新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

カジュアル哲学 (続)

カジュアル哲学 (続)>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:倭寇の末裔さん

    2019年02月27日 10時02分42秒

    icon

    空言が多い阿倍総理

     虚言というと「ウソ」ということになるが、虚言ではないが、その場だけの「つくろい語」「わわし発言」を「空言」と名付けることにする。
     虚言ではないというのは、そのときは「なんとかしなければ」という気にはなつているのだからという意味で、まんざらウソ付く気はなかったのであろうと思うからである。
     だけど、決起欲は何もしないで終わってしまうのだ。この空言が多いのは安倍首相である。
     不適格な閣僚が、ミスをやつても「すべての責任は任命権者である私にあります」とは言うけれど、なんらかの形でその責任を果した試しはない。沖縄の辺野古基地建設の可否を問う住民投票で70%が建設反対、有権者の20%以上になっても、「その結果を真摯荷受けとめ、基地の負担軽減に全力を尽くします」とはいうものの、何もしない。埋め立て工事は続く。
     これらがまさしく空言である。
     普天間問題などは、日本政府がアメリカ政府に対して、一言「普天間基地は代替なしで廃止したい」と言えば、状況はかなり違ってくるはずである。
     勿論野党はこれを攻撃するが、国会に絶体多数の議席をもっているから、不信任案だしても秘否決されるから、全く内閣は安定しているから、馬の耳に念仏で終わってしまう。
     辺野古という恒久基地建設で、これ以上沖縄を苦しめるのは止めにしたいものである。
     住民多数の当然の要求に対する為政者の空言は、民主主義を否定する行為である。
     村上新八


    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:倭寇の末裔さん

    2019年02月26日 11時06分44秒

    icon

    こんなものは女性蔑視とは言えない

     19年2月26日の朝日朝刊に「“ママの気持翻訳”サイト批判」という記事が載っていた。
     江崎グリコが子育て用アプリを紹介するホ-ムペ-ジに対する女性サイドの批判である。その批判が殺到するのは、妻の怒った言動を八つのパタ-ンに分けて、その対応についてであった。その一部を紹介してみよう。
    ・「一緒にいる意味がないよね」
     これは「私のことをどう思っているのかね」という意味だという。
    ・「これするの大変なんだよね」
     これは「感謝してね」とか「お前がやってみれ」ばという意味だという。
    ・「仕事と家庭とどっちが大事なの?」
    これには、仕事上の愚痴などををうち明けるなどして話を逸らす手もあるという。
     これに対して、女性側は、女の言葉なんか適当に聞き流して誤魔化してしまえば良い、などという女性蔑視の態度だとの批判が強いというのである。江崎グリコ側は陳謝しているという。
     しかし、現実の実感からいえば、この程度の妻の発言はよくあるし、グリコ側の解釈も間違ってはいないと思う。
     しかし、こんなことは、女性差別でも蔑視でもない。これに怒る方がヒステリックでおかしいと思う。
     こうなるのは、甘やかして育ててきたことによる妻の我が儘、勝手であって、妻の家庭の育て方に原因があると思うが、それは夫側で我慢するしかあるまい。
     村上新八



