新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

イタリア!小さなまちと田舎の旅

イタリア!小さなまちと田舎の旅>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

  • from:ぐら姐さん

    2015年09月30日 21時28分53秒

    icon

    翌日、朝食後にまた散歩。
    前日は、チェックイン直後に雨が降って、その後は曇り空でしたが、
    この日は、朝からスカッと晴れました。

    同じ広場でも、スカッと晴れていると、昨日より美しく見えます。


    昨日チラッと行ったまち外れの方も、きっときれいに違いないと思って
    観に行きました。





    石榴の実はまだ青いです。

    いやん、8月10日の夜は、こんな素敵な催しが。

    カリチ・ディ・ステッレ(星空の下のグラス)
    多分まちのあちこちにブースが設けられ、
    ぶらぶらと歩きながら、好きなヴィーノを飲めるのでしょうね・・・

    この日は9日で、スポレートに移動する日なのです。残念!

    サンタ・キアラ教会が開いていたので入ってみました。




    サンタ・クローチェ礼拝堂と言うのがあって、
    鍵がかけられていました。

    開く時間が9時半からとあるのに、閉まっています。
    鍵穴からのぞいてみたら、素敵なフレスコ画が見えたので、是非見たいと思い
    横にあったベルを鳴らしてみました。

    家のベルと同じように、電気錠になっているらしく、
    無言のままガチッと解錠する音が聞こえたので、入ってみました。

    素敵・・・



    ここまで撮っていたら、シスターが入ってきて、写真撮影はだめと言われてしまい、
    細部の写真は断念しました。

    これは、サンタ・キアラ?


    最後に祭壇の方を見て、退出。

    なかなか素敵な教会でした。
    この教会については、シニョレッリさんのサークルに詳しくかかれていますので、
    ご覧くださいね。
    http://www.beach.jp/circleboard/ae30240/topic/1100200413395

    そろそろ宿に戻って、チェックアウトする時間です。
    戻る途中で見かけた、この辺りの名物らしい、赤ニンニク。
    そしてカステルッチョのレンズマメもあるようです。


    門をくぐって、お宿に戻り、チェックアウトしました。
    荷物を預け、再びまちに出ました。
    ヴィーノの試飲をし昼食をこのまちで食べてからスポレートに向かうのです。
    (つづく)

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 6

    icon拍手者リスト

  • from:はるひさん

    2015年09月30日 21時21分12秒

    icon

    ぐら姐さん

    こんばんわ~
    イタリアのクラフトビールって、本当にたくさんあるようですね。9月の弾丸イタリア旅行は、ブラのチーズ祭りも目的だったのですが、ワインはもちろん、クラフトビールのブースもたくさんでていました。下の写真は、ラベルがかわいくてつい買ってしまったビールです。ラベル真ん中のおじさん?は、ビール工房の方で、この日は売り子さんでした(笑)本当にそっくりなんですよ~
    ホテルで夕飯準備中で、汚い写真でごめんさない(汗)

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 3

    icon拍手者リスト

  • from:ぐら姐さん

    2015年09月29日 23時00分33秒

    icon

    さて、そろそろ晩ご飯の時間です。
    いったん部屋に戻って着替え、7時半ごろに出かけました。
    さっきの散歩で美味しいラグー匂いのしたところに行ってみれば、
    開店は8時でした。
    お昼は移動の途中で食べたパニーノ1個だったので、お腹ぺこぺこ。
    30分も待てません。

    どこかいい店はないかとちょっと歩いているときに通りかかった
    サン・バルトロメオ教会の入り口が開いていたので、入ってみました。
    12世紀から17世紀にかけて造られた教会だそうです。


    近くに低い塀があったので、その奥をのぞいてみると
    見下ろしたところに、こちらもまたテーブルがたくさん。
    どうやら、何らかの組織の青少年達が開いている店で
    彼らと彼らをサポートしているらしき大人たちが、
    開店前の賄い飯を食べている風です。


    こういうところは、焼き物ぐらいでしょうし、
    第一まだ開店していないし・・・

    結局お宿の前の、気さくなリストランテに入ることにしました。


    こういう店のデッラ・カーサはどんなものかとオーダー。

    トスカーナを旅していても感じますが、ヴィーノの産地としての誇りというか、
    それなりのヴィーノを産する土地のデッラ・カーサは、
    やっぱりそれなりのレベルのものです。

    いただいた料理は、牛肉のカルパッチョ

    黒トリュフペーストのストランゴッツィ

    ここまでは1皿ずついただき、2人でシェア。
    そして仔牛のサグランティーノソース(赤ワインソース)を各々1皿いただきました。


    ソースが美味しくて、仔牛肉の味が引き立ちます。
    そして、もちろんヴィーノ・ロッソにもぴったり。
    海辺で魚介中心に食べていたので、
    山に移動して来て、こういう料理をいただくのもいいなあと思いました。

    コントルノには、チコーリアを。

    お腹いっぱいになって、ドルチェはもう無理でした。
    カッフェで〆。

    その後コムーネ広場に行って、モダンダンスのパフォーマンスを見ました。

    まちの人たちが大勢見に来ていました。

    私たちにとってはちょっと退屈なダンスで、眠くなってしまったので、
    宿に帰ることに。

    途中の店で、音楽に合わせて絵を描いていくパフォーマンスをしていました。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 8

    icon拍手者リスト

  • from:ぐら姐さん

    2015年09月29日 00時54分41秒

    icon

    まち外れになりました。



    ちょっと下の方に降りていきました。
    サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会というのがあったので
    入ってみました。




    またそこらへんの道からまちの中に入ります。



    弦楽器の音が聞こえてきました。
    どうやらここの奥で演奏している模様

    小さな音楽学校(教室のようなもの?)があるのでした。


    門のアーチの上にフレスコ画が描かれていました。

    門の外から中を見ました。



    また門の中に戻ります。
    まち歩きをしているうちに喉が渇いてきたところへ、
    クラフトビールのお店が目の前に出現。

    もちろん入ってみました。

    この数年、本当にクラフトビールの人気が高まっているようですね。

    うま~。
    店内は簡素でモダンなつくり。

    この後は、部屋に戻って夕食までの時間を過ごしました。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 8

  • from:ぐら姐さん

    2015年09月28日 06時39分06秒

    icon

    モンテファルコについて調べると、
    「モンテファルコはクリトゥンノ川の渓谷の上流にあるマルターニ丘陵にそびえる、
    たいへん素敵な丘の町です。
    町は原住民ウンブリの時代から積極的に建設され、人が住んできました。
    その後古代ローマ、中世にはロンバルド人の支配下にありました。
    1249年には、フェデリコ2世によって略奪されましたが、すぐに現在の名前で再建されました。」
    などと出てきますが、
    私にとっては美味しいヴィーノが生まれるまちです。
    ずっと昔から栽培されている原産のブドウ「サグランティーノ」から醸されるヴィーノがあるのです。

    雨が小止みになって、4時半頃からまち散歩に出ました。
    宿を一歩出ると、メインストリート。
    とはいっても、こんなに狭い道なのですけれど。






    あっちこっちにヴィーノの樽や生ビールの注ぎ口があって、
    酒好きにはたまらないまちです。うふふ。
    コムーネ広場には、ステージと観客席が設置してありました。

    残念、前夜だったらRicchi e Poveri(リッキ・エ・ポーヴェリ=’71年のサンレモ音楽祭で2位になったケ・サラが大ヒットしたグループ)のコンサートがあったのに・・・
    この夜は、モダン・ダンスのパフォーマンスがあるようで、練習していました。

    広場に面したエノテカ



    インフォメーションがあったので入って地図をもらいます。

    看板にも葡萄の絵、そしてサグランティーノ街道の文字
    中にもヴィーノが展示してありました。


    美術館には翌日(日曜)に入ろうと思って通り過ぎたのですが、
    翌日行ったら、なぜか閉まっていました・・・



    歩いていると、ラグーを煮込んでいるような、美味しい匂いが漂ってきました。
    門扉が少し開いていて、塀に囲まれた敷地にたくさんのテーブルが置かれていました。

    夜になったら、ここで食べるのもいいかも~
    などと、散歩が食事の店の下見状態になってしまいました。
    (つづく)

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 5

    icon拍手者リスト

  • from:ぐら姐さん

    2015年09月27日 10時28分44秒

    icon

    モンテファルコ('15年8月8日)

    テルモリでペコさんと別れ、私とイプさんは
    テルモリからアンコーナまでフレッチャビアンカ(高速列車シリーズの1つ)で、
    そこからフォリーニョまでレジョナーレ(普通列車)で行きました。

    アンコーナからのレジョナーレは、新しいきれいな列車。

    ザヴィエルさん、窓がきれいというのも納得していただけるでしょう?

    6月3日の段階で一番安いスーペルエコノミーのチケットは売り切れでしたが、
    その日は土曜日で、2人で1人分の料金で乗れるチケットがあったので、
    半額で移動することができました。

    テルモリ10:26発で出発し、フォリーニョに到着したのが15:30ごろ。
    フォリーニョからモンテファルコまではバスがあるのですが、
    学校のない時期は運行便数が減るので、ちょうどいい時間になくて、
    タクシーを利用しました。(30エウロ)

    1泊だけなので、チェントロのホテルを予約していました。
    なかなかいい感じの小ぢんまりしたホテルです。
    お宿のワンコ

    私たちの部屋は、せまい部屋なのに、
    ツインをお願いしてたらダブルベッドは分けられないベッドで、
    シングルを1つ入れてくれていたので、余計に狭くなっていました。
    でも、美しい部屋でした。


    窓からの眺め


    このお宿、小ぢんまりしているのに、小さなプールとジャグージがあるとのこと。
    行こうかと思っていたところ急に雨が降り始め、稲光、そして雷の轟音まで。
    お宿の人があわててジャグージに蓋をかけているのが見えました。

    仕方なく、部屋で小休憩。
    小止みになったところでまち歩きに出かけました。
    (つづく)

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 15
    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 8

    icon拍手者リスト

  • from:ぐら姐さん

    2015年09月25日 23時08分53秒

    icon

    お昼ご飯の後は、部屋で昼寝。
    夕方からまち散歩に行きました。

    絶品ピスタチオ・ジェラートを食べずにこのまちを去るわけには行きません。
    この店です。

    夕方のお散歩タイムに備えて、ジェラートはたっぷり用意されています。

    やはりピスタチオは一番人気なのでしょう、
    他のジェラートの倍の容器に入っているのに、
    もうかなり減っています。

    まだあってよかった!

    ピスタチオとノッチョーラ(ヘーゼルナッツ)。
    これで1.80エウロなのです!
    どちらも美味しいけれど、ここのピスタチオは本当に濃厚で、うま~。
    思い出すだけで、唾液があふれてきます。

    海辺のまちはここで最後なので、名残惜しくてまた海へ。
    向かっている途中で、観光トレインがやってきました。


    壁にへばりつくように生えているカッペリ(ケイパー)。
    美しい花を咲かせていました。
    これの蕾や実が美味しいのですから、本当にエライ植物です。




    前日、壜だけがたくさんぶら下がっていた装置に、
    この日は演奏者がいて、とても素敵な音楽を奏でていました。

    澄んだ音色の演奏に、聴き入っている人も多く、
    オレンジ色の袋に、お金を入れている人がたくさんいました。
    私も少し入れました。

    スーパーで食料と飲み物を買って、部屋で夕食。
    お昼にたくさんいただいたので、適当にちょこっとだけ。

    翌朝は、バスでローマに向かうペコさんを見送り、
    私とペコさんは、モンテファルコへと向かいました。
    (テルモリ編おしまい)

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 10

    icon拍手者リスト

  • from:ぐら姐さん

    2015年09月24日 23時00分52秒

    icon

    さてさて、思ったほどよれよれじゃないので、
    今のうちに、弾丸旅行前の続きを書いてしまいます。

    テルモリの続きです。
    午前中海で遊んで、宿に戻ってシャワーを浴び、
    食事用の洋服を着て、予約していた店に行きました。
    「イタリア好き」に乗っていた店です。

    シェフが、予約のブロデットは朝からしっかりと煮込んでおきましたよ、と迎えてくれました。
    ブロデットはかなり量があるけれど、前菜はどうしますか?と訊かれ、
    食いしん坊の私たちですものやっぱり食べたくて、少しくださいと言うと、
    冷たいのと熱いのとどちらがいいかと言われ、両方食べたいと答えたら、
    じゃあほんとに少しずついろいろ出しましょうということになりました。

    蛸とジャガイモ。

    蛸の茹で加減、ジャガイモのほどよい酸味、
    最初っからガツンとやられた感じ。美味しいです~

    コッツェとペペローネ(赤と緑)。
    ガルガーノ半島でもいただいた、コッツェを一旦開いて、
    何かのすり身とコッツェの実を入れてまた殻を閉じてトマト煮にしたもの。

    ペペローネの味がコッツェにマッチしてこれまたいい感じ。

    そしてミニサンドイッチ(とシェフが言っていました)

    小ぶりのパンは、イタリアにしては柔らかめで、
    でも日本のパンのように噛み切ったらぺちゃんこのままでもなく、
    中にツナやトマト、刻んだルーコラがたっぷり入っていました。

    ブロデットに合わせてもらったヴィーノは、前菜でほぼ1本なくなり、
    ブロデットのためにもう1本追加。

    そしていよいよ、ブロデットがやってきました!

    何種類の魚が入っていたのでしょうか、数えるのも大変なぐらいでした、
    魚だけでも5~6種類はありそうです。
    ほかに甲イカ、イイダコ、エビ、シャコ。
    テルモリ風には、ペペローネが入るのだとか。
    姿はあまり見えませんが、ペペローネの味は、ちゃんと感じられました。

    おいし~い!!!!!
    具も、スープも、スープがしみたパンも!
    3人で食べてもお腹いっぱいになるだけの、たっぷりのボリュームでした。
    残念、完食!とまではいきませんでした。パン2切れ残り。
    お皿が大きく見えないでしょうが、これは取り分け用のスプーンが巨大なのです。

    お腹いっぱい。
    それでもさっぱりしたものなら入りそうだったので、
    私とイプさんはスイカをいただきました。(大きい・・・)

    甘いもの好きのペコさんは、マンゴーのセミフレッド

    カッフェで〆て終わりにしようと思ったところに、
    シェフからお声がかかりました。
    「隣のテーブルのご夫妻に、貴女たちがあの本を見て日本から来たと話したら、
    グラッパかリモンチェッロか、何か食後酒を振舞ってくれと言っているのですが、
    何かいかがですか?」ですって!

    遠慮なく、グラッパを1杯ずついただきました。

    なんでも、この日はそのご夫妻の旦那様の名前の聖人の日なのだとか。
    AUGURI(アウグーリ=おめでとう)とみんなで乾杯して、いただきました。
    ご夫妻は、自分たちの愛する店に、遥々日本から食べに来た人間がいることを
    心から嬉しく思っているようでした。

    テルモリは、美味しいお店がたくさんあって
    (前回何気なく入った店も美味しかったし、
    私たちが一番美味しいと思うピスタチオのジェラートもこのまちなのですもの)
    本当にいいまちです。

    ローマからも割りと行きやすいので、お薦めです。
    モリーゼ州は、イタリアで最後にできた州で、
    名所も名産もないので「かわいそうなモリーゼ」と他州の人から言われるのだそうですが、
    いやいや、テルモリはかわいそうじゃないですよ、って思います。
    カンポバッソだっていい感じだったし、
    いずれまた近郊のまちも訪ねたいと思ったのでした。

    つづく。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 7

    icon拍手者リスト

  • from:ぐら姐さん

    2015年09月24日 22時11分52秒

    icon

    toorakさん、

    素敵な椅子をお土産にしたなんてうらやましいです!
    車の移動じゃないと、途中でそういうのを買ってしまったら後が大変!
    空港まで、スーツケースと梱包品とを持っての列車移動になってしまいますから。

    家で目にする度に、イタリアに思いを馳せてしまいそうですね。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 1

    icon拍手者リスト

    toorak

  • from:ぐら姐さん

    2015年09月24日 21時45分53秒

    icon

    nasakuraさん、

    遅くなりましたが、ブニャーラのワンコへのコメントありがとうございました。
    もう、見ていてほんとに面白かったのです。

    ところで、ナポリの考古学博物館、
    以前のモザイクや今回の犬の彫刻を見ていたら、
    久しぶりに再訪したくなりました。

    • コメントする

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 拍手する

      サークルで活動するには参加が必要です。
      「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
      ※参加を制限しているサークルもあります。

      閉じる

    • 1

    icon拍手者リスト

もっと見る icon