新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

イタリア!小さなまちと田舎の旅>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

from:ぐら姐さん

2022年01月07日 16時22分18秒

icon

続・イタリアで困った!

今日からまた、イタリアで困ったシリーズです。どれだけ困った経験があるんだ!と言われても、1度の旅行で1度はもれなく困ることがあるのが常で、下手すると1

今日からまた、イタリアで困ったシリーズです。
どれだけ困った経験があるんだ!と言われても、
1度の旅行で1度はもれなく困ることがあるのが常で、
下手すると1度で3回4回困ってしまうこともあり…

年末年始のトピックでチンクエ・テッレのことを書きましたが、
その時もやはり困ったことが2度ありました。

1つ目は、行きのフライトのことです。
出発前に分かったことです。

「フライト変更の通知が来ない!」
同行の友人がいても、航空券はいつもそれぞれが手配しています。
同行のイプさんと連絡をとりつつも、私は一人先に航空券を購入していました。
それまでは10年来お世話になっている小さな代理店の方にお願いしていたのですが、
そろそろ直にネット購入もいいかと、
アリタリアの英語サイトの方が、日本語サイトより安かったのでそちらで予約しました。

イプさんは、帰りの便のことで問い合わせたいこともあって(私より早く帰国)
その代理店に依頼していました。
そうしたら、その代理店から彼女にフライト変更の連絡があったのです。

成田〜ローマ〜ジェノヴァと飛ぶ予定なのに、
ローマ〜ジェノヴァがキャンセルになったので、
代替フライトの提案がアリタリアから来ていると。
私の方ヘは、何も連絡がありません。

代替フライトはAFで、パリ経由のジェノヴァ行き。
エアフラだって、今後キャンセルしないとも限らないので、
できればローマまでは行って翌日午前のフライトに替えられないかと
イプさんがが問い合わせたら、OKの返事。
おまけに、その晩のローマの宿泊ホテルをアリタリア持ちにしてくれました。

一方、私はといえば・・・
アリタリアの英語サイトを見ると、
Contact usのところに各国の支社・支店が出ていたので、
いちばん近い東京へ連絡しようかと思ったら、
日本語のサイトには、
英語のサイトで予約したものについての質問や変更等は、
直接そのサイトに連絡して解決するように、と書いてありました。

アリタリアUSAにメールを送って、問い合わせをすればよいのでしょうが、
気になるのが、私とイプさんの初日の宿のことです。
アリタリアUSAが仮に同じフライトに振り替えてくれても、
私の個人交渉で宿まで持たせるのはかなり難しいかも...
その場合、私は自費でシングルに泊まらないといけない... 高くつくではないですか‼︎
おまけに、アリタリア持ちのホテルは、当日までどこになるか確定しないので、
私が同じ宿に予約を入れることもできないし。

というわけで図々しいのは承知の上で、ひとまず代理店の方にお願いしてみました。
もし可能であれば、代理店の方で、私の分も一括してフライト変更と宿泊費アリタリアもちの宿の手配をお願いできないかと。

そうしたら... なんて親切なのでしょう。
すぐにアリタリアに連絡を取ってくれて、友人と同じフライトに振り替え、
宿もアリタリアに持ってもらえるよう交渉し、
アリタリアから私へ直接連絡をするようにしてくれたのでした。

結果、アリタリアからめでたく連絡が来て、すべてOKになりました。
予約していたジェノヴァのホテルはキャンセル。
逆に1泊得しちゃいました。
ジェノヴァに遅く着くより、ローマで早めにホテルに入って休む方が楽そうだし。

ローマの空港で告げられたホテルは、空港から送迎バスで10分弱のところ。
ブッフェの夕食も付いていて、しかもヴィーノまで飲み放題でした。
どうということもないホテルで、写真は撮っていませんが、なぜかその時の食事だけ撮っていました。
どうと言うこともない食事でしたが、野菜をたっぷりいただくことができました。


そんなこんなで翌朝のフライトでジェノヴァまで飛び、
その後は何の変更もなく旅行できました。

リオマッジョーレの写真を少し載せます。
お昼ご飯をいただいたお店。


デッラ・カーサの白は、発泡でした。




出発前のトラブルだったこと、前までお願いしていた代理店の方が親切だったことで
結果オーライとなったのでした。

ああ、今はそのアリタリアはなくなり、国営のイタリア航空になりましたね。
昨年10月14日のネットニュースには、
「ITAは大半を受け継ぐ予定だが、公式サイトによると就航は緩やかに進める。即座に就航するのは16の国内路線、19の短中距離路線。長距離路線は東京とニューヨークのみの予定。」
とありましたが、日本語のサイトはまだないようですね。

  • コメントする

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 38
  • 拍手する

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 15

from:ぐら姐さん

2022年01月14日 09時17分18秒

icon

同じく自販機トラブルをもう1つ。

「切符が勝手に2枚出てきた!」
コマッキオにからフェッラーラにバスで移動し、
列車で次の目的地モデナへと向かうことにしていました。

コマッキオからのバスがなぜか遅れ(この辺のバスが遅れたことはあまりないのに)
列車に間に合うかどうか、ぎりぎりのタイミングで着きました。
自販機で切符を買ったのですが、
画面の変わり方と焦る私のタッチの速度が合わなかったようで、
なんと1等車の切符が、しかも2枚も出てきたのです。
2等1枚のつもりだったのに… もちろん代金も2枚分。
ありえな~い!

時間指定の無い、普通列車の切符だったので
モデナに着いてから払い戻そうと思ったのですが、
こんなときに限ってドンピシャの定刻発車で、タッチの差で間に合わず・・・

次の列車まで30分あるので、駅の窓口に、余計な1枚を払い戻しに行きました。
そうしたら、びっくり!クレジットカードで2枚一緒に買ったので、
2枚を払い戻して、1枚新たに購入しないといけないと言われ。
しかも払い戻し手数料20%!2枚分の20%ですから、
私は1枚の40%の無駄遣いをさせられてしまったのです!!!
何なのこれ・・・ 機械がおかしいのに・・・

イタリアの鉄道の切符のシステムって(鉄道には限らないのかな)日本とは違い、
乗り越しという概念がないようです。
例えば、ボローニャからモデナまでの切符を買って、
気が変わってその先のパルマまで行くことにすると、
ボローニャ~パルマの料金とボローニャ~モデナの料金の差額を払うのではなく、
モデナ~パルマの料金の切符を買わされるのです。
客の便宜を図るより、自分たちの仕事がやりやすいように、と言う感じ。

懐かしのコマッキオ。
鰻の名産地として知られているようです。
私は、トスカーナの知子さんに穴子のリゾットが美味しかったと聞いて
それを食べるために行ったのですが、穴子は見つけられませんでした。

これが鰻のリゾット

お出汁が本当に美味しかった!
コマッキオは運河のまちでした。

充実の魚市場があって。

フェッラーラの駅を見ると、この切符の自販機の損を思い出します。

  • コメントする

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 拍手する

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 12