新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

カジュアル哲学 (続)>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:倭寇の末裔さん

    2017年02月05日 10時13分39秒

    icon

    米国にみかじめ料ははらうな (1)

    <font>  日本はアメリカの属国であるとかアメリカの準州であるとか、よく言われる。
     実際数多くの米軍基地や米軍優位の地位協定、毎年米国政府から提出される「誠策要望書」などが、戦後75年を過ぎても存在する日本は米国の準占領下におかれているような感がある。このままでゆけば、日本は永久に米国の支配下に位置づけられるに違いあるまい。
     従来の米国政治を一切否定し、「偉大なアメリカを取り戻そう」と意気込むトランプの大統領就任は、このような日米の関係に終止符を打つ好機ではないか。
     トランプは、日本が米軍の駐留を希望するなら、駐留費の全額を負担するか、それが嫌なら駐留米軍を撤退させると云っている。
     が、日本は駐留費の75%を負担している。これはドイツの40%、韓国の20%に比しても高率の負担をしているのだが、この際トランプの話に乗って、駐留経費の支払いを拒絶し、駐留米軍を全部撤退してもらって、米国支配の絆を解きはなす方が良いと思う。
     米軍は日本防衛のために駐留していると云うが、それは建前であり、真の狙いは、東アジアでの米国の覇権を維持するものであり、日本は日米安保という形で米国に用心棒になってもらっているだけである。即ち、駐留経費の負担は、用心棒の暴力団に払う
    「みかじめ料」みたいなものである。
     こんなものを払い続けていたら、日本は永遠にアメリカの属国になり続けるのだ。

     
    </font>
    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 0

    icon拍手者リスト

コメント: 全0件