    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:倭寇の末裔さん

    2019年02月24日 10時07分53秒

    icon

    政治のゆがみ、たるみ

    安倍内閣は、記録的な長期政権になるというが、めぼいしレガシ-は今のところに何もない。この内閣の先は長くはないが、これからもないであろう。
     内政面では、安保法制、秘密保護法、武器輸出禁止の解禁等々の右傾化を進めただけ、アベノミクスは、三本の矢のうち、財政出動とざぶざぶの金融緩和、日銀による株式買い支えで円安、株価上げはできたが、肝心の産業育成が進まず、世界景気の好調に支えられて景気は何とか維持し得たが、それはアベノミクスの成果とは言えない程度であった。与党勢力は過半数だから、法案は全て成立するから、強行採決は当然のこと、野党との審議なぞ時間の無駄と言わんばかりである。そのなかでも阿倍が一番やりたかったであろう憲法改訂はやれないであろう。それだけは不幸中の幸いであったとなるであろう。
     外交面では、北方四島問題、北朝鮮による拉致問題は進展しないまま、さらに韓国との間では、国家間では解決済みの戦時中の慰安婦問題、徴用工問題がしつこく蒸し返され、先行きが見えなくなっている。
     そういうなかで、阿倍は、国会での与党議席の絶体多数と高級官僚任命権の総理府集中をバックにした一強体制にあぐらをかいて、官僚、政治家の中に暗黙の「忖度体制」を敷き、「モリカケ」などの縁故最優先政治を敢行したり、施策の基礎となる基本統計を自己有利になような操作を加えたり、いろいろな面で平然とウソを突き通し、野党の追及に厚顔的、傲岸的な答弁で押し切ることをやっているのだ。
     そのかたわらで、複数の若手議員がセクハラや不倫をやってのけるという体たらくである。
     このようなたるみが何故おこるのか、その原因は三つあると思う。
     その第一は、国会での与党の絶体多数である。
     与野党の議員数が半々そこそこであれば、与党といえども緊張感をもって臨まねばならない。審議も真剣になるが、与党が絶対多数であれば、こわいものはなにもないことになるのだ。これがたるみの第一原因である。
     第二は、世論の内閣支持率である。政治がこんなにたるんでいても、内閣支持率は40%もあるのは不思議千番である。阿倍内閣はそれを良いことにしているのだ。景気はまあまあだから、これで良いではないか、という程度の感覚しかもたない国民が多いからであろう。こんな程度の国民だから、こんな低度の政府でも文句はないのであろう。
     第三は、与党内からも異見が出ない
     自民党は多様な党であるから、党内に異論がないことはないはずだが、表にはでない。それは、一人区制で党内派閥が弱化したことと、公認権が党中枢に集中されてしまつていることから政府批判は即冷や飯、非公認となるからである。
     この三つが、政治のたるみの原因であり、日本の民主主義をダメにすることにつながる悪であると思う。
     村上新八

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:倭寇の末裔さん

    2019年02月20日 13時44分57秒

    icon

    親の子ども虐待の心理

     親の子ども虐待、暴力行使が異常に増えている。
     それを防ぐために、児童相談所や学校、市町村の担当部署もいろいろあるようだが、児童虐待の増加傾向は止まらない。
    親は子どもの躾のためだと言うが、かんしゃくを起して子どもぶんなぐったり、蹴ったりしても子どもに親への嫌悪感や畏怖感を与えるだけで、それが躾になるとは思えない。
     繰り返し、言って聞かせて、分らせることが躾としては、有効だと思う。そんなことは分かつていても思わず手が出ることもあろう。それは目の前で悪いことをしているのを目撃したような場合であろう。それは反射的な行動だから、そんなこともあるであろうが、そうではなくて、間をおいて虐待するのは計画的、かつ悪質な家庭内暴力であり、これは許せない。
     そういう親は、外面は良い人で、職場でも評判が良いと言う人も多い。そういう人が家庭内で、妻や子に暴力を振るったり、虐待をするのはどういうことなのか。
     これについて、心理学者に聞いたりするが、納得できる答えは得られない。
     職場での不満、鬱憤が溜め込まれて、家庭内で弱い者に向かって放出される「発散期」と、その暴力発揮を反省して謝りたい心境になる「反省期」と外での不満が溜め込まれる「蓄積期」とのサイクルが引き起こす周期的な現象であるという説もある。
     が、これでは納得出来ない。
     外での不満、鬱憤は誰でもあると思うが、それが家庭内暴力に結びつく経緯が分らないからである。ぼやき、愚痴として家ではき出す人は多いだろうが、それが妻子への暴力に化けることは考えにくいからである。
     それは性格の違いだと言ってしまえば、それまでだが、そうであれば、それを退避するしかないのである。
     村上新八



    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:倭寇の末裔さん

    2019年02月20日 10時41分19秒

    icon

    カネの哲学

     前にも取り上げたが、先進酷では貧富の差が激しい、一握りの人が国富の大半を占めているという例も少なくない。アメリカがその典型例である。
     親からの遺産で裕福なのは別として、自分で築き上げて資産家になった例も多い。これは運鈍根や力量の差であるから、当然のこととして受け容れるべきであろう。やたらに平等論を振りかざす気持はさらさらない。
     しかし、何十億、何百億の資産をもっている資産家に対しては、そんなに持っていてどうするのだろうか、と不思議に思うのである。
     日本の場合、定年時の平均保有金融資産は、退職金を含めて2000万円くらいが良いとこであろう。年金月額は平均40万円くらいだから、毎月の生活費30万として、この貯金を切り崩して生活するとなるから、夫婦二人の老後の生活資金貯蓄は10年前後で底をつくことになる。高齢破産とか老後貧困といわれる所以である。
     最近は少子化による人手不足から、定年後も仕事はあるから、少しは足しにはなっているが、それでも老後の生活の苦しさは変わらない。生活習慣病など病気も増えてくるから、医療費もかかる。
     そこで、極くおおざっぱに定年時の老後のための必要貯蓄額を想定すると1億円くらいであろう。この位あれば、災害で家が潰滅しても小さなマンションくらいは買えるはずである。
     これをどう貯めていくかは、夫婦の知恵如何であるが、これ以上のカネがあっても使い道もないのだ。
     この年齢になれば、子どもは独立しているであろうし、孫の教育費などは子どもが工面すべきであって、そこまで親のすねをかじろうとするのは間違いである。
     投資ということも考えられるが、70歳になって、老後資金が1億円もあれば、今更リスクを負ってまで投資をする気にはなるまい。海外旅行も面倒になれば、全く使い道はないのである。
     大資産を持って起業でもしたい人は、一般の投資を募ればよいのである。豪邸を建てて、何十も部屋を持っても意味ないのである。
     老後の必要資金以上は、公益に資する医療や極貧児童への支援をしている団体はたくさんあるから、そこへ寄付すれば良いのである。
     村上新八



     

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:倭寇の末裔さん

    2019年02月17日 14時59分57秒

    icon

    運ということ

     人の人生を左右す三要素として「運、鈍、根」ということが言われる。運はチャンスであり、鈍は粘り強くそれを待つこと、根は根気良くそれを追求することである。
     確かに人生は運が影響している。全てに運がつきまとっていると言ってもよい。
     大体人が生まれてきたのも運である。人は親は選べないし、それ以前に両親が結ばれたのも運である。何十億といる男と女の中から両親が結ばれたのは運であるし、その両親の持つ沢山の精子と卵子が結合して、自分の受精卵となったのも運である。そして自分が生まれる。そこまでは自分に与えられた運である。自分では選択仕様がないからである。
     生まれた家庭は、裕福であったり、貧しい家庭であったりする、それも与えられた運である。
     物心ついてからも運命は次々とやってくるが、その運命の性質は違ってくる。それまでは、運命は受動一方であったが、物心がつき、それが成熟するにつれて、受動一方ではなく、それを自分の意思で選択することが出来るようになるし、その選択如何によって自分の人生が決まることになるからである。
     つまり、偶然の出来事にあって、それにどう対応するかは自分で選択することになる。それの結果が運命だと言うことに変わるのである。 
     学校の選択、大学の選択、専修科目の選択からさらには、職業や就職先の選択、仕事の選択、結婚相手の選択、病に罹った時の治療の選択、これらの選択の結果の善し悪しはすべて本人の生き方に影響するから、運命と言えるものであるがいずれも偶然性の高いもの事柄から本人が選択した結果なのである。
    こう言う偶然の出来事に遭遇したときに取られるパタ-ンは大きく分けて二つある。ポジティブタイプとネスガティブタイプである。後者は尻込みして逃げてしまうタイプで、前者は好奇心と朝鮮意欲をもって積極的に取り組もうとするタイプである。これは向こう見ずのようにも見えるが、そういう人は、やってやろう、やつてみせるという自信を持っている人だから成功する確率は高いのである。成功者には前者のタイプが多い。
     「運命は自分で創るものだ」というのはこの意味である。
     同じ出来事にぶつかって、それをチャンスとみて果敢に挑戦した人と、リスキ-であると見て逃げてしまった人とでは、結果は自ずと違ってくるのである。それが運命なのである。
     村上新八
     


