新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

カジュアル哲学 (続)>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:倭寇の末裔さん

    2016年11月12日 10時32分23秒

    icon

    行き詰る資本主義(7)

     民主党の大統領候補の選挙で、自ら社会主義者と名乗り、若者の大学教育の無料化を掲げて、ヒラリ-に善戦したバ-ニ-・サンダ-ス上院議員のケ-スも同じである。
     つまり、それほど貧困にあえぎ、所得格差に不満を持ち、その状態を何ひとつ変えられないどころか益々悪化させてしまっているワシントンのエスタブリッシュメントに愛想を尽かせた大衆の反乱であったと言えよう。
     「メキシコとの国境に万里の長城を構築して不法移民の侵入を防ぐ」「イスラム教徒は入国禁止にする」「不法移民は強制送還する」「関税障壁を作って日韓中からの輸入を減らす」「同盟国日韓にはアメリカによる防衛費用を全額負担させる」「日韓は原爆を造って自衛せよ」こうして偉大なアメリカを再建する等々、熊さん、八つぁんの床屋政談みたいな暴言しか言えないトランプ
    候補だが、それが同レベルの大衆の強力な支持を獲得したのだ。
     つまり、アメリカの庶民は、アメリカの資本主義は、裕福な特権階級からカネを貰っての彼らのための資本主義であり、ヒラリ-はその手先にすぎない、特権階級の富を擁護するだけでしかないとみたのであろう。
     ただ、トランプに投票した有権者も、まさかトランプが勝利するとは思ってはいなかったであろう。抗議の意志表示のための投票と考えていたはずである。
     その意味では、トランプの勝利はまさに、「合成の誤謬」と云うべきものであろう。
    しかし、これも行き詰まる資本主義の一つの顕現であることは云うまでもあるまい。
     村 上 新 八
    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

コメント: 全0件