っています。
    現在SATは、SITとの棲み分けがなされていますが、SITを交渉や支援に限定させて、突入等の任務をSATに一元化するべきではないでしょうか?

    あくまでも素人である自分の考えですが。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2008年04月07日 14時59分48秒

    icon

    「ようこそ(^_^)」
    ようこそ、特殊部隊パパラッチさん(^_^) 

    投稿、ありがとうございます。

    他のメンバーの方にも、ご紹介します。よろしくお願いします。


    特殊部隊パパラッチさんの言われるように、香港警察のSDUは大変有名な特殊部隊です。
    画像に写っているのは、SDUの隊員ですね。
    潜水部隊の画像は初めて見ました。M4?カービンを装備していますね。
    珍しい写真だと思います。

    香港の中国返還後、SASやSBSの戦術は、SDUを通じて、中国の人民開放軍や武装警察に流出したと思われます。
    また、中国は特殊部隊だけでなく、通常兵器の分野でも、先進国の軍事技術を急速に導入しており、軍のハイテク化が進んでいます。

    ところで、特殊部隊パパラッチさんは、「ムーンライトマイル」(小学館 太田垣康男)という漫画をご存知ですか?
    主なストーリーは、月の資源獲得のために、アメリカと中国が宇宙で争う話で、アニメ化もされています。

    この漫画の中で、アメリカ軍の関係者は当初、中国を完全に侮っていますが、中国の宇宙兵器開発技術が自国に匹敵することを知り、驚愕するシーンがあります。

    まあ、さすがに宇宙開発の時代まで、中国共産党が独裁体制を維持しているかは疑問です(^_^;)。

    ですが近い将来、「月の覇権」はともかく「太平洋の覇権」をかけて、アメリカと中国が争うことは、あるかも知れません。

    実際、アメリカ軍は「対中国」を想定して、軍の再編成を進めているようです(-_-;)。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:特殊部隊パパラッチさん

    2008年04月06日 09時42分28秒

    icon

    「Re:中国の特殊部隊について(人民武装警察)」
    はじめまして!
    特殊部隊パパラッチと申します。
    今後とも宜しくお願いします。


    中国の特殊部隊と聞くと、やはりロシアやキューバや北朝鮮同様に共産圏の特殊部隊というイメージがあり、装備等も旧式のものっていう感じがしますが、北京オリンピックを控え、新たに部隊創設したり、西側諸国同様の装備を揃え始めたりしているようですね。
    内外にも訓練展示をしてアピールしていますしね。

    その中でも最近までイギリスの統治下にあった香港の警察特殊部隊SDUは、アジアの警察系特殊部隊の中では、韓国のKNP-SWATと並んでトップクラスの実力を兼ね備えていますよね。
    74年の創設時にはSASから直接指導を受け、中国に返還されるまで交流がありましたし、当時は香港には軍事組織が無かったので、軍事的任務も兼ね備えていたと言われていますし、かなりの実力を兼ね備えていた事が覗えます。
    SDU内には対海洋テロ部隊として、水鬼隊という分隊もあったようで、この部隊は日本の海上自衛隊SBU同様にSBSから潜水や船内CQBテクニックを徹底的に叩き込まれていたそうです。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 2

    icon拍手者リスト

    7仔 H-2

  • from:H-2さん

    2008年04月04日 18時23分41秒

    icon

    中国の特殊部隊について(人民武装警察)

    今回は、人民武装警察の特殊部隊について書き込みます。

    「人民武装警察」という組織自体、あまり聞き覚えのない方も多いと思いますので、まずこの組織について記載します。

    人民武装警察は、中国国内の治安維持を担当する準軍事組織です。
    通称「武警」と呼ばれています。

    1983年に人民解放軍から分離しており、建前上は治安組織ですが、実質的に軍との繋がりが強い組織です。

    主要任務は、政府重要施設の警備や、暴動鎮圧、災害対策などで、これを担当する部隊を「内衛部隊」と呼んでいます。

    ですが、これ以外にも国境警備、沿岸警備、森林保護、道路建設、水力発電所の建設、さらには金山の採掘(!)まで担当しており、「警察や役所で手が回らないことは、全部やっている」感じがします。

    所属する人数も膨大で、正確な数は分かりませんが、一説には150万人、と言われています。
    また、制服は緑色なので、見た目には人民解放軍とあまり区別がつきません。

    人民武装警察は、天安門事件の際、民主化を要求したグループを鎮圧し、死傷者を出しています。
    また最近では、チベット自治区でも、僧侶や一般住民を鎮圧し、死傷者を出しています。
    中国国内はともかく、国際的には厳しい批判を受けている組織です。

    それでは、前置きが少し長くなりましたが、人民武装警察の特殊部隊について記載します。


    雪狼突撃隊

    雪狼突撃隊は、人民武装警察の対テロ特殊部隊です。
    隊員の総数は約300名で、隊員の平均年齢は22歳とされています。

    2006年に北京警察学院の演習場で、「北京特警総隊」と共に、北京オリンピックに向けたテロ対策合同訓練を実施しました。

    特警総隊については次回、詳しく記載しますが、要するに中国警察のSWATチームです。

    雪狼突撃隊の英語での部隊名称は「スノーウルフ コマンド」です。

    「隊員の平均年齢22歳」というのは、公式の発表なのですが、随分若い感じがします。
    おそらく軍隊でいえば、空挺部隊や、レンジャー部隊のような位置づけなのかも知れません。

    より上位の部隊に行くための、「登竜門」的な存在とも推測されます。


    雪豹突撃隊

    この部隊は、2002年12月に設立されました。
    人民武装警察の北京総隊特勤分隊に所属しており、隊員の総数は約400名です。

    前述した雪狼突撃隊と同様に、対テロ特殊部隊です。

    雪豹突撃隊は、2007年、ロシアにおいて、同国の「内務省系特殊部隊」と共に、テロ対策の合同演習を実施しています。

    英語での部隊名称は確認できませんでしたが、「スノーレパード コマンド」であると思われます。

    この部隊も、詳細はよく分からないのですが、中国を代表してロシアに派遣されたことから推測すると、部隊の平均年齢は雪狼突撃隊より高く、ベテランを揃えているのかも知れません。

    雪豹突撃隊と雪狼突撃隊は、訓練の際、専用のアサルトスーツ(突入服)を着用しています。
    また武器は
            「95式自動歩槍」
            ドイツH&K社製「G36C」(自動式カービン銃)
    等を使用しています。

    なお、中国において「テロリスト」とは
            民主化要求グループ
            独立を要求する少数民族(チベット、ウイグル等)
            政府の意向に従わない宗教団体(「法輪功」等)
    等を指します。

    よって、これら「テロリスト」を鎮圧する対テロ部隊は、国際社会から厳しい批判を受ける宿命にあります。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 4
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2008年04月01日 15時30分15秒

    icon

    中国の特殊部隊について(人民解放軍)

    これから、何回かに分けて、中国の特殊部隊について記載したいと思います。
    今回は、人民解放軍の特殊部隊を取り上げます。

    共産国ゆえに、拒否感を感じる方もいるかもしれませんが、周辺国の特殊部隊を客観的に知ることは意義があると思いますので、記載します。


    人民解放軍緊急即応部隊(第15空挺軍団)

    第15空挺軍団は人民解放軍(陸軍)に所属する緊急展開部隊です。
    有事発生の際は、中国国内のあらゆる地域に、24時間以内に展開が可能と言われています。

    運用や戦術は米国陸軍のグリーンベレーに近く、GPSシステムや、最新の指揮通信統制システムなど、人民解放軍の新装備が優先的に配備されています。

    武器は、95式自動歩槍(ブルパップ方式の自動カービン銃)等が配備されています。
    また、欧米諸国製の武器も所有していると言われています。

    軍団の総員は約5万人で、いくつかの師団に分かれています。
    また将校は全て士官学校の出身者で構成され、全隊員の約60%以上が大学卒業資格を有すると言われています。

    中国の特殊部隊は、欧米や日本の基準と比較して、部隊の規模が桁外れに大きいのが特徴です。これは総人口13億人、という中国の規模もさることながら、特殊部隊自体が、多数の支援部隊を組織内に抱えているからです。

    第15空挺軍団は2006年に行われた、中国とパキスタンの合同軍事演習の際、報道陣に姿を表しました。
    また最近では、北京オリンピックに向けたテロ対策訓練を公開しています。

    人民解放軍の特殊部隊は、他にも多数存在すると言われていますが、現在、報道機関に公開されているのは、この部隊だけです。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2008年04月01日 15時18分24秒

    icon

    「Re:Re:そう言えば…」
    マンボーさん、ありがとうございます(^_^)。

    中国の特殊部隊については、今後、数回に分けて書き込みたいと思います。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト