新規登録がまだの方

下の[新規登録]ボタンを押してコミュニティに登録してください。

新規登録(無料)

登録がお済みの方はこちら

ログイン

イタリア!小さなまちと田舎の旅>掲示板

サークルに参加する

サークル内の発言を検索する

新しいトピックを立てる

サークルで活動するには参加が必要です。
「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
※参加を制限しているサークルもあります。

閉じる

from:ぐら姐さん

2020年07月12日 10時59分23秒

icon

極楽トンボ編(私のイタリア、キラ星の思い出たち)

シチリアで訪れたまちを羅列したときに、イタリアに特化しているからこれだけの数を回れたのでしょうという感想をいただきました。それは当たってもいますが、外

シチリアで訪れたまちを羅列したときに、
イタリアに特化しているからこれだけの数を回れたのでしょうという感想をいただきました。それは当たってもいますが、外れでもあります。

当たっているというのは、'94年以降'96年を除いてイタリアに行かなかった年はなく、イタリア以外にはほとんど行かなくなってしまったからです。
多い年は4回行きました。4回は、行きすぎですね。
まあ2回は弾丸で、私の大好きなアレッサンドロ・デル・ピエロが引退するのでぜひ試合を観たかったためであり、たまたま休みも取りやすい状況にあったためでもありますが。

外れているというのは、イタリアにはまる前は、他の国々・地域に結構言っているからです。
初の海外旅行の行き先は韓国。
高校以来の友人が韓国に留学していたからで、旅行とはいえないようなものでした。
若いころは海外旅行にあまり興味をもっていなかったのです。

でも、初めてと言っていいフリーの海外旅行'87年のギリシャ・トルコへの17日間の旅以来、海外旅行にどっぷりとはまってしまって。
地球の歩き方ガイドブックが出て何年か経っていたころで、まだヨーロッパ編とかアメリカ編などの大まかなガイドブックから、やっと国別のガイドブックが人気の国から出始めていた頃です。
誘ってくれた友人は3年ほど前から中国やアメリカなどを歩き方ガイドブックをもってフリーで旅していて、その時に一緒だった友人たちが結婚し、一人旅をするのは気が進まず、私とイプさんに声をかけてくれたのでした。

その'87年の夏の旅以来ずっとフリーで旅して回りました。
夏は2週間半~3週間強、冬は10日~2週間。
ギリシャ・トルコ・シンガポール、
アラスカ、ドイツ・ベルギー・イギリス、
ハワイ、ニュージーランド・オーストラリア
パリ・モンサンミッシェル・湖水地方・アムステルダム
バンコク・アユタヤ、
香港、ポルトガル・モロッコ・スペイン、
バリ島、ロサンジェルス・エクアドル、
ネパール(トレッキング)・バンコク、
スイス・南仏、NZ(ミルフォードトラック・ワナカ)
東欧・北欧、
フィンランド(これは北欧巡りの後、すっかりフィンランドが気に入って再訪)
東南アラスカ・カナダ、タイ...
(すみません、国名や地域名、都市名が適当に混じっています)

'97年以降は、夏はイタリア、冬はバリ島、春は香港、という感じで行っていましたが、
'04年以降は、夏も冬もイタリア、チャンスがあれば春も秋も、という風に変わってしまって今に至ります。

私がイタリアに行くようになったのは、他の国々を回って、'95年ぐらいからずぶずぶとイタリアにはまってしまってからなのです。
今も、イタリア以外に行きたいところはありますが、行くとしたら、イタリア中心でついでに立ち寄るプランになるかと思います。

さて、長々と書きましたが、いわゆるイタリアの王道コース、ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィア+ミラノ、ジェノヴァを'94年に訪れた後に興味を持ったのは、トスカーナとピエモンテでした。
私もイプさんもヴィーノ大好き(いや、酒類全般が好き)で、所謂イタリアの三大銘醸地、モンタルチーノ、バローロ、バルバレスコを是非とも訪れてみたい思っていたのです。
'98年の旅行は、ナポリ・カプリ・アマルフィ・グロッタジュスティテルメ・モンタルチーノ・ピエンツァ・モンテプルチャーノ・ガルガニャーゴ・アオスタ・バルバレスコ・チンクエテッレ・パルマを訪れました。
なんというコースだ、という感じですが、
私とイプさんとでアマルフィに滞在するついでにナポリとカプリを加え、
その後フィレンツェでペコさん夫妻と合流してモンタルチーノのアグリに滞在して近隣のまちを訪れ、
その後ペコさんの夫のMさんが帰国して3人でガルガニャーゴ(ヴェローナ郊外)のアグリに3泊、その後ペコさんは帰国して、イプさんと2人でアオスタ、バルバレスコを訪れてイプさんが帰国。
私一人でチンクエテッレに滞在、パルマに寄ってミラノから帰国するという、ヴィーノの銘醸地2カ所をこの年に訪れたのでした。
それ以後、しばらくは観光というよりも、飲む、食べる、面白そうなところに泊まる、ということを楽しんできました。

基本的に私のイタリア旅は、皆そういう感覚で行き先を選んできているのですが、
昔と今とではだいぶ感覚が違ってきているので、今回は昔の旅の行き先を表題の感覚で振り返ってみたいと思います。

その第一弾として、今日はアマルフィを取り上げます。
アマルフィに行きたいと思ったのは、何かの雑誌にルナ・コンヴェントという修道院を改装した宿があり、そこに泊まりたくなったためです。
アマルフィに素晴らしいドゥオーモがあること、かつては四大海洋都市の1つであったことなど全く知らずに、素敵な宿に泊まりたい…ただそれだけの理由でした。

その時の写真でここに載せられるものがないので、’01年のときのものを載せます。

この頃って、ウェブ上に載せることなんて考えていなかったので、自分たちが移っていない写真がほとんどなくて。
まあ、アップで撮っていないものを載せちゃうことにします。




’98年に訪れた時のことは、’09年4月に書きました。
https://www.beach.jp/circleboard/ac48590/topic/1100080662299?sortList%5BsortType%5D=2

'01年のことを中心に'08年4月に書いたもの。
この時は、同じく修道院を改装した宿でありますが、ルナとはまちの逆の端にあるカップッチーニ・コンヴェントに泊まりました。
https://www.beach.jp/circleboard/ac48590/topic/1100066561886?sortList%5BsortType%5D=2

’04年に訪れた時のことを’07年に書いたもの。
この時は、再びルナに戻って。
https://www.beach.jp/circleboard/ac48590/topic/1100044013466?sortList%5BsortType%5D=2

今、ネット検索してみると、ルナは改装してまだ営業しています。
カップッチーニの方は、ずいぶん前に別のホテルに名前が変わり、とても高級化したので、私はもう泊まることはないと思います。
でも、アマルフィにはまた行きたいと思います。
私は、ポジターノよりも好きです。

アマルフィに行きたいとお考えの方たちへ。
このまちは、観るまちではありません。
のんびりそこに身を置いてこそ楽しめるまちなので、最低でも1泊はした方がいいと思いますし、冬はお休みのところが多いようなので、やめた方がいいと思います。

  • コメントする

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 23
  • 拍手する

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 11

from:ぐら姐さん

2020年07月31日 12時12分29秒

icon

イタリアにはまって冬も10日~2週間行くようになったのが’02年のことでした。
’97年の暮れに短期で行ったことはありましたが、それ以外は冬はずっとバリ島に通っていたのです。
ところが夏にイタリアに通っているうちに冬ものんびり行きたくなり、市場で見る食材を買って自分で調理したいと思うようになって、アッパルタメントに1週間滞在しようと考えたのです。
当時は宿の予約サイトが今のような充実度ではなくて、B&Bやアッパルタメントはほとんど探せませんでした。
生ハムやクラテッロを思いっきり食べたくて、滞在先をボローニャに決め、検索しまくって見つけたのは、今ではよく見かけるようになった旅行者向けではなく、本来は仕事や学業のために長期滞在する人向けのものが、クリスマスやバカンスシーズンに空きができる間だけ旅行者にも数日~週単位で貸すというものでした。
ボローニャのチェントロとは線路の反対側にあるのですが、それほど遠くもないので決めました。
これがその宿の外観。

部屋は1~2人用で、2室借りました。
ペコさんとAkiyanが3泊だけで私とイプさんは1週間。
せっかくなので、大晦日のチェノーネを楽しみたいとも思って。

お部屋の様子。
私とイプさんが、食べるのも作るのも大好きなので、私たちの部屋でいつも食事をしていました。

ボローニャを拠点にするとよい点は、日帰りで見に行くことのできるモデナやパルマなどの珠玉のまちがたくさんあることです。
この時はラヴェンナとパルマに日帰りしました。
二人と別れてから私たち二人は、クラテッロを食べにズィベッロ村にも日帰りしました。
この店は、クラテッロ協会の会長がやっている店として「美味しんぼ」に出ていて、当時是非とも食べに行ってみたいと思って検索しまくったのです。
今なら簡単に見つけられることでも、’02年当時はなかなか大変でした。

ボローニャの、その後何度も訪れているマッジョーレ広場に近い方ではなく、もう一つの市場の方が宿からは近かったので買いに行っていました。
立派なウナギがあってびっくりした写真。

今思えば、1匹さばいてもらって買って、食べてみればよかったな。

チェノーネは、やはり調べきれずに、宿の人に教えてもらった店に食べに行ったのですが、ごく普通で、大した感動はありませんでした。
写真も撮っていなかったのはちょっと残念…

この時初めて知ったタンブリーニやアッティ。

この後、ボローニャに何回も通うことになるとは、この時は思ってもいませんでした。

  • コメントする

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 拍手する

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 11

icon拍手者リスト

from:ぐら姐さん

2020年08月01日 21時46分04秒

icon

昨日の続きです。
ズィベッロ村のクラテッロの店に食べに行ったと書きましたが、バスの時刻を調べられる時代ではなかったので、鉄道を調べて、パルマからフィデンツァへ行き、乗り換えてブッセートで下車、そこからタクシーに乗るつもりでした。

ところが、ブッセートで降りてタクシーに乗ろうと思ったら、このまちにはタクシーは1台しかなくて、その車が仕事で遠くまで出ているというのです。
仕方なく、フィデンツァ(こっちはブッセートよりは大きなまち)まで戻って、タクシーで行くことにしたのですが、時刻表にある列車が、待っても待っても来ないのです。
無人駅で、どうしたのか訊こうにも訊けず、地元の人も2、3人やってきて待っても来ないので、あ、1本抜かしているなと思ったらしく、一旦引き上げていきました。
私たちはとにかく待つしかなく、寒さに震えて待ちました。

暇だったので写真を撮りました。

予定の電車より1時間後の列車がほぼ定時にやってきて、やっとフィデンツァに戻ることができ(乗れば2駅なのですぐなのです)、駅のタクシー乗り場で無事タクシーに乗ることができたのでした。
やれやれ。
タクシーで15~20分ぐらいだったでしょうか、店にたどり着いたのは、3時ごろになってしまったのでした。
それでも何とか入れてもらえて、無事クラテッロと温かい料理をいただくことができました。
でもパスタはもうできないよ、と言われ。
この当時料理の写真を撮るということをしていなかったので、料理の写真はありません。

その後、ズィベッロには、’09年の暮れに行きました。
店は違いますが、その時の写真を載せますね。
お店の貯蔵熟成庫。

美しい色のクラテッロ

https://www.beach.jp/circleboard/ac48590/topic/1100090859501?sortList%5BsortType%5D=2

イタリアで列車やバスが来なくて、誰もいなくて何も聞けずにただ待つだけ…というような困難なことはいくつもありましたが、このときが最初の経験だったかもしれません。

  • コメントする

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 拍手する

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 9

icon拍手者リスト

from:ザヴィエルさん

2020年08月01日 01時50分31秒

icon

グラ姉さん、みなさん

【当時は宿の予約サイトが今のような充実度ではなくて、B&Bやアッパルタメントはほとんど探せませんでした。】

九十年代私の感覚ではB&Bはイングランドでは普通でイタリアでは少なかった様な、おっしゃるとうり日本から探しにくい環境で現地のインフォメーションまで行って紹介してもらってましたナツカシイ😂 
インフォメーションのやってそうな時間にうまく合わせて旅程を一生懸命立てていましたまあそれでも開いてないんですけど、小学生が留守番してたり。

  • コメントする

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 拍手する

    サークルで活動するには参加が必要です。
    「サークルに参加する」ボタンをクリックしてください。
    ※参加を制限しているサークルもあります。

    閉じる

  • 8

icon拍手者リスト