    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:倭寇の末裔さん

    2019年02月16日 11時09分16秒

    icon

    政治家のうそ

     「政治家がウソをつていよい場合が二つある。一つは為替操作、今一つ解散の時期だ」と述べたのは福田赳夫元首相であった。゛んしょ前者は国際金融をさゆうする問題であり、後者は政局に関することだからであろう。
     しかし、阿倍総理には、改憲からみのうそが多い。それをあげてみよう。
    1「憲法学者の二割は自衛隊は違憲であると言っている」
     自衛権は自然権であって、国家である以上戦争放棄を謳っていても、自営の権利はあるし、そのための自営の武装をするのは当然である。そんことは憲法学の基礎の基礎だ。これは大きなウソだ。
    2「自衛隊員の子どもが『お父さんの仕事は憲法違反なの』と聞くと言う。こんな状態をなくしたい」
     これは、いかにも本当らしく聞こえるが、1から思いついたウソである。
    3「自衛隊員の募集に消極的な自治体が6割もある」これもウソである。名簿の書き写しは自由であるし、自費でのコピ-も出来るのだ。日本は徴兵制ではないから、そこまでで十分なのだ。
     この三つのウソは、いずれも阿倍が改憲をして日本を軍国化したいがためのウソである。
     憲法9条は、日本の平和を維持する砦であるばかりでなく、有るべき未來の世界各国憲法の手本である。これは死守すべきものである。
     村上新八



    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:倭寇の末裔さん

    2019年02月15日 10時05分22秒

    icon

    台湾人と朝鮮人の対日意識の差

     台湾人と朝鮮人とでは、日本人に対する態度に大きな差がある。これは現地にいってみるとはっきり分る。台湾人は、日本人に対して友好的であるのに対して、朝鮮人は、どこかよそそよしいのだ。
     20年も前だと、日本統治時代に日本語教育を受けていた日本語が分る台湾人がかなりおり、彼らは町なかでも気軽に話しかけてきたものである。朝鮮人も同じはずだが、そういう気さくな朝鮮人はまずいなかった。
     この違いについて、ある人は、「それは当時の総督府の違いによるものですよ。台湾は、外国をよく知っている海軍系が統治していましたが、朝鮮は外国の事情に疎い陸軍系が統治していたからですよ」と教えてくれたが、それも一つの理由であろう。海軍は温和な統治を敷いたが、陸軍は厳しく統治したのかも知れない。
     敗戦後、現地の日本人が帰国する際。台湾人は日本国旗の小旗をもって送ってくれたが、朝鮮人は石を投げつけてきた違いがあるという。
     それはこの統治の仕方による違いもあるであろうが、それだけではなく、国民性の相違もあると思う。
     朝鮮人は、がめつく、しつこく、執念深い国民性があるようである。
     戦後90年経過しており、国家間では解決済なのに、未だに慰安婦や徴用制の問題を蒸しかえしてやまないのもその国民性によるものであろう。困った隣人ではある。
     村上新八

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

  • from:倭寇の末裔さん

    2019年02月10日 10時56分28秒

    icon

    老いを考える

    筆者もいつのまにか80歳超え、今年3月には89歳を迎える。
     医療のの進歩と、環境衛生の向上によつて、人間の寿命は長くなり、今や100歳時代と言われる。昔は「人生わずか五十年」とか、「70古代希なり」といって、70歳になると「古稀」の祝いをしたりたが、それも今死語てしまっている。
     昔は確かに長寿はお目出度いことであったが、昨今は長寿化社会はあまり歓迎されない。財政的には年金の負担が増えるし、といって、年金だけでは老後の生活ができないから、少ない貯蓄を切り崩しても府合う府で70歳そこそこで貯蓄が底をつき正解が成り立たなくなるからである。老年破産とか老後貧困といわれる所以である。「百歳なにがめでたい」と言う本が出版されるのも故なるかなである。
     このような生活資金の心配がなく、病気もさほど心配がなければ、「老い」も悪いことばかりではないと思う。
     女性は、20歳くらい若返りたいなどと言う人が多い。美しいままでいたいと思う女心ではそうであろう。が筆者はそうは思わない。
     ショ-ペンハウエルは、「布の表裏のようで、若いときは、表の綺麗さしか分らないが、歳とると、布の裏面の糸の絡み方や織り方が良く分るようになり楽しい」というようなことを言っているが、その通りだと思う。
     歳とると、記憶力は弱くなるかもとれないが、ものごとのからくりや問題の背景構造についての解析力、判断力は鋭くなるのである。
     ものを考え、書くことが好きな筆者にとっては、この能力の鋭敏化はなによりもの「老いの贈り物」であると考えている。
     「老い」の最大の楽しみである。
     村上新八
     

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト