新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

カジュアル哲学 (続)>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:倭寇の末裔さん

    2011年09月19日 16時06分08秒

    icon

    政党の政策の本質 (32)

     これらの形状面、性質面での共通点のうち、形状面の「左右に振られる」「試行錯誤」は、ある程度は、やむを得ない面があるが、その他の7つは本来は、あってはならないはずのものである。
     にも拘わらずそれが頻発するのは、大きくは二つの理由によるものであると思う。
     その一つは、政治家、有権者双方の民主主義に対する未成熟であり、いまひとつは政治制度の問題である。
     「政治力に振り回される」とか「目先のことだけしか考えない世論に迎合する」「有権者が嫌がることは先送りする」「党利党略の政策」「超大国の圧力に屈する」などは、前者であり、「政策が断ち切れになる」「目先が変わってしまう」は、指導者がくるくる変わることに原因があり、首相の選出方法や首相の任期がないことが関係しているから、後者である。
     何を政策として出すべきかは、国際環境や国の社会、経済の状況を把握しておれば、分かることであり、政権が右よりか左よりかで,政策選択の優先順位や力点の置き方は変わっても、政策方向が同じななら、具体的な政策に大きな違いはないはずである。そんなに奇手、妙手というものは在り得ないからである。
    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

コメント: 全0件