新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

特殊部隊同好会

特殊部隊同好会>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:H-2さん

    2010年04月29日 09時34分22秒

    icon

    「Re:Special Operations Weather Technicians (SOWT)」
    こんにちは。

    「ウェザーマン」は、今月のコンバットマガジンに掲載されていましたね。

    気候の情報は軍の活動に不可欠ですから、「知る人ぞ知る」精鋭部隊だと思います。

    > 他部隊と協力する関係もあることから、この隊員たちも基本降下やフリーフォールは必須となっており、隊員の中にはスクーバ過程に行く者もいます。

    密かに敵地に潜入することが多いのでしょうか?
    また部隊のシンボルがどのようなものになるのか興味深いですね(^_^)。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2010年04月29日 09時23分49秒

    icon

    「Re:Re:Re:Re:Re:ニュース 」
    予備役士長さん、こんにちは(^_^)。

    「予備役士長」さんと「予備役士長-2」さんは、同じ方でよろしいでしょうか(^_^;)?

    > 要訣は「地域の習慣を侵害せずに、一般的な教養と道徳心にのみ訴える教育」にあるようです。

    おっしゃるとおりだと思います。
    地域の伝統や文化、宗教を侵害しないことが大切ですね。

    また、日本の占領統治を例に挙げて「イラクでも上手くいくだろう」という主張は、当時のラムズフェルド国防長官などが提唱していましたね。
    イラク占領後に多数の死傷者が出たことから、民心の獲得には失敗したと思います。

    > アメリカ軍は民事大隊や心理戦部隊などを持っているのですが、政策が空回りしているためうまく機能していないのが現状です。

    素人の発想ですが、アフガニスタンでは、イスラム教を信仰する米軍兵士を積極的に活用した方が良いのではないでしょうか?少なくとも異教徒とは見なされませんし、現地の人も親近感を持つと思うのですが…。
    米軍は従軍牧師がいる位ですから、やはりイスラム教を信仰している兵士は少ないのでしょうか。

    あと、「ホース・ソルジャー」は未読です。探して、読んでみます(^_^)。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:予備役士長 - 2さん

    2010年04月28日 00時24分01秒

    icon

    Special Operations Weather Technicians (SOWT)


    今月のコンバットマガジンは自分の大好きなSOWTの隊員が出てましたが、悲しいくらいいい加減な部隊の紹介になっていたので、ちょいとここに簡単な部隊解説を書いておきたいと思います。

    正式部隊名は

    [10th Combat Weather Squadron](第10戦闘気象中隊)

    で、本隊はAFSOC本部のあるフロリダ州タンパ・ハールバード基地にありますが、各SFGやレンジャーなどに派遣されているため、各駐屯地にDET(分遣隊)として派遣されています。なお、沖縄とイギリスのミドルホールデン基地の派遣部隊はOLと呼称されています。
    他のSTSなどと同じ720thSTGの隷下に入っています。
    他に州兵部隊の123rdSTS、125thSTSの中にいる隊員や各作戦支援ユニットの各部隊があったりします。この中で125thSTSは最近のヘビーローテーションから新設された部隊で、隊長はなんと「強襲部隊」で活躍したタスクフォースレンジャーのCCT隊員ダン・シリングだったりします。
    今回の記事の部隊はフォートブラッグから派遣されているようなので、DET-5の部隊と思われます。

    確かに文中にあるように必要な場合はODA,SEALなどに付随したり、必要ならばSOWTのみで現地に入り気象・気流観測、土壌サンプル回収などを行います。
    他部隊と協力する関係もあることから、この隊員たちも基本降下やフリーフォールは必須となっており、隊員の中にはスクーバ過程に行く者もいます。

    記事中に陸軍から空軍部隊のセレクション受けるといった話が出てきていますが、ない話ではなく、スペシャルフォースメディックや
    SEALの隊員がパラレスキューに転属した例があります。
    ただ、元スペシャルフォースのSOWT隊員の話はあまり聞きません。

    なお、以前は隊員を「コンバットウェザーマン」という言い方をしていましたが、前線配備される気象中隊の隊員をすべてこの呼び方をするようになり、特殊作戦に従事する彼らは「SOWT」と呼称するそうですが、一般は記事にあったように「ウェザーマン」で呼ぶようです。

    なお、この部隊員はグレーのベレーを被り、独特のベレーフラッシュとバッジを使用しますが、最近部隊シンボルが決定したみたいなので、そちらがどう推移するかが興味深いです。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 4
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:予備役士長 - 2さん

    2010年04月27日 23時23分59秒

    icon

    「Re:Re:Re:Re:ニュース 」
    H-2さん

    > また教育の問題もあります。某国の宗教施設では、偏った教育を子供達に施すことがあるようですので、宗教機関とは別に、設備の整った公立の学校を整備し、宗教からは距離をおいて、中立的な教育を行うべきであると思います。

    この点は一番難しく、また一番テコ入れしてはいけない部分があるものです。
    というのも、宗教はその場所での生活基盤として定着していることがあったり、また、イスラムを例に挙げれば、「我々のアイデンティティーを否定するのか?」となってしまい、ますます離れて行ってしまう事が考えられます。
    有名な話ですが、ドバイで学校を経営している日本人女性がいるのですが、その方は基本宗派などに偏りはないですが、基本イスラムの戒律は守る形で運営しているようです。

    要訣は「地域の習慣を侵害せずに、一般的な教養と道徳心にのみ訴える教育」にあるようです。

    H-2さんがお話になっていた、地域の貧困・格差を解消することと、この教育の均一化はセットで行われることで、自浄の作用が出てくることが考えられますね。

    面白い話ですが、アメリカはこの件に関して、日本での成功例が尾を引いてその後の戦争に失敗したとする事を唱えている人がいます。

    というのも、日本は敗戦し、アメリカの統治を素直に受けてしばらくはGHQ主導の政策で過ごしていました。
    象徴である天皇を保護する、日本語は維持するなどの最低限プライドを保たせることで、日本人独自の「プライド」をある程度保たせることで、日本人独特の精神に受容させることができました。

    が、

    日本はうまくいっても、他国がそういくとは限りません。
    同じようにまずは占領、統治すれば収まると思って各地で戦ってきたわけですが、あまりにも現地度外視が多すぎて思わぬ反撃にあったりするという結果を迎えているという事だそうです。

    アメリカ軍は民事大隊や心理戦部隊などを持っているのですが、政策が空回りしているためうまく機能していないのが現状です。

    これらの内容について、今月に発売された「ホース・ソルジャー」というアフガニスタンで活動したODAのノンフィクションがとてもわかりやすいと思います。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2010年04月23日 14時23分42秒

    icon

    「Re:Re:Re:ニュース」
    こんにちは(^_^)。
    米軍ジャーナルの記事は、とても興味深い内容だと思います。

    アメリカが「テロに勝利する」ためには、直接行動も重要ですが、この記事のように民心獲得工作、心理作戦、民事・民生活動、民軍協力活動を強化する必要があると思います。

    本来「直接行動」は、成功したとしても、報復攻撃が起きる可能性があるため、熟慮を重ねた末に慎重に行うべきです。ですが近年は、意外と安易に直接行動を実行する傾向があるように思います。

    > テロ撲滅における戦略・戦術を改めて考え直す時期にきているのかもしれませんね。

    おっしゃるとおりだと思います。時には実力行使も必要ですが、「テロの封じ込め」は軍事部門だけで解決できる問題ではないと思います。

    少し米軍の話題から逸れてしまいますが(^_^;)、テロ対策の話題が出たので、軍事部門以外のテロ対策について意見を書きます。

    テロを減少させるためには、まずテロ組織の資金源を断つ事が重要です。
    大規模なテロを実行するには、それなりの資金が必要になりますから、口座の凍結などで資金を押さえる必要があります。
    国際的な取り組みとして各国の政府機関で行われていますが、より強化する必要があると思います。

    次に、テロ組織への人材供給を断つ事が重要です。
    特に自爆テロは人材を必要としますので、そのような志願者を出させない環境を作る事が必要です。
    自爆テロを志願する理由としては、「軍の攻撃で家族を殺された」など様々な理由があるのでしょうが、貧困に端を発するものも多く、特にアフガニスタンでは国の経済を発展させ、貧困層を少しでも少なくする努力が必要であると思います。
    また教育の問題もあります。某国の宗教施設では、偏った教育を子供達に施すことがあるようですので、宗教機関とは別に、設備の整った公立の学校を整備し、宗教からは距離をおいて、中立的な教育を行うべきであると思います。

    …長々と記載してすいません(^_^;)。ただ、今後もアフガニスタンには兵員が派遣され続けるのでしょうが、「door kicking」だけでの解決は極めて難しいのでしょうね。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:Knob Turnerさん

    2010年04月18日 13時35分22秒

    icon

    「Re:Re:ニュース」
    こんにちは。
    本当に年度またぎの時期は忙しいですよね(汗)

    > ISAF司令官が直接指揮した方が、より迅速に行動できる、ということなのでしょうか?

    そうなのかもしれませんね〜
    これまで在来戦部隊と特殊作戦部隊は指揮系統が別でしたが、アフガンに限っては一本化することで両者の連携や統合運用をより緊密化するのが狙いなのかもしれません。
    異例の長期にわたって秘密対テロ作戦を指揮してきたMcChrystal大将の経験と手腕が注目されるところですね。


    > コンバットマガジン

    まだ未読なのですが、お話を拝見すると大変興味深いです!
    今度バックナンバーを探してみますね(^-^)


    余談ですが、もう4年ほど前の米軍ジャーナルの一つに興味深い記事がありました。
    ネットで探してみるとまだ残ってたのでURL貼っておきます。

    "More than door-kickers"
    http://www.afji.com/2006/03/1813956/

    全部英語なので慣れないと読むのは大変かもしれませんが、なかなか面白い記事です。

    要約すると、『テロの根本原因を断つには、直接行動型の作戦に加えて、より多くの民心獲得工作、心理作戦、民事・民生活動、民軍協力活動が必要なのでは?』という内容です。

    "door kicking"(ドアを蹴破る)とは米軍の隠語で、ハンターキラーや人狩りなどの直接行動任務を指し、それらに従事する部隊-デルタ、レンジャー、SEALなどは"door kickers"と呼ばれています。

    記事では、近年のいわゆる“対テロ戦争ブーム”に後押しされた将官達の多くがこの手の“華々しい部隊”ばかりを重用し、グリンベレーのような非在来戦、ハーツ・アンド・マインズ、国内防衛支援など一見地味かもしれないが非常に重要な活動を行う部隊を軽視しがちであるばかりか、このような部隊までをも直接行動型の作戦に投入しようとしている現状に警鐘を鳴らしています。

    『直接行動任務は迅速かつ過激なため見栄えが良く即効性もあるように思えるが、反乱型のテロには逆効果となることがある。これは長期にわたる戦いであり、これに打ち勝つのは必ずしも直接行動ではなく、民事・民生活動、国内防衛支援、民軍協力活動、心理作戦が重要になってくるだろう。場合によっては、直接行動は排除するよりもさらに多くの敵を作り出すことになる。一人を殺すごとに、その5〜6倍の敵を作り出すことになるだろう。』

    9.11同時多発テロを皮切りに世界中で対テロ戦争が始まりもう10年近くになりますが、主戦場であるアフガンやイラクではまだ混乱が続いています。
    テロ撲滅における戦略・戦術を改めて考え直す時期にきているのかもしれませんね。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:H-2さん

    2010年04月02日 16時14分56秒

    icon

    「Re:ニュース」
    こんにちはknobTurnerさん、お久しぶりです。
    何だか年度末は慌しくて…コメントが遅れてすいません(^_^;)。 

    > ◎アフガンにおける米軍特殊作戦の指揮系統が変わる?

    ISAF司令官が直接指揮した方が、より迅速に行動できる、ということなのでしょうか?
    アフガンの情勢が大幅に改善される可能性は低いでしょうから、やはり指揮系統は変わるのでしょうね。ただ、knobTurnerさんが御指摘のようにデルタ、DEVGRU、英SAS、SBS等の部隊は、さすがに現地の指揮下には入らないと思います。

    > 似たような件では、2003年に遺体発見で死亡が確認されたLarry Thorne大尉のケースがありますね。

    すいません、浅学のため、この方を知りませんでした(^_^;)。
    凄い経歴ですね…通常部隊の枠に収まらない方だと思います。
    ただ、危険の高い任務を行う部隊の宿命ですね。亡くなられたのは、残念だと思います。

    そういえば、話題が変りますが、先月発売されたSATマガジンに、初代特殊作戦群群長、荒谷卓氏のインタビュー記事が載っていました。
    また、コンバットマガジンにも同様の記事が掲載されていました。
    記事の中で「特殊作戦群の拠点は、習志野より木更津か立川の方が良かった。」とのコメントや、日本刀の鍔をイメージしたチャレンジコインの写真などが掲載されています。
    私は、結構興味深く読んだのですが、knobTurnerさんはご覧になりましたか(^_^)?

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト