新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

カジュアル哲学 (続)>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:倭寇の末裔さん

    2016年11月12日 08時52分29秒

    icon

    行き詰まる資本主義 (6)

     2016年のアメリカ大統領選では、大方の予想に反して政治にきすぶの素人で泡沫候補とみられていた不動産屋トランプがヒラリ-・クリントンに競り勝った。
     得票数では、ヒラリ-が20万票も優っていたが選挙人の獲得数で敗れたのだ。
     ドナルド・トランプとヒラリ-・クリントンは、ともに不人気者同士の戦いであったが、3回の討論でも、個人的なけなし合いで、政策論は殆どなし、政策を持たないトランプが個人的なけなしに引き込んで、それに乗せられてヒラリ-もけなし合いに応戦、史上最低の泥仕合の討論におとしめられてしまったのである。
     選挙資金はトランプの2倍と云われ、ジャ-ナリズム、マスコミの殆どから総すかんを食らっていたプラントが何故勝利したのか。
     それは、中間層から貧困層に落ちた人たちを含め、民主党の地盤てであった西海岸のかっての工業地帯で、今は衰退した「ラストベルト(さび付き地帯)」と呼ばれる地帯の白人労働者貧困層がトランプ支持に回ったためであった。
     彼らは、チェンジを謳ったオバマ8年の民主党政治でも何も変わらなかったように、オバマ政治を踏襲しようという、大企業や富裕層から厖大な選挙資金をもらって選挙をしているヒラリ-のような既成の政治家(エスタブリッシュメント)ではこの貧困状態は何も変わらず、失業苦から抜き出せないと思って、「偉大なアメリカを取り戻さそう」それは既成政治家と何の繫がりもない素人の俺しか変えられないんだ、というトランプのアジに踊らされたのである。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

コメント: 全